サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

「ひとり」の哲学(新潮選書) みんなのレビュー

  • 山折哲雄
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本「ひとり」の哲学

2017/05/19 23:08

人間は「ひとり」でいる覚悟が必要だ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

山折さんは宗教学者であるので、何百年も前の過去の日本人について、かなり具体的に考えていらっしゃる。
そのため、日本人は昔からひとりで死んでいたし、僕たち現代の日本人においても「ひとり」を恐れることはないとの意見をお持ちだ。

僕も最近の日本人の孤独への嫌悪感はすこし、いきすぎているようにおもう。特に学生は「ぼっち」などとの言葉をつかって、群れないことに対してマイナスの印象を抱いているようだ。
しかし、ひとりでいることが、それほど辛く悪いことだとは思えない。むしろひとりでいられないことの方が心配なことではないか。
他人に受容されることだけが幸せなわけではないし、その集団に属したいから一緒にいるのは素敵なことだが、ひとりでいられないからそうしている、という理由だったらどうだろう。
また、ひとりでいる人のことを協調性がないなどと非難するのも、なんだかおかしい。

山折さんの言う通り、人間は「ひとり」でいる覚悟がなければダメなのである。
自分自身が、他人がいなければ成立しないというのはただの依存だ。なぜなら、心は自分だけのものでありすべてを委ねることは不可能だからである。幸せになるには他人の力が必要ではあるが、結局最後は自分の問題なのである。

逆にひとりでいる覚悟のある人間が、配偶者を得たり集団に属したときの喜びは、ひとりでいられないからそうしているときより大きい。

やや僕の意見になってしまったが、この本は良い本で、年齢を重ねてから何度も読み返したいとおもった。あまりわからない箇所もあったのだが、それでも最後まで読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「ひとり」の哲学

2016/11/07 14:34

しみじみとした味わい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takeshita - この投稿者のレビュー一覧を見る

山折哲雄さんの本はいつもしみじみとした味わいがあるが、この本もそうだ。親鸞、道元、日蓮、一遍等のゆかりの場所を訪ねて、その生涯と思想に迫り、結局人間は一人で生まれひとりで死んで行くものだと説く。80才を越えた老人とは思えないほど、行動力も思考力も若々しい。巻末の著者の一日の独居生活の描写も清々しい覚悟に満ちている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「ひとり」の哲学

2017/01/15 20:51

孤独の覚悟

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人はひとりで生まれ、ひとりで死ぬ。「孤独」と向き合う事で、より豊かな人生をおくる。「ひとり」で生きる事。「孤独」で生きることは、精神的自立を求められ、そこには「覚悟」が求められる。その覚悟を先達に学び、これから誰にでも来る「孤独」に耐える方法を考える。本書の構成上、仏教の教養を求められる。唯一理解できたことは、一遍上人の「捨てる」思想。全てを捨てる事で、念仏とひとつになり往生に近づく。人生の始まりも、終わりも「ひとり」なのだから「孤独」を怖れず「受け入れよう」と事か。それが難しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「ひとり」の哲学

2017/03/27 10:53

しみじみと・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人口減少時代におけるひとりで生きることの必然、うたうように歌や詩を作り議論などをしない良寛。孤独なひとりを支えるこころの探求を親鸞らの生き様を振り返りながら考える本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。