サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

みんなのレビュー

  • 乃南アサ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本涙 上巻

2011/09/24 08:38

愛は時に、幸せよりもせつなさにさいなまれる。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

涙 上・下 乃南アサ 新潮文庫

 古本屋で、下巻しかなかったこの文庫を手にとる。たまたま開いた78ページに目を通して買う気になりました。「田川」という地名が目に飛び込んできました。それは、福岡県のまんなかあたりにある昔、炭坑だったところとすぐにわかりました。わたしが生まれた町のお隣の地域です。3歳までいたらしい。当時の記憶はありません。読む興味が湧きました。
 登場人物たちが生きています。本を読んでいる間、読んでいないときも、自分の体の中で、柏木萄子(とうこ)さん24才とか、彼女の行方不明になった婚約者刑事奥田勝さんが生き続けました。上手な文章運びです。リズムがあります。音楽を聴いているような感覚がありました。
 昭和39年の東京オリンピックをはじめとして、随時、社会での出来事が背景として知らされますが、それは物語の構成にあって、あまり効果がみられません。奥田さんを探す柏木さんの物語です。居場所を転々と変える奥田さんを萄子さんが追っかける展開です。奥田さんは殺人事件の容疑者です。話が進むごと、残虐性は増し、読み手は暗い気持ちにさいなまれます。作者は、そこまで、奥田さんを追い込まなくてもよかったろうに。
 戦争中の中国人の言葉を思い出しました。日本軍に攻められて、ひざまずいて生きるよりも立って死にたい。奥田さんは立っていられませんでした。沖縄へ行くのにパスポートが必要だった時代があります。沖縄返還のニュースが届いたのは、わたしが小学生のときでした。同作者の作品「ニサッタ、ニサッタ(アイヌ語で明日の意味)」の原型がここにあります。人生のせつなさがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 上巻

2008/12/21 14:13

なぜ婚約者は私から逃げるのか。その理由はやはり「涙」である。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菜摘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幸福の絶頂にいた萄子と婚約者の奥田。それなのになぜ奥田は逃げ続けるのか。その理由を追い続ける萄子と刑事の韮山。見事に仕掛けられたワナのためとやっと分かるラストまで目が離せない見事な展開。

昭和39~41年が舞台。東京オリンピック前夜の日本中の興奮に始まる経済成長期へ入る日本の活気。それでいて忘れ去ったとは言い切れない敗戦後の苦しい生活の記憶が時折ふと現れては人々を苦しませる、そんな時代を60年代生まれの乃南氏が描ききっている。

乃南の描く刑事、警察像は決してキレ者でもなく勘が冴えるでもない。定年まで巡査だろうと自認する韮山もおよそ手柄とは無縁で、ただ長年培った刑事としての勘と足を使って聞き込みをするという地道な刑事。よく一人の刑事の勘だけでめくるめく解決がもたされる他の大げさな刑事モノと違い、地に足のついている現実味のある展開が非常に好ましい。かと言ってつまらないということは決してなく、いつもすぐそこに手が届きそうな奥田がまたスルリと逃げてしまう、その萄子の悔しさ・悲しさ・やるせなさが、ひしひしと伝わってくる。

そしてついに物語は当時占領下にある宮古島へ。当時の状況と宮古島を襲った歴史的な台風の爪痕を物語に絡めた、満足度100の骨太小説である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 上巻

2016/10/11 03:04

お嬢さんの覚悟、いがいとすごい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋人のいきなりの失踪に泣き暮れるお嬢さん、意外頑固でわがままを突き通す決意。絶対に見つけ出してやるという執念。これもある程度裕福な家庭があるからこそ許される行為なんだよな、と思いつつ読む。挙式直前の失踪、もちろん寿退社済み。ただただ家族に迷惑をかけつつ、熱海、焼津、豊後、と拙い情報を元に飛び出して行く。当時最先端の新幹線とか乗っちゃって。金を惜しまない追走劇に少し鼻白む。お金出してるのお父ちゃんだろと。少しは家族を顧みればいいのにと。ただそこだけ気になった。話は文句なく面白い。先走る気持ちを押さえ下巻へ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 下巻

2016/10/11 03:04

淳がいちばんえらい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

韮山とルミの関係が殺伐とした話に少しだけ彩りを加える。血を越えた「情」というのは誰もが手にできるものではない。選ばれた人だけが手にすることができる宝物。お嬢さん萄子、新恋人の淳に心配を掛けながらも、勝がいるとされる宮古島へ飛ぶことを決意。占領地沖縄は当時は外国。さい果ての地で勝と再会、嵐の中の独白シーン。真相が明らかにされていく。不器用だったのね、勝。だけでは済まされない不幸の連鎖。何が正しいのか最善なのか、私も混濁してくる。決してハッピーじゃない。でも終った。淳さんあなたへは惜しみない拍手を送りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 上巻

2003/06/26 20:30

時代をうまく扱った推理小説では、最近ではこれがピカイチかな。男も女も、愛することに不器用な時代があったんだよね

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルだけで、気を惹く本がある。それが乃南アサの作品となれば、絶対に面白い。そう思って立ち読みをし始めたら、あまりに導入部が上手くて、結局買うことになってしまった。今は平穏な生活を送っている藤島萄子。彼女の心配といえば、結婚生活に失敗し嫁ぎ先から戻ってきた我が子のこと。娘が心を癒すために出かけた沖縄からの便りを読むうちに、萄子の脳裏には忘れられない過去が甦る。

昭和39年、オリンピックの年。日本が戦後から我武者羅に飛び立とうとしていた時代。戦前に事業を起こした父と母のもとでおおらかに育った藤島萄子。彼女が夫に選んだのは、奥田勝という刑事だった。家族の反対を押し切ってやっと結婚にこぎつけた二人。式の直前に、勝が失踪した。萄子にかかってきた電話と「ごめんな」の一言。そして殺害された警察の同僚 韮山、その娘のぶ子。

高校受験を前にした弟の彰文と、勝の消息を求め萄子が歩く川崎の街。今とは全く異なり、賑わいを見せる熱海。ベトナム戦争、ビートルズ来日、美空ひばり、オリンピック、返還前の沖縄。そうそう、私が生まれたのはこんな時代だったんだと納得しながら読んだ。人と人との関係が、ここで描かれるようなときもあった。いや、もしかすると将来においてもこのままかもしれない、そう思わせる。

話はシンプルだけれど、当時の世相、風俗を巧みに取り入れ、そこから人間の苦悩が浮かび上がってくる様は見事。その悠揚とした筆致は、まさに重厚。おなじ乃南の『鎖』については物量にこそ驚ろかされたものの、後半の展開に今一つ乗り切れないものを感じたけれど、今回は文句なし。新婚早々の夫の失踪という設定は、新津きよみ『生死不明』にもあったけれど、迫ってくるものが違う。

新時代の『砂の器』とでもいったら良いのだろうか。それにしてもタイトルの『涙』、これだけで手を伸ばしたくなる。うまいものだ。ただし、読んでいて涙は流すよりは、女の身勝手さに苛立っていた時間の方が長かった。でもタイトルが『苛立ち』では、売れない。はっぱり女には『涙』が似合うのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 下巻

2004/09/25 19:26

その「世界」へ入り込むことができる小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あい - この投稿者のレビュー一覧を見る

簡単に言うと、サスペンス&ラブストーリーである。
愛し合っていた結婚間近の二人が、突然男の「忘れてくれ」の電話の一言で離れ離れになる。女は納得がいかず、男の行方を捜す。

これだけなら、どこにでもありそうな話なのだが。(おそらく)
この男が消えた事情が、簡単そうであまりに複雑だった。

男が消えた理由は、おそらく彼が関わってしまったであろう知り合いの女性が殺された「殺人事件」。
だれが彼女を殺したのか。どうして殺人が起こったのか。彼はなぜそこにいたのか。
周りのみんなが「犯人はあいつだ。」と男を捜す中。女は一人「彼は殺していない!」と信じ、捜し続ける。

もし、自分がこんな立場におかれたら、周りに誰も味方がいなくなってしまったら…どうするだろう。
本の中の女みたいに、それでも彼を愛し、信じ続けることができるだろうか。

この小説は、今の私の暮らしている世界とはまるで別世界のような話だった。ありそうで、なさそうな話。
だからこそ、淡々と読むことができた。その別世界に入り込むことができた。

結局、再び男と女が結ばれることはなかったが、それでもお互い幸せになることができたというのは、美しい話だと思った。

私は頭を使う難しい小説より、その「世界」に入り込むことのできる小説が好きだ。

今回読んだ「涙」はまさに、入り込むことができる物語の一つであったと私は思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 下巻

2003/06/08 20:18

一気に読めました

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スミ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初はこんな内容で上下巻も続くのかと思ったら、事件が起こった後ぐいぐいと話に引きずり込まれました。時代背景が終戦から東京オリンピック、その後数年と現代ではない時代というのも自分の知らない時代だからなのかもしれません。激動の時代の中でやはり激動の人生を送った人々。読んでいてじれったくもあり、でもやはりどうなるのかというハラハラさもありました。ただ、最後がなんとなくものたりなく感じたのも確かです。事件発生から消えた婚約者を追う旅の間はすごく充実していたのに最後にもう1つ何か欲しかったかなあという感じがしたのは私だけでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 上巻

2003/08/17 16:17

事実は小説より奇でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼこにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 先日NHKの番組で取り上げられたお遍路さん(じいさまである)が、実は殺人未遂で手配中の犯人だった、というニュースがあった。確か放送を見た警察官が気付いて逮捕の運びとなったんだったか。殺されかかった人には悪いが、松本清張の『顔』ばりの、ほとんど心温まる事件として私は記憶しているのだ。
 まあ生きていれば殺したい相手の一人や二人は誰にもいるんじゃないかと思うけれども、実際に行動にうつす人はそれほど多くない。後々面倒だから。このじいさまにしても、贖罪とかいうことよりは、単にその面倒(この場合は逃亡・潜伏)の一環として長々と巡礼をやってただけなんじゃないかという気がする。一体この人は反省とか後悔とか、普通犯罪者に期待されるような殊勝な心持ちになったことがあるんだろうか。
 と呆れながらもこの話が、逃亡生活にして悠々自適、というえもいわれぬ呑気な印象に彩られている原因は、何よりも指名手配中の犯人がテレビ出演するという前代未聞(か?)の抜け具合にある。もう忘れてたんじゃなかろうか、人を殺しかけたことなんて。
 そうは行かねぇよ、ってんで逮捕されちゃったんだけども。すごいねえ警察は。
 そんなような、アホな現実より遥かに重みをもって語られるのがこの小説。主人公はおなじみ『一見可憐でたおやかながらも芯の強い美人』、その婚約者が殺人事件に巻き込まれ失踪、『君の名は』風なすれ違いをえんえんと続けるという筋。婚約者の失踪の理由が最後までよく分からない。私は最後になってもよく分からなんだが。
 殺害されたのは婚約者の上司の娘で、彼に思いを寄せていた。最初のうちは不運な被害者かと思いきや、話が進むにつれ意外な素顔が見えて来たりする。この辺、主人公とその婚約者の正義と悲劇を際立たせるための、ご都合主義っぽくていささか興ざめ。世界でこの二人だけが純粋で正しい人々なのか? ま、分かりやすいことは分かりやすいし、悪くはないけど見えないとこでやってもらいたい、という見事な『二人の世界』。いい年してそんな潔癖でいいのか。
 婚約者の上司ってのが結構いい人なだけに娘のキャラクターにはちょっと不満。反宮部みゆき的、とでもいうべきか(いや宮部みゆきが好きだとはいわんが)。
 何事もままならないのが世の中だから多少の汚れやキズには目を瞑ってやって行きましょう、てのが大人のタフネスではございますまいか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 上巻

2003/07/09 19:03

何だか胸が苦しかった…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひな - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間には、どんなに正しいことをしようとして、どんなに正義を貫こうとしても抗えない何かの力が加わることもある。
それは人の噂だったり、疑いだったりするけれど、この作品の中で私の胸を締め付けたのは勝の正義感。そしてそれ故に大事な人まで手放さなければならなかった、悲しさ。
ラストに意外性は無かったけれど、読みやすかった。その頃私は生まれても居なかったけれど、それでもすんなり入り込めたと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本涙 下巻

2003/03/26 06:52

恋人探しの旅は壮大だが…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:茶太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大作家の傑作ミステリーという触れ込みに惹かれて読んだ。要所要所に盛り込まれる昭和の時代性や庶民の暮らし振りなどが垣間見えて興味を引かれた。しかし、男と女の悲劇という点ではどうだろうか。横恋慕する女と黒幕の陰謀によって、勝と萄子は数奇な運命を辿るのだが、黒幕の寺崎の人物像は全くと言っていいほど描かれていない。萄子の恋人を探しの旅は壮大ではあるが、その根っこの部分が偶然性に左右されただけの印象で、内に抱える問題や人間の対立といった構図は見出せない。上下巻に分かれた文章量は圧倒的だが、無駄に長いという印象が強かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。