サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ミッキーマウスの憂鬱(新潮文庫) みんなのレビュー

  • 松岡圭祐
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2008/11/19 16:03

夢の守り人。

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めてすぐ、「これは一体アリなのか!?」と驚いてしまう。この物語は東京ディズニーランドの裏側、つまり絶対のタブーについて事細かに説明しながら進んで行くのだ。日本人なら知らぬ者のない夢の国、東京ディズニーランド。その裏側や実態は、子供であっても触れてはいけないと分かっている、絶対のタブーであるはず。それが採用面接の様相から実際の裏方の仕事の詳細(美装部・運営部・法務部・調査部他)からその理念やポリシー、細かいマニュアルまで詳細に知らしめている。それどころか、夢の世界の裏側は決して夢の世界ではなく、対立や出世欲さえ渦巻く、普通の会社と何ら変わらない世界である事まで描かれているのだ。まるで、ディズニーランドに関する暴露本の様相さえ呈しながら、物語は進んでいく。良くここまで書けたなと、不思議にさえ思った。
そういえば松岡さんの作品で、以前ディズニーランドが出てきた事を思い出した。「千里眼-岬美由紀」のラストで、心身共に鍛え上げられた北朝鮮工作員の女が、ディズニーランドのどんなアトラクションに乗っても憮然としているのに、最後の最後イッツァスモールワールドに乗ると激しく涙し、拍手喝采で素晴らしい!と絶賛するのだ。私はその一節を読みながら、ああ松岡さんは相当ディズニーランドに詳しくてらっしゃるのだなぁと思ったもの。その松岡さんだからこそ、書けた内容なんだろうと思う。

派遣の青年後藤大輔が、何とか面接を通り裏方としてディズニーランドで働き始め、夢の世界と裏方の現実とのギャップに悩む・・・という展開なのだが。一つの事件が、物語を俄然面白いものに変えていく。何とミッキーマウスが失踪・・・いや喪失してしまうという、前代未聞の事件が起こるのだ。たかがきぐるみと思うなかれ、それは東京ディズニーランドの存続の危機に繋がり、何とアメリカとの外交問題にまで発展しかねないという。最後にきぐるみに触れた、後藤と同僚の美装部の女の子が犯人に仕立て上げられそうになる。調査部の面々は大問題に発展する前に、彼女をスケープゴートにして責任転嫁を図っているのだ。一体ミッキーマウスはどこに行ってしまったのか。後藤は彼女の為ディズニーランドの為に、必死にミッキーマウスの跡を追うのだが。
そこに働くキャストでさえ思いもよらぬ展開、そして驚きの結末。本作はもちろん、暴露本などではない。ドキドキハラハラのミステリー、そして胸熱くなる青春物語なのだ。ぜひ誰にでも、読んでもらいたい。本作を子供達が読んだら、夢を壊してしまうだろうか。否、私は思う。夢には汗と涙が、必要なんだって。そして仲間と心を通じ合わせて力を合わせてこそ、実現できる夢があるんだって。夢を与える事に夢を見て、一生懸命になっている人達がいるんだって。そこにはただ夢があるんじゃない、夢は作られ、守られているんだって。教えてやることは悪くない。そこにまた、夢が一つ膨らむようにさえ思う。

最後のどんでん返しも見事!超胸スッキリ、で読み終えることが出来た。
もう何年も足を運んでいないが、久しぶりにディズニーランドに足を運んでみようかな、等と思わされてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2017/03/28 21:54

初の松岡作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ディズニーランドはチャリ通圏内の江戸川区在住の私にとってはとても面白い内容です。ミッキーの基本色はブラックだけど、ランドはドリームカラーだよね、だよね…!!と念を押したくなるような。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2013/10/26 09:31

何度も読みたくなる!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかね - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に言っておきますが、これはフィクションであって本書において必要があって作られた設定もあります。だから、これを読んで夢を壊されたとは思いませんでした。確かにタブーとされている東京ディズニーランドの裏側での話ではありますが、これを読むと最後にはスッキリするし、とても楽しめます。タイトルも深いと思います。あまり詳しくは言いませんが、「ミッキーマウスの憂鬱」のミッキーマウスは誰のことを指すのか?憂鬱は何のことを指すのか?人によって、いろんな解釈ができるのも面白いかなと。だから星5つにさせていただきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2017/08/01 00:40

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さか - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初はこんな事まで書いて良いのかと、思いながら読んでいました。
でも読んでいくうちに、先が気になって、ディズニーランドに行きたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2017/11/04 12:23

ディズニーバイト小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomtom - この投稿者のレビュー一覧を見る

念願のディズニーランドで働くことが決まった青年の、たった3日間の物語。
"夢と魔法の国"でゲストに夢を与える最高にファンタジックなお仕事!と胸を高鳴らすが…初日から「思てたんと違うやんけ!」のオンパレード!
仕事は甘くはないものですね。
あと、目上の人たちに対する主人公の態度が生意気すぎて気になったな。現実で居たらわりと問題児。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2016/10/25 18:00

ディズニー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:香味ペースト - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に読み始めたときは、
あまり行ってはいけないんじゃないかな(笑)
と思いましたが、中身はディズニーが好きな人には
面白いディズニーに行きたくなる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2016/06/29 11:37

松岡さんにしては

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

めずらしいジャンルの作品。でも相変わらずさくさく読めます。あまり知らないディズニーランドの裏話。え?ミッキーマウスってそうだったの?って驚かされることいっぱい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ミッキーマウスの憂鬱

2015/11/18 19:42

リアリティのない「お仕事小説」

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は、東京ディズニーランドの準社員(派遣社員)である後藤の、入社日から3日間で起こる裏舞台での出来事(特にミッキーの着ぐるみ紛失事件)を通して、後藤自身の心の成長や取り巻く人々の心境の変化を描いています。主人公の言動があまりにも非現実的なため、最後まで主人公に感情移入できず、ストレスのみが残る小説でした。ブックオフ直行です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。