サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

教育改革の幻想 みんなのレビュー

  • 苅谷剛彦 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本教育改革の幻想

2006/03/15 22:42

「ゆとり教育」とは何だったのか

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ゆとり教育」をめぐる教育改革論議も一段落したようであるが、一連の論議の中で最も冷静に状況を分析し、問題点を明確にし、その結果を精確に予測した本である。感情論に走らず、統計資料をていねいに追うことで、階層化社会の到来をいちはやく予言している。

 格差を広げる要因はいまや、親の収入・学歴だけでなく、住んでいる地域も関係する。私に手元にある資料では、2006年度大学入試センター試験の平均点上位50位内に、公立高校は(国立は除く)たった6校になってしまった。東大合格者数は地方の公立進学高はまだ頑張っているが、都市部では公立高校は壊滅状況である。これでは、生まれや育ちに関わりなく、有能な人材を発掘し育てるシステムの崩壊であり、国全体が活気を失うことになるだろう。

 筆者は他にも『岩波講座 9 教育の政治経済学』、『大衆教育社会のゆくえ』や『教育の地殻変動』(2006年3月現在『大学新聞』に連載中)など、どれも正鵠を射た論を展開している。アメリカが失敗した「カフェテリア教育」にならった「ゆとり教育」の失敗がほぼ明らかになってきているが、私が思うに、問題は文部科学省が正式に失敗を認めないことに加え、目先をそらすためにか、またアメリカに追従して「キャリア教育」を導入・推進しようとしていることだ。失敗を認めないかぎり、改善は望めない。大本営と同じでウソにウソを重ねていくうちに取り返しのつかない事態になる。先の大戦がどうなかったか、文部科学官僚は思い致すべきだ。

 多くの論者が言っているように、職業選択では「自分が何をしたいか」ではなく「自分は他人のために何ができるか」が大切であるのに、現教育課程で興味・関心に重点を置いたため、公教育現場で自分創り指導ではなく、自分探し指導が始まってしまった。基礎学力をつけないで何がしたいだけ問うても、答えなど出ない。

 結果、文科省は「ゆとり教育」で中高一貫私立や塾、受験産業を儲けさせた。それが供給過剰となってきたので、「キャリア教育」の名のもとに情報産業に新たな市場を与えようとしているとしか思えない。

 フランスの歴史家ミシュレの言葉にもあるように、「政治の第一課は何か。教育である。第二課は。教育である。そして第三課はと言えば、やはり教育である。」そして、教育は「国家百年の計」とも言われる。このことを、政治家並びに官僚はよく心に留めておいてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本教育改革の幻想

2002/01/31 11:30

教育を「飲み屋談義」から救済しよう

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小田中直樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 教育改革をめぐる論議が盛んだ。でも、教育に関わる各種審議会(教育改革国民会議、中央教育審議会、教育課程審議会)や文部科学省は教育の専門家のはずだから、彼(女)が構想する改革は「改善」をもたらすはずなのに、問題がなくならないのはなぜか。

 そんなことを感じてる人にとって、これは必読の一冊だ。この本は、なぜ僕らが「教育改革」って言葉に弱いのか、いま進んでる教育改革の問題点は何か、僕らはどうすればいいのか、といった問題を論じるのだから。具体的には、現在進行中の教育改革の基本理念を、ゆとり、子供の主体性や意欲や個性を尊重する「新しい学力観」、この二点で捉えたうえで、次のような問題が検討されてる。今までの教育ではゆとりがなかったか。ゆとりの時間は何に使われているか。子供の主体性と意欲と個性をイコールで結んでいいか。

 この本のメリットは次の二点。

 第一、これまでの教育改革に欠けてた「政策評価」、つまり成果を具体的に検証するって観点を取り入れたこと。そして、歴史的な経験とか具体的なデータにもとづいて、これまで実行された教育改革を評価しようと試みたこと。それによってこの本は、「教育はこうあるべきだ」っていう、たしかに必要だけど、下手すると単なる印象論に終わってしまう理想論を離れ、クールにリアルに教育を論じることに成功した。

 しかも、僕らの常識を覆す事実を、この本は次々に明らかにする。たとえば、授業時間を減らしても、テレビとゲームの時間が増えただけだし、とくに勉強しない子供がますます勉強しなくなった。教育内容を減らしても、子供の理解度や学習意欲は上がってない。「新しい学力観」は基本的知識を軽視し、「学ばない主体性」(一九〇頁)をもたらす危険がある、云々。たしかにこういった現場の実態を無視して進められる改革論議は不毛であり、ただの「飲み屋談義」であり、さらには危険でさえあるだろう。

 第二、教育改革を論じるときには、「子供」を大雑把にくくって考えるのではなく、勉強できる子供とできない子供、金持ちの子供と貧乏な子供、といった「階層間格差の視点」(九二頁)が大切だって教えてくれたこと。たしかに各々の子供の背景に応じて教育の機能は変化するはずだから、教育改革はもう少し繊細に論じる必要があるだろう。

 この本のデメリットは次の二点。

 第一、教育改革が進んでるけど成果が出ない原因は「改革の不徹底」か「誤った前提」かという論争について、苅谷さんは「生産的とはいえない」(三七頁)って言いながらも、どちらかといえば「誤った前提」派に近い立場を採る。でも、この本を読んでも「改革の不徹底」派の主張を否定する根拠はみつからない。政策評価と、改革を進めるか否かについての意思決定との間には、もう一つ理屈をはさむことが必要らしい。

 第二、学力と学校外学習時間の関係をめぐる苅谷さんの分析(一二四〜八頁)には疑問が残る。つまり、「できる子」と「できない子」の学習時間の減り方を比べるときは、減った量に差はないのに、減った割合にもとづいて「できない子が勉強しなくなった」って主張する。「まったく勉強しない」子供の増え方を比べるときは、増えた割合に差はないのに、増えた量(ポイント)にもとづいて「できない子が勉強しなくなった」って主張する。これは「結論先にありき」って感じで、いかがなものか。

 教育は誰にとっても身近なので、誰でも一家言ある、とよく言われる。しかも大抵の人は教育、とくに受験競争の敗者だから、教育を改革しようって声に弱い。でも、僕らもクールでリアルに教育を論じたいものだ。[ご意見はここに]

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本教育改革の幻想

2016/05/09 08:25

2000年代初期の我が国の一大教育改革を批判的に見た良書!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、2001年出版で今となっては少し古い印象はぬぐえません。本書は、当時「よとり教育」、「児童中心主義教育」をモットーに、これまでの詰め込み型教育を改善していこうという政府の改革論を批判的に考察した良書です。当時、改革論者によって言われた「自ら学び、考える力を育てる」という哲学は、本来の意味ではとても素晴らしい方向なのですが、それが改革論者によってかなりゆがめられて理解、認識され、その歪みがそのまま実際の教育改革につながっていったと筆者は言います。当時、教育論争まで巻き起こした一大出来事を、再度、振り返る意味でも本書は貴重なものと言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本教育改革の幻想

2004/08/22 02:56

「ゆとり」,ゆとられ,ゆとられず

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の論旨は,これまでの教育改革の前提って幻想だ,ってこと。つまり,「詰め込み教育」で時間がなく,生徒たちの性格が歪になったとか,「ゆとり教育」による子供たちの自主性を重んじれば,「考える力」「生きる力」が養われるとかいうスローガンが,統計的に裏付けられないってことだ。

教育学素人の経済学部卒の私から見ると,教育関係業界では,統計的な裏付けもないまま,政府の改革やら研究者らの評価やらが行われてきたのかなぁという印象。もちろん,教育“社会学”者の著者は,それを「幻想」と呼んで,自説を統計的に裏付けている。(といっても,依拠する統計はしょぼいです。この事実自体が深刻な現実です。)

著者が明らかにしたことは,まず第一に,70年代まではたしかに大学(や高校)は「入学難」であったが,80年代以降,とりわけ90年代になってからは,少子化傾向が顕在化する一方で(需要の減退),大学が量産され(供給の増大),「入学難」なる問題は,改善された。第二に,激烈な(はずの)受験は,「入学難」の時代でさえ,必ずしも受験生たちの,たとえば睡眠時間の削減には結びついてはいなかった。第三に,「ゆとりの教育」は,学習離れを低学年・低学力層において引き起こした。第四に,当時の教育政策の最高責任者だった有馬(元文部大臣)が,所期の目的とは違うように実践されてしまったということ,第五に,現場で働く教員たちにまで通達できないまま,しかも実効的拘束力がないまま,政策が発動されたために,「ゆとり」ではなく放置・放任が教室を席巻したということが指摘されている。もちろん指摘はほかにもある。

本書に欠落しているのは,では,文部科学省の「ゆとり教育」政策で潤った産業分野がなかったのか?という問題意識だ。たとえば,塾・予備校はこれで販路を拡大したに違いない。教員どもは手抜き教育の口実を与えられたに違いない。低学年・低学力層は,テレビゲームのいいお客になったに違いない。政府政策は,大概が,関係諸団体を潤すように施行されている。国民の福祉を考えて施行されていると信じているとすれば,認識年齢は大学入学資格を満たしていない。彼らは新政策を打ち出して,たとえば新しい天下り先を創出する正当な根拠にしてしまう。

個人的見解を言わせてもらえば,なによりも教員の質(学力)の向上が優先されるべきだ。高三を担当していて大学入試問題が九割五分以上解けないようでは,教員の資格はない。昨今話題となっている教員免許の更新制も実効あらしめるべきだ。そもそも,どの大学でも何故に教育学部は偏差値が低いのだ? 教員養成を専門とする教育大学など,なぜに低偏差値大学が多いのだ? この事実をどう解釈すればいいのだ? 文部科学省をはじめとして,子供を馬鹿にしてはいけない。連中は未成熟な大人なのだ。後生畏るべし。アンファン・テリブル。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本教育改革の幻想

2002/04/19 11:52

教育論議の不毛

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

教育論議は常に二兎を追う話となり、あちらを立てればこちらが
たたずということになるから判らなくなる。人間の資質に格差が
あることをきちんと認め、また家庭環境により格差があることを
きちんと認め、資質があって家庭も教育熱心な子はそれに合わせて
どんどん伸ばすことを認めようということにしないから話が
ややこしくなる。もはや人間一律平等という「偽善」「ウソ」は
成り立たない。格差を容認し、個体差・家庭差を前提として
それぞれの階層にあった別コースの教育を考える時がきた。
父親が日本経済新聞を読んでいる家庭と、朝からヌード写真付き
のスポーツ新聞しか読まない父親の家庭とで子供が同じに育つ
と考える方がおかしいのだ。出来る子はどんどん伸ばし、ノーベル賞
を目指すよう徹底的に仕込む。出来ない坊主はせいぜい曲がった
人間に育たないよう、また中国人との競争に負けないよう
読み書きソロバンの最低限を覚えさせるようにする。それで
良いのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本教育改革の幻想

2002/02/19 01:41

理想が幻想と化して無批判にならないために必要な視点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 専門書ながら非常に良く売れている『知的複眼思考法』や『階層化日本と教育危機』など、近年注目作を立て続けに発表している教育社会学者による、待望の新書書き下ろし。戦後の日本社会でたえず重要視されてきた教育改革をめぐる卓抜な論考であり、これまでの改革の理想と現実を冷静に分析。近年とみに叫ばれている教育危機や学力低下論争と向き合うための新たな視座を提示した。「今の教育はまずい」とちまたでは聞くけれど、何が「まずい」のか。そもそも「今の教育」とはどのようなものか。数多くの統計データや、学校の現場の声、官僚の声を拾いながら、「ゆとり教育」「子ども中心主義」の理念の盲点を洗い、改革を前進させるための基本的認識のありようを丁寧に探る。幻想を批判することは改革に抵抗することではないし、「子ども中心主義」の再検討は実際は大人中心主義の見直しなのだ。教育の難しさに無関心でいることの危うさを教えてくれる良書である。

※教育を考えなおす→佐藤学編『教育本44』、藤田英典ほか編『変動社会のなかの教育・知識・権力』、東京大学教養学部進学情報センター運営委員会編『大学で学ぶということ』

人文・社会・ノンフィクションレジ前コーナー2月5日分より

(小林浩/人文書コーディネーター・「本」のメルマガ編集同人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本教育改革の幻想

2002/01/26 21:33

理想と現実の実態を斬る!(帯コピー・目次)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ゆとり(生きる力)」という光と「詰め込み」という闇の間で揺れ動く「教育の危機」をのりこえる本質的提言

目次

 はじめに 007

第1章 教育の制度疲労 011
 1 政策担当者の問題把握 017
 2 これまでの教育改革の成果 025
 3 診断と処方箋 037
第2章 「ゆとり」と「新しい学力観」「生きる力」の教育 041
 1 「ゆとり」をめざす教育の問題認識 043
 2 「新しい学力観」と「生きる力」の教育 055
 3 「新しい学力観」の問題点と教育課程審議会 064
第3章 「ゆとり」のゆくえ——学習時間の戦後小史 083
 1 子どもの「ゆとり」は奪われてきたのか 086
 2 「勉強の時代」の復活——勉強のしすぎはゆとりを奪ったのか 095
 3 学習時間の変遷 118
 4 ゆとりはどこへ——高校生の勉強時間 124
第4章 「子ども中心主義」教育の幻想 137
 1 「ゆとり」と「生きる力」をつなぐ論理 138
 2 「子ども中心主義」の教育 143
 3 制度としての「子ども中心主義」教育 163
第5章 教育改革の幻想を超えて 179
 1 手段を欠いた理想のゆくえ 180
 2 現実と理想のコントラスト
 3 教育改革の幻想から逃れて 205

 あとがき 216
 参考文献 221



苅谷剛彦氏の主な著書
『階層化日本と教育危機 不平等再生産から意欲格差社会へ』有信堂高文社、2001.7 大佛次郎論壇賞奨励賞受賞
『知的複眼思考法』講談社、1996.9

この本に関連するテーマの本
『教育言説の歴史社会学』広田照幸著、名古屋大学出版会、2001.1
『日本人のしつけは衰退したか 「教育する家族」のゆくえ(講談社現代新書 1448)』広田照幸著、講談社、1999.4
『学校的日常を生きぬけ 死なず殺さず殺されず』宮台真司・藤井誠二著、教育史料出版会、1998.4

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。