サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

眠れぬ真珠(新潮文庫) みんなのレビュー

  • 石田衣良
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本眠れぬ真珠

2016/07/01 09:05

年齢的にタイミング良く出会えれば楽しめる本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人の恋愛ものが読みたくてこの本を手に取りました。
石田衣良氏の作品を読むのは初めて。
年齢的に分不相応なほどの年下異性との恋愛。男性にとってもそうでしょうが、女性にとっても永遠の憧れです。
理性と感情とそして分別とを精神の中でバランスを取ろうと懸命になりながらも半ば盲目的に恋をする。
咲世子と同年代の私にとってはとても居心地がよく、刺激を受けた作品でした。
ただ、やはり少し男性目線での描写が少し気になりましたが、今、この年代で読むことができて良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本眠れぬ真珠

2009/11/10 12:16

恋~心のどこかが破れて、あたたかな血があふれだす。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本的に私は、いわゆる恋愛モノというのを好みません。人の色恋沙汰などどうでも良いから。少なくとも、恋愛モノを求めて本を探すことなど絶対無いし、さらに過分な性描写のあるような作品は、読んでる途中でも止めて捨ててしまう事さえあります。がしかしそれと分かり易いこの作品を手にしたのは、石田衣良さんの作だから。石田さんの作品には恋愛モノも少なくないし、性描写がそれなりにキツい物もあります。ぱっと思いつくのは「娼年」や「美丘」あたりでしょうか。ちょっと中学生以下には薦められない様な描写がそこここに現れるのだけれども、不思議な程エログロを感じさせず、逆に神聖な物さえ感じてしまう。例えば美丘ではそれで描かれていたのは「命の尊さ」だったし、娼年では倒錯した世界ながらもそこで懸命に生きる人間たちを見事に描いていた。はたして本作も、性描写においては先の二作よりもすごい物があった。
 45歳の銅板画家咲世子は、更年期障害に悩まされつつも3歳年上の画商との大人の恋を楽しんでいた。しかし画商が付き合う他の女からの執拗なストーカー行為に悩み始める。そこに現れたのがいきつけのカフェで新しく働き始めた、28歳の素樹。映像作家志望だったという素樹に咲世子はどんどん魅かれてゆき、二人は結ばれるのだが。映像作家としての才能を開花させるであろう素樹の未来に、自分はいてはならないと決意する咲世子。そして二人の元に辛い別れが訪ずれる。しかし思いもよらぬ結末が、咲世子を待っていた。
 本作品で謳われているのは、言ってみれば「恋する力」であろうか。プラスにもマイナスにも、恋する事は人間をこんなに変えてしまう。プラスにもマイナスにも、恋する事は人間をこんなに力強くしてしまう。でもやはりその底ににあるのは「大人になるのも悪くない」って事だと思う。良い恋愛が出来る。勇気を持って恋を始めて、そして終わらせる事が出来る。切ないかもしれないけれど、世の40代の女性への応援歌的な一作。これからの季節にも良い作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍眠れぬ真珠

2015/08/06 15:59

素晴らしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Azk - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔、僕にダンサーインザダークを教えてくれた人が僕の手を見てセクシーだ、といったことがありました。ソノラン砂漠の暑い夜、エアーコンディショナーから吹き出す冷めた空気をシーリングファンがやわらくかき混ぜてくれる中で至福の時を与えてくれました。素晴らしいの一言です。これからまたキング誕生をよみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本眠れぬ真珠

2018/05/14 10:59

ふぁ、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふぁんたじー・・・
客観的に見ると素樹は「残念なイケメン」になりそうな。
それにしても石田衣良はすごいですね本当。解説に頷きまくってしまいました。
亜由美は哀れ過ぎるが卓治が人並みに落ち込んだようで少しカタルシス。
主人公も正直好きにはなれないけど(自分も彼女の歳になれば分かるのか?)
それがよりこの小説のエンタメ性を高めている、ような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。