サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

用心棒日月抄 みんなのレビュー

  • 藤沢周平 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本用心棒日月抄 改版

2010/07/27 18:48

国元からの刺客を迎え討ちながら、江戸で糊口を凌ぐために始めた用心棒。随所に見られるユーモアや個性的な登場人物によって得た明るさと、幾重にも凝らされたサスペンス的趣向が魅力の時代小説。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

【あらすじ】
青江又八郎は、国元で偶然に筆頭家老大富と藩主侍医村島の、藩主毒殺の密談を聞いてしまった。
又八郎は、許婚由亀の父で徒目付の平沼に、大富家老の陰謀を打ち明けたが、斬りかかられ、反射的に平沼を斬った。その夜、ただ一人の身寄りである祖母を残して脱藩し、江戸にやってきた。
又八郎は、糊口を凌ぐため口入れ屋でさまざまな用心棒の斡旋を受けながら、国元からの刺客を迎え討ち、やがて父の仇と現れるかもしれない由亀を待つのだった。

【書評】
用心棒日月抄シリーズ第一弾。
多くの評論家や著者自身が『明るい基調を見せ始めた作品』と言っているとおり、ユーモアと個性的な登場人物たちによって明るい雰囲気に包まれいて、哀しい結末を描かないことで爽やかな印象を残す作品となっている。

本書の明るさは、哀しい境遇にもかかわらず主人公又八郎の開き直った自嘲的な様子、変わり種の用心棒、情もあり律儀な口入れ屋吉蔵との交流、職の斡旋には抜け目がない吉蔵との割の良い仕事を巡る掛け合い、口入れ屋で知り合った豪快な子だくさん浪人細谷源太夫との交流、などによって創り出されている。
それも初めて訪れた口入れ屋で、細谷に割の良い仕事を攫われたあげく、犬の用心棒しか残っていないと無慈悲に言う吉蔵と、それを受けて犬の用心棒につくという奇抜な第一話から、何やら面白そうな空気が漂い始め、ページをめくる手が止まらなくなる。

ユーモア溢れる作品「獄医立花登手控え」シリーズは、その反面、シリアスで暗い部分もあり、明るさと暗さが対照的に描かれていたが、本作品では、その暗さの部分を自嘲的に描くことで、全体的な明るさを獲得しているように感じられた。

本書の魅力は、その明るさだけではなく、幾重にも凝らされたサスペンス的趣向にもある。
全十話に別れた用心棒又八郎の活躍を軸に、用心棒又八郎の周囲に見え隠れする赤穂浪士と吉良方の影、思い出した頃に襲ってくる国元からの刺客との剣闘、国元に残してきた祖母と許婚だった由亀の様子、などサスペンス的趣向が二重三重に凝らされ、物語と読者の読進欲を力強く牽引している。


変わり種の用心棒の他に人足もこなす主人公だが、定職のない生活は楽ではない。何日か雇われたあとは、また新しい仕事を探さなければいけない。
たびたび空になる米櫃、近所の住民達との飯の貸し借り、割の良い仕事の切望、用心棒先での飯の心配、そういった食に関わる挿話は、又八郎の生活臭を生々しく漂わせ、ヒーロー然としていない主人公をどうしても応援したくなる。
その反面、今度はどんな変わり種の用心棒が……と意地悪な気持ちも湧いてくる。
本書は、主人公にそんな気持ちを抱かせる良作なのである。

----------
第一弾:用心棒日月抄
第二弾:用心棒日月抄―孤剣
第三弾:用心棒日月抄―刺客
第四弾:用心棒日月抄―凶刃

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本孤剣 用心棒日月抄 改版

2010/07/28 18:51

藩主毒殺に関わる文書を巡る争奪戦。文書を持つ大富静馬。それを狙う大富家老一味と公儀隠密。文書奪還の密命を帯び用心棒で糊口を凌ぐ青江又八郎の、孤独の闘いが始まる。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

【あらすじ】
間宮中老の召還により国に戻った青江又八郎は、大富家老と侍医村島による藩主毒殺の証言をし、旧録の馬廻り組百石に戻され、祖母と許婚由亀と暮らし始めた。
ところが藩に異常事態が起こった。大富家の処分を終えたものの、藩主毒殺の企てに加わった一味を処分するための連判状と手紙類、大富の日記が消えていたのである。
その書類一切を持ち出した者は大富静馬。大富家老の甥にあたる。彼は脱藩の際、襲ってきた公儀隠密を斬っていた。
大富静馬の持ち出した藩主毒殺を証拠立てる書類一切が、公儀隠密の手に落ちれば、藩の取りつぶしは必定。
藩政を掌握した間宮中老は、いまだ蠢動する大富家老一味の目を欺くため、又八郎に再び脱藩と書類の奪還を命じた。
少ない当座の金を渡されたのみで仕送りはなし。静馬捜索の藩の支援もない。
又八郎は、江戸で再び暮らしを立てるため用心棒となる一方、大富静馬と書類を狙う大富家老一味、公儀隠密との孤独の闘いを始めた。

【書評】
用心棒日月抄シリーズ第二弾。
前作「用心棒日月抄」で、国に帰藩を果たし旧録に戻された青江又八郎だったが、一安心したのも束の間、本作品で再び脱藩者として、江戸に舞い戻ることになる。

本作品では、前回につづき又八郎に厳しい境遇が与えられる。
藩命でありながら間宮中老からの支援は一切なし。自力で暮らしを立てなければならず、藩主毒殺の証拠書類を狙うのは、又八郎の他に、藩主毒殺と関わった証拠消したい大富家老一味と、藩の落ち度を掴みたい公儀隠密。そして書類を持つのは東軍流の剣客大富静馬。
またしても用心棒で稼ぐ羽目になりながら、孤立無援の状況でいかにして書類を奪還するのか。
この本流とともに、例のごとく、全八話に変わり種の用心棒稼業が描かれている。

前作での忠臣蔵が関係してくるような趣向はないものの、随所に見られるユーモアは健在。
長い間の用心棒稼業で疑り深くなった又八郎と、書類奪還を命じておきながら一切支援をしない間宮中老との掛け合いに始まり、変わり種の用心棒を斡旋する口入れ屋吉蔵、用心棒仲間の細谷源太夫らのコミカルな交流が楽しめる。

さらに吉蔵の口入れ屋に新しくやってきた貧相な風貌の米坂が用心棒仲間に加わり、前作で国へ帰還する又八郎を襲った女刺客佐知が、動きのままならない又八郎の密命を助け、交情を深めるという、新しい登場人物の活躍もある。

そういう訳で、前作同様、夢中になって読み終えることができる作品だが、次はいったいどういう『災難』で用心棒に舞い戻るのか、意地悪な気持ちで第三弾「刺客―用心棒日月抄」に手が伸びている。


ところで巻末に、『藤沢周平の文体』と題して向井敏氏の解説が掲載されている。
剣客小説において、藤沢周平の張りつめたような端正で切れの良い文体が、いかに望ましいかを述べているが、転じて、この用心棒日月抄シリーズで試みられた、のびやかで柔軟な描法の結実を語り、例文を用いたそれらの丁寧な解説がとても印象に残る。藤沢作品の面白さの一端を窺える解説である。
そういう向井氏の解説は、淀みなく流れる川のように自然で、一つの読み物として受け入れられるのは、向井氏が『文章読本(文春文庫)』で文章の表現をまとめていることと、無関係ではないだろう。
自分もこういう文章が書けるようになりたいものである。

----------
第一弾:用心棒日月抄
第二弾:孤剣―用心棒日月抄
第三弾:刺客―用心棒日月抄
第四弾:凶刃―用心棒日月抄

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本刺客 用心棒日月抄 改版

2010/08/01 16:05

前藩主毒殺の黒幕の宿望が膨れあがる。江戸の藩隠密組織嗅足組に放たれた五人の刺客。江戸嗅足組助勢の密命を帯びた青江又八郎は、再び江戸に舞い戻り、用心棒を続けながら刺客との対決する。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

【あらすじ】
藩主毒殺に関わる文書を狙う幕府隠密、その文書をもつ大富静馬との闘いに勝ち、文書奪還に成功した青江又八郎。
辛苦の働きにも関わらず例によって褒美もなく、旧録の馬廻り組百石に戻された不満はあったものの、帰国して半年、妻由亀との暮らしは平穏で幸せだった。
ところが又八郎に再び『災難』が降りかかる。
前藩主毒殺の黒幕は、藩主の座を狙い、藩隠密嗅足組の抹殺するため、江戸に五人の刺客を放った。
昨年の文書奪還で江戸嗅足組に助けられた又八郎は、今度は借りを返せとばかりに江戸嗅足組助勢の密命を受けたのだ。
かくして又八郎は、再び藩を脱藩。用心棒で糊口を凌ぎながら、刺客との対決を始めるのだった。

【書評】
用心棒日月抄シリーズ第三弾。
今作も、前作「孤剣―用心棒日月抄」同様、密命で脱藩する羽目になり、藩からの支援は一切なし。青江又八郎は、用心棒で暮らしを立てながら、命を果たすため奮闘する。

例のごとく、しもた屋のような店構えにもかかわらず江戸第一の格式を誇るような口振りで、割の良い仕事を紹介したときには、胸を反り返らせる口入れ屋の吉蔵や、酒好きで六人の子がいる豪快な用心棒仲間の細谷源太夫との交流はユーモアに溢れ、用心棒や密命に関わる緊迫の場面が読進欲を誘う作品となっている。

こう書くと、これまでの作品と変わり映えのしない内容かと思われがちだが、五人の刺客との緊迫した闘い、死地を共にくぐり抜けた佐知との深まる交情、これまで又八郎が経験してきた辛苦に一区切りがつく驚愕の展開が用意され、満足度はこれまでで最高。
続く第四弾にどのような展開が待っているのか、非常に期待させる内容だった。

----------
第一弾:用心棒日月抄
第二弾:孤剣―用心棒日月抄
第三弾:刺客―用心棒日月抄
第四弾:凶刃―用心棒日月抄

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本用心棒日月抄 改版

2007/09/14 00:03

藤沢周平の代表作

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時々、藤沢さんの作品を読みたくなるのですが、
藤沢さんの代表作といってもいい用心棒用日月抄シリーズにtryです。

 この青江又八郎を主人公にした、用心棒日月抄シリーズは
全部で4作出ていまして、
本作「用心棒日月抄」が第一作にあたります。
 NHKでもドラマ化されたので、
もう、みなさん、重々承知だとは、思いますが、
簡単にご紹介、、。

 藩の陰謀を偶々知った青江又八郎は、許婚の父親に
そのことを報告するのですが、
その父親が切りかかってきて許婚の父親を殺してしまいます。
 で、脱藩し、江戸で浪人をしています。
このことが、小説では、丹念に描かれているのかと思いきや
なんと、あっさり、毎回、又八郎の浪人の故を説明するくだりで、
さらっと書いてあるだけなんですね。
 これが、また、吃驚。
 第一話の、「犬を飼う女」で
又八郎が、同じ浪人の細谷にいい仕事をとられ用心棒稼業の口入れ屋の吉蔵に、
それでは、「青江さまには、犬の番しかありませんね」と、
言われるところから、読者へのツカミは、OKです。
(実際、犬の番に又八郎はいきます)

 で、本作は、長編小説というより、連作集といった感じで
各章一応独立していまして、適度に謎解き、斬りあい、
人情話をちりばめブレンドし、読者が時代小説に求めているものをしかっり与え
軽~く満足いく状態で終わります。
 で、本作は、その世界観のバックボーンとして忠臣蔵を取り込んでいます。
 なにやら、なぞめいた、集団や、陰謀があると、浅野方の浪人だったり、
吉良方の集団だったりします。
終盤の作品には、吉良の屋敷に警護の用心棒として
青江や、細谷が雇われたりします。
(そこで、清水一学が登場したり、、)

 以前、藤沢さんの初期短編集「又蔵の火」を読んだときに、
どれも美しいばかりに暗い、と書いたのですが、
本シリーズは、逆に藤沢さんが、こういうのも書けますよ、と
めいっぱいエンターテイメントのほうにわり振った作品ですね。
 しかし、とはいえ、藤沢さんの清貧で質素を重んじ、弱者の庶民の目で世界をみる
価値観や、簡潔で、どこか、清潔感さえ感じられるきっちりした文体は、健在で
読んでいて、読者をすがすがしい気持ちにさせます。

 あっさり、藩のほうで大勢が変化し、帰国になるところは、
ちょっと興醒めでしたが、
(散々、許婚の由亀が敵討ちにやってくると、煽っていたので)
まぁ、これも、どんどん続いていく、シリーズ物のエンタメ小説の 
王道ということで、次作に続きます。
(実は、2作目の「孤剣」のジョーカーといってもよい、大富静馬が、もう今作で終盤にちらっと登場するのですよ)   

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本孤剣 用心棒日月抄 改版

2018/02/21 20:56

由亀が好きだ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暇ではいけないはずの誰か - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作より緊迫した展開が続き、緊張感をもって読むことができた。
こういうミステリ要素も上手いなぁ。

さて、このシリーズの解説ではしきりと佐知の良さに触れられている。
しかし、私は由亀に強く惹かれてしまう。

実の父を斬った許婚と、父が死に際に残した言葉をひたすら信じ、縁談をかたっぱしから断わり、20になっても許婚である又八郎を待ち続ける。なんといじらしいのだ...

それに、ようやく手に入った日常が、又八郎に下された密命によってまた壊れるとなったときも、その夜こそ感情を露わにするが、翌日には、妻として家を守る覚悟を決めている。又八郎には危険が待ち受けていると薄々気が付いているのに、である。

当時の時代背景を考慮しても、彼女のメンタリティは驚嘆に値するのではないだろうか。

そんなわけで、このシリーズを通して、私は由亀をずっと応援している。
誰か同じ思いの者はいないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本用心棒日月抄 改版

2018/02/21 20:32

キラリと光るユーモア

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暇ではいけないはずの誰か - この投稿者のレビュー一覧を見る

藤沢周平氏の初期作品は、どれも昏い物語が多かった気がする。
しかし、解説でも述べられているように、この本では、その切ない部分も残しつつ、随所にユーモアが見受けられる。

それがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本用心棒日月抄 改版

2004/04/03 09:30

現代に重なる浪人(フリーター)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶたころちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 用心棒シリーズの一冊目。我々団塊世代もそろそろリタイア準備。暇が増えていくので読書三昧である。江戸時代の浪人生活(フリーター)生きていければ良いではないか。そう開き直って自分に重ねる。
 長屋の人情、食べる為になりふりかまわず働く、過酷な現実。あるときは人を守る為に戦い、またあるときは自分を守る為に戦う。今だからこそ用心棒青江又八郎が心に染みる。本は読む時期によって表情が変わる。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本凶刃 用心棒日月抄 改版

2010/08/02 18:55

暗躍する幕府隠密と第二嗅足組を操る藩内の黒幕、江戸嗅足組の三つ巴の闘い。藩存亡の秘密が十六年ぶりに江戸を訪れた青江又八郎を襲う。過去との別れが寂寥感を誘う深遠なミステリー時代小説

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

【あらすじ】
前藩主の兄寿庵保方の事件から十六年後、三人の子に恵まれ近習頭取となった又八郎は、半年間江戸へ出府することになった。
その又八郎は、嗅足組の頭領榊原から、藩隠密嗅足組の解散を江戸嗅足組の者に伝える密命を帯びていた。
ところが又八郎の出府前に榊原は殺され、卒の者で構成される第二の嗅足組の名簿が消え、又八郎も何ものかに襲われた。
犯人とその狙いが不明のまま十六年ぶりに江戸を訪れた又八郎を待っていたのは、藩存亡に関わる秘密と、幕府隠密、第二嗅足組、江戸嗅足組の三つ巴の闘いだった。

【書評】
用心棒日月抄シリーズ第四弾。
第三弾「刺客―用心棒日月抄」から十六年、四十半ばの青江又八郎は近習頭取となり、子が三人。前にせり出した腹は月日の流れを感じさせるものの、用心棒日月抄の世界に変わりない。
しかし前三作とは色合いがまったく異なる作品となっている。

というのも、これまではユーモアによる明るさと、用心棒や藩命の遂行によるサスペンスが魅力で、第二弾「孤剣―用心棒日月抄」の解説者向井敏氏の言葉を借りると『用心棒日月抄シリーズは端正でありつつ軽快、緊張を秘めつつのびやかという美徳を持つ』作品であったのだが、本作品ではこの美徳は息を潜め、哀惜を誘うもの悲しさと綿密に編み込まれた深遠なミステリー作品となっているからだ。

その哀惜を誘うもの悲しさの最たるものが、十六年前の貧しくも楽しげで自由だった用心棒時代との別れだろう。
ユーモアの代名詞であり、用心棒時代の象徴だった存在との別れが、心に大きな穴を開ける。

個人的には、少なくとも『あの頃は楽しかったな』と一緒に笑える存在を残して置いて欲しかった。
変わりない江戸嗅足組頭領の佐知との交情が、心に開いた穴を埋める救いになっているものの、用心棒日月抄の世界に必要なのは、子だくさんでがさつな髭の男であり、狸面でしたたかだが律儀で情のある男なのである。

寂寥感を伴う深遠なミステリーである本書は、文句の付けようのない作品だが、用心棒日月抄シリーズとしては少々不満が残る。
そういう訳で「凶刃―用心棒日月抄」は前三作とは別扱い、番外編と思うことで自分を納得させたい。

----------
第一弾:用心棒日月抄
第二弾:孤剣―用心棒日月抄
第三弾:刺客―用心棒日月抄
第四弾:凶刃―用心棒日月抄

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本孤剣 用心棒日月抄 改版

2007/09/26 18:16

藤沢さんの用心棒シリーズ、第二弾

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご存知、浪人青江又八郎を主人公とした、用心棒日月抄シリーズの第二作です。
前作で、藩主毒殺の陰謀を巡るお家騒動は、
藩政の主流派の交替劇もあり、一応解決したのですが、
 粛清された大富一派の大富静馬が、(恐らく)陰謀にかかわった、
連名の血判状を手に、江戸に逃亡します。
これが幕府公儀隠密の手に渡っては、御家の一大事と青江又八郎が
またもや、浪人に身をやつし、大富静馬の後を追います。
 というのが、バックボーンの設定で、
またもや、青江又八郎の江戸での浪人生活が始まります。
前作からの、いつものメンバー、口入れ屋の吉蔵に、浪人仲間の細谷、
に加えて、浪人仲間に痩身でちょっと頼りなさげな米坂、
 国許からの謎の女忍、佐知なんかも登場してきます。

 前作の用心棒日月抄が、ヒットしたので、
「先生また、一つ、、、、」と編集者に言われ、浪人生活を余儀なくされる、
青江又八郎が不憫!?。
 前作は、なにやら、不穏で不可解な動きがあると、
忠臣蔵関係の集団がバックにいるとなっていたのですが、
今回は、忠臣蔵はもうつかえないので、前作以上に国許からのしがらみ、
刺客、などが、又八郎の身に迫ってきます。
 全体の雰囲気は、前作と全く同じで、
藤沢さんの作風としては、ふり幅をめいっぱいエンタメに振った感じで
ユーモラスなところも、あったりします。
総じて安心して、プロの作家の仕事に身を任せて読んでいけます。

 毎日、それこそ、米びつを覗き込み、お金を数えながら
生活する又八郎とともに、江戸での用心棒稼業の金銭感覚も
身についてきました。
 用心棒の手当てですが、一日、二分だといいほうみたいです。
二日で一両になる、一両になると又八郎はよく言っています。
(やっぱり小判になると、違う!?)
この二分をめぐって、壮絶な駆け引きがよく展開されます。

 前作では、許婚の敵討ちなく、簡単に帰国となり
興醒めと書きましたが、
今回は、ちゃんとラストに静馬との一大決戦がありますよ
乞ご期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本用心棒日月抄 改版

2011/02/13 01:50

江戸の下層社会で生きる庶民派剣士の活躍

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yjisan - この投稿者のレビュー一覧を見る

東北の小藩の馬廻り役の青江又八郎は、藩内での陰謀に巻き込まれ、脱藩して江戸で浪人生活を始める。剣術の腕を活かして用心棒稼業で生計を立てるが、仕事をこなしていく中で、国元からの刺客と闘ったり、赤穂浪士や吉良家の策謀にそうとは知らずに関わったり、とスリリングな体験をすることに・・・・・・

藩内の権力闘争を縦糸に、そして赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件を横糸に、又八郎の用心棒としての日々を綴った連作短編。白熱の剣戟場面がある一方で、貧乏浪人としてのつましい暮らしぶりもユーモアを交えつつ丁寧に描かれており、オンとオフとのギャップが面白い。

主人公の又八郎が過度に理想化されていないのも良い。完全無欠のヒーローではなく、ぶつくさ言いつつも下町生活に馴染んでいくところに人間味を感じる。


きな臭い仕事を何食わぬ顔で紹介する口入屋の相模屋吉蔵や、浪人仲間で豪放磊落な細谷源太夫など脇役の人物設定も巧妙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本凶刃 用心棒日月抄 改版

2018/02/21 21:10

寂寥感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暇ではいけないはずの誰か - この投稿者のレビュー一覧を見る

細谷源太夫や、相模屋吉蔵といった、主だった登場人物にも老いが訪れ、寂寥感あふれる作品となったと思う。

読んでいて、少し胸が締め付けられるような感情を味わった。
一方、佐知との交流は深まり(由亀を応援する立場では、ここも読んでいて辛い)といった面もあるのだが、そこにも時の流れは厳然として存在する。

少し寂寥感が募る。そんな作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本用心棒日月抄 改版

2017/02/05 02:42

「時代劇?」なんて敬遠するのは勿体無い傑作。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サクラフブキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公・青江又八郎が実にいい。
東北の小藩で馬廻組に勤める身でしたが、梶派一刀流の道場で師範代を任せられるほどの腕前。
その青江が、藩の政争に巻き込まれることになった挙句、襲撃を返り討ちにして人を斬り、脱藩して江戸に逃れます。
江戸で暮らすために口入れ屋「相模屋」に仕事を貰い……つまりは派遣労働者だな。慣れない江戸での生活を送ります。

作品は短編を積み重ねた連作長編で、特筆すべきはその一編一編を貫くタテの糸として『忠臣蔵』があることですね。

人気の高かった作品で、著者の藤沢周平は続編を書くことにして「孤剣」、「刺客」、「凶刃」とシリーズ化します。
どれも面白いんですが、俺的に「凶刃」だけは微妙です。シリーズの終焉を強く感じてしまうのが辛いからなんですが、4作目の「凶刃」だけ前3作から年月が経っててね……ん~。(苦笑)

ともあれ、普段時代小説を読まない人にこそ、特に薦めたい小説です。楽しいぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。