サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

移動祝祭日(新潮文庫) みんなのレビュー

  • ヘミングウェイ, 高見浩/訳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本移動祝祭日

2017/07/30 00:49

若かりしころ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koyarin - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は,Hemingwayの若かりし頃を自伝的に綴ったものである。色々書かれてあるが,Hemingwayの作品中,実はこれこそが最高傑作なのではないかと思う。いい本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本移動祝祭日

2012/05/30 23:37

ヘミングウェイとフィッツジェラルドと

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いたちたち - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヘミングウェイが結婚後間もなく移住してから妻ハドリーとの離婚が成立するまでの6年ほどのパリ滞在記。作家や画家・アーティストたちのパトロンとの交流を通じてパリの風物がしっとりと描かれる。
懇切丁寧な脚注と照らし合わせながら読み進めるとヘミングウェイが渦中にあった人間関係各種の生々しさが見てきたように感じられ、息苦しいほどであった。
フィッツジェラルドの追憶に後半の3章が割かれており、これは興味深く読む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本移動祝祭日

2009/03/08 15:03

ヘミングウェイ!ヘミングウェイ!ヘミングウェイ!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きな作家の作品で、その存在は知っているのに、読めない作品というものがある。

僕が文学というものに触れたのは、中学・高校時代が始まりで、それ以後、約10年間、優等生的ではないが、「向こうからやって来る」本は読んできた。
ヘミングウェイと出会ったのがいつだったのか、正確には忘れてしまったが、高校3年か浪人時代だと思う。
どういうきっかけで知ったのかは忘れてしまったが、新潮文庫の『ヘミングウェイ全短編1』は夢中になって読んだ。
それはまったく新しい体験だった。簡潔な文体。正確な表現。そしてそこかしこに存在している死。それまでの(それは今でも変わらないが)決して多いとはいえない僕の読書体験の中での、それは大きな発見だった。

そして、僕のこの幸福な「出会い」を演出していたのが、訳者の高見浩だ。彼の訳した『ヘミングウェイ全短編』は名訳と言うべきだろう。さらに、「解説」によって、「パパ・ヘミングウェイ」という「マッチョ」なヘミングウェイ神話を解体し、パリに住んでいたころの、作家のかけだしだった、柔軟な感受性の持ち主としての青年ヘミングウェイを提示してくれたのも魅力だった。

人は映画を見た後、登場人物になりきってふるまってしまうことがある。同様に、今は死んでしまった作家たちの若き日に今の自分や近い将来の自分を同定することも多い。高見浩が提示した青年ヘミングウェイはそういう意味で、文学に興味のある人間にとって、何らかの「ロール・モデル」たりえたのでないかと思う。そして、今、26才の僕は、今も若きヘミングウェイと自分を重ねているところがある。

こうして僕はヘミングウェイという作家が好きになった。もちろん、僕がアメリカ人か、もしくは当時のパリに住んでいて、ヘミングウェイ自身と知り合いになったら、彼の友だちになっていたかどうかは分からない。というか、たぶん友だちにはなっていなかっただろう。しかし、偶然にもヘミングウェイはすでに死に、僕は西暦2009年を生きている。
こういったことを書きながら、僕は今の日本で手に入る、ヘミングウェイ作品の日本語訳で読んでいないものがある。具体的には『日はまた昇る』、『誰がために鐘は鳴る』、『海流の中の島々』『エデンの園』。『日はまた昇る』は近々読む予定だが、他の作品は訳が新しくなるのを待っているところがある。できれば、高見浩訳で読みたいのだ。

『移動祝祭日』は僕にとって、その「超」がつくほど魅力的なタイトルで「いつかは読んでみたい」と思っていた作品だった。しかし以前の訳は古く、図書館で借りて読むしかなかった。しかしヘミングウェイのファンとしては手元に置いておきたい。
そして、本作、新潮文庫、高見浩訳、『移動祝祭日』の登場である。作品自体の解説は訳者の「解説」を読めば十分だろう。今回もていねいな、それでいて深みのある「解説」が付してある。
しかし、あえて一言、つけ加えるなら、ヘミングウェイのパリ時代を書いた本作品が、文学に関心のある人間を惹きつけるだろう、ということだ。もちろん、その「こちら」と「あちら」の違いにためいきをつくかもしれない。当時、パリには多くの芸術家がいた。あの、ジョイスもいたのだ。しかし、創作に対する姿勢は学べるだろう。いや、「学ぶ」というより、模倣できるだろう。現に今、僕はこの文章を小型のノートにボールペンでドトールでコーヒーを飲みながら、書いているのである。これは本書を読んで、僕が模倣した結果だ。

僕の中でヘミングウェイは生き続けるだろう。彼の作品(特に短編)は何度も読み返しているし、これからもそうするだろう。自分にとってのベスト3の作家を挙げろ、と言われたら、いつもランクインするだろう。『移動祝祭日』を新訳で読めるとは思っていなかった。しかし、生きていれば、いいこともあるものだ。ヘミングウェイ!ヘミングウェイ!ヘミングウェイ!この拙い文章をあなたに捧げる!ヘミングウェイ!ヘミングウェイ!ヘミングウェイ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。