サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

良書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十楽水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「江戸しぐさの正体」で著者を知りました。本書は、江戸しぐさに加えて親学も取り上げ、偽史と疑似科学にもとづく教育論が社会に蔓延する現状を描き、さらに嘘がばれているのにそれらがまかり通る背景にまで論を進めています。
 都合の良い形に教育を変え、都合の良い人間を「作ろう」とする勢力がいて、彼らの陳腐な物言いが一定の支持を得て、社会に根を下ろし広がっているのが現状のようです。嘘も100回言えば真実に近づくのでしょうか。最近はやりの「日本スゴイ」にも感じますが、杜撰なお話が常識かのように社会的に認知されるのは、我々の側にも問題があるのでしょう。陰謀めいたお話は眉唾物です。それこそ「オカルト」扱いでよいと思います。一度読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いびつな教えが広がる現在の教育に警笛を鳴らした書です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、いびつな教えが広がる現在の教育に警笛を鳴らした書です。同書で取り上げられているのは、「江戸しぐさ」と「親学」です。この2つ、あまり耳にされたことのない方々もあられると思います。「江戸しぐさ」とは江戸っ子の行動哲学は素晴らしいと説くもので、他方、「親学」は伝統的な子育てを重視する考え方です。こうした教育を行えば、現代のいじめ問題や発達障害への対応といった問題までが非常に効果的に解決できると説くのです。しかし、これらは明らかに間違っていることが分っています。では、なぜ、こうした考え方が広まるのか。そして人々が受け入れるのか。同書はそうした現在の不思議を検証していきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ノスタルジー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、
-第1章 「江戸しぐさ」とは何か
-第2章 「親学」とは何か
-第3章 親学の社会浸透
-第4章 親学の人脈
-第5章 「江戸しぐさ」「親学」を貫く陰謀論
-第6章 オカルト・ナショナリズムの系譜と教育現場
という構成になっています。

「江戸しぐさ」は以前から知っていましたが、「親学」は本書で初めて知りました。
どちらも、“昔は良かった”という理想主義的なノスタルジーに由来するように思います。「オカルト化」という表現には若干違和感を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。