サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

海底二万里 みんなのレビュー

  • ジュール・ヴェルヌ, 村松潔/訳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本海底二万里 下

2015/05/30 11:01

古典と呼ばれるには、それだけの面白さがあることを知らされました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

新訳『海底二万里』の下巻。第二部となっています。
上巻に続き、海洋・海中航行が続きます。インド洋から紅海へ至り、地中海から
太平洋へ。さらに南極海からメキシコ湾流へと、およそ世界の海を航海し続けたことになります。
やはり上巻に続き、その情報量たるや圧倒されっぱなしですが、門外漢にはチンプンカンプンのところもあります。それを補うための注釈なのでしょうが、これもあまりに膨大で、一々ページをめくっていたらストーリーが追えなくなってしまうのかというくらいです。「訳者あとがき」を読んで初めてこの「註」の位置づけがわかりましたし、多少チンプンカンプンでもともかくストーリーを追うという楽しみ方でも良かったのだと思いましたが。
下巻で特に面白いのは、紅海から地中海に抜けていくアラビアン・トンネルのくだりや、アトランティス大陸のくだり、南極海をゆき南極点に到達するあたり、大ダコが現れるところなど、上巻より冒険譚的要素が詰まっていたように思います。
そして結末へと向かうわけですが、結局ネモ船長なる人物がどんな人物で、どのような所以でノーチラス号をして海洋・海中を巡っていたのかわかったようなわからないような終わり方をします。謎は謎のままという楽しみ方ということでしょうか。
しかし、そのような点を含めても、面白く読めました。子どもの頃の印象とやや異なるところもありますが、子ども心に面白く思ったということに違いはなかったようです。
新しい小説を読むのもまた楽しみですが、こうして古典と呼ばれるような作品を時には取り出してみるのもまた楽しみであるということを、改めて教えてもらった気分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海底二万里 上

2017/04/23 23:58

子どもの頃の記憶

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネモ船長やノーチラス号の名前は知ってましたが小説は初読。多分、子供の頃、父に連れて行ってもらって、初めて見た映画がこの海底二万マイルだったように記憶しています。新潮文庫の表紙の絵がかっこいいです。1870年ってことは、明治3年ですよね。ジュール・ヴェルヌ、すごい想像力です。魚の名前がたくさん出てきて、ちょっと冗長だったけど。「四畳半神話大系」とか、森見登美彦さんの小説に、よくこの「海底二万里」が出てくるのですが、森見さんもお好きなんですよね、男の子ならわくわくする小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海底二万里 上

2015/05/06 17:18

子どもの頃の記憶がいかにいい加減かと思いながら、また楽しんでしまった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもの頃に読んで感動とは言わないまでも印象に残った本がいくつかある。私の場合はSFが多いのだが、このジュール・ヴェルヌの『海底二万里』もその1冊である。
と言っても、その当時読んだのは岩波少年文庫の上下巻本で、小学校の図書館で借りて読んで非常に面白く、結局買ってしまった(買ってもらったのだろうなあ)もので、今でも手元にある。ことさら読み返すわけではないけれど、子どもの頃の強い思いがあり、捨てたりすることができないのだ。
そんな『海底二万里』の新訳だという。しかも、復刻版原書からの全訳だという。
懐かしさと共に、この文庫版カバー絵がすごく雰囲気を出していて、買ってくれと言わんばかりの絵(しかも、上下巻を並べると1枚の絵になるのだ)なので、もう読むしかない。
だが、読んでみて意外というか、長く思い違いをしていたことに気づいた。
ジュール・ヴェルヌと言えばSFの祖の1人だと思っていたので、もっとSF風の話かと思っていたのだが、全然そんなことない。言ってみれば、海洋冒険小説(と、この本の帯にも書いてある)であり、全編にいろいろと記述されているのは海洋博物学とでも言える内容ではないか。子どもの頃の記憶と言うのは、かくも曖昧なものなのだなあ。
さらに、時代も実は(これも冷静に考えればその通りなのだが)けっこう新しい。19世紀後半の、日本の歴史で言えば幕末から明治初期の頃の話ではないか。
言ってみれば、時代の最新の海洋関係の科学の成果をちりばめた、海洋旅行記といった趣もある。

上巻は、主人公(?)のフランス人アロナクス教授が「新種のクジラ」と目された物体を追いかけるアメリカ船に乗り込み、結局その物体に乗り込むはめになり、主に太平洋の海中、海底を航海するという話になっている。
カナダ人の銛使いやアロナクスの召使など、明らかな登場人物は極めて少ないが、上記したようにその情報量はかなりある、そんな第1部だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海底二万里 下

2017/06/18 18:44

なんとか読めた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たぬき科マンボウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今にもっと面白くなるのでは、という期待でだらだら長い魚類の描写も我慢して読み終えて、まあ、こんなもんかという感じです。結局大したことは起こらないんですね。書かれた時代が時代だから、海底の描写が詳細だというだけで、当時はとてもアドベンチャーだったのかもしれません。挿絵は版画風なので、趣があってい古典らしいです。なくても良かったけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海底二万里 上

2017/05/30 20:20

表紙の絵がとてもいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たぬき科マンボウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供のころに読みかけて挫折して以来、全然読む気にならなかった名作。でも表紙の絵があまりに素晴らしくて、今更だけど、やっぱり読もうかという気になりました。新訳ということだから、古典作品独特の翻訳の古臭さもないかなと思ったけど、やっぱりありました。「わが敬愛する〇〇よ、」とか「われらが〇〇は」といった、思わず引いてしまうカビ臭い訳文が随所に。せっかくの新訳なのに、もっと現代風に訳せなかったのかと残念。文字は大きめなので、読みやすいですけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海底二万里 下

2014/02/05 17:35

まあ・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄緑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻、下巻ともに感じたのは、やはり注釈が多い!!
こんなに注釈があると、スラスラ読みたい人にとってはちょっと大変かもです。
同じヴェルヌの15少年漂流記はとても面白く、一日で読み終えてしまいましたが(ページ数が少ないのもあるが・・・)これは1週間はかかります・・・・

しかし、内容と展開、描写としてはその状況が伝わってきます。また当時の時代背景をうかがえるところなどがあり面白かったです。

海の中で過ごすというのはやっぱりロマンがありますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。