サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

行政学講義 ──日本官僚制を解剖する みんなのレビュー

  • 金井利之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

混迷極まる現在の政治状況において我々の理解の一助となる(かもしれない)

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

約380頁にわたって、官僚制についての濃密な記述。遊びはない。本格的。自由と平和的共存を求める「個人」を起点に、自治から行政を論じるその矢印の向きが、現状打破の希望になる。壮大にして緻密な金井行政学の体系が示される序章を読んで「ちょっと難しいかな」と思ったが、本論に入ると話が具体的で、痛快で面白く、グイグイ読めてしまう。「米国と行政」の節がすごい。ポツダム宣言受諾は「米日併合」、GHQは「日本総督府」、サンフランシスコ条約も米日関係は「本国」と「自治領土」のまま、他の国々と日本との関係とは違う「一国二制度」…20ページで既存の日米関係論を吹き飛ばす勢い。被治者(民主制、自治制においては統治者でもある)必携。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

基本書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新書としてはかなり分量は多い部類に入りますが、行政の役割や構造などはこれを読めば知識が増え、ニュースなどでも理解できる部分が増えると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

矛盾している。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:express455 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一文一文は、一見、しっかりと記載されているように読めるが、前後の文脈と矛盾している記載が見られる。著者の意見を正当化するレトリックだと感じた。政治と行政の関係を読むだけで内容が矛盾しているのがわかる。
また、国の政治は民主主義による自治に変わったので、地方自治が阻害要因になるという考えが成り立ちうるが、両者は親和するとの命題を立てておきながら、国の地方自治に対する官治と説明したり、きちんと結論を出していない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。