サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

バンダル・アード=ケナード みんなのレビュー

  • 駒崎 優 著, 駒崎優 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本運命は剣を差し出す 1

2004/02/15 15:14

なぜここで終わる(泣)と多分読んだひとのほとんどが思う

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

だろうな〜。そして、それは多分作者の思うツボなんだろうな〜。
しかし、そう解っていてもやはり面白い。ニ段組のノベルズなのにあっという間にぺろりと読んじゃうくらい。男(それも平均年齢30代ですな)ばかりで華がない!とか思われるむきもあるかもしれませんが、仕方ないよね、戦場なんだから。

表紙向かって左側の黒髪に髭の男性(私がこのノベルズを最初に手に取ったのは、この方のルックスが某三部作映画の登場人物にちょっと似ている気がしたからでした。たは〜)は、お医者様で、察するになかなか腕は良い様なのですが、現在すごい不運な状況で逃亡者と相成っております。そして彼が偶然通りかかった戦場跡で見つけたのが右側の男性で、彼は脚にかなりの傷を負っており、故あって戦場に置いて行かれていたのでした。手当てをするうち、男性が有名な傭兵隊(この傭兵隊の名前が「アード=ケナード」。バンダルというのは「隊」という意味。つまり、タイトルロールはこの傭兵隊な訳ですね)の隊長であることを知り、彼を護衛に雇うことにするのですが、二人にはそれぞれ別の追っ手がそれも複数かかっていて…というのが、この物語の出発点です。

「運命は剣を差し出す」という第1話は3冊出るそうなので、物語はまだまだ序章といった感じです。バンダル・アード=ケナードなんて、まだ実物には一度もお目にかかっておりません。傭兵隊長さんの追っ手のほうは、目的とかいろいろと不明なことも多いし、挙句にこの1巻目のラストでは、片方が絶体絶命の大ピンチ!と、これでもかと続く波乱の波状攻撃にすっかり参ってしまいました。
知りたいことがてんこ盛りです。
負傷中の傭兵隊長さんの護衛を勤める白い雌狼さんの真のご主人(バンダル・アード=ケナードの隊員さんだそうです)はどんなひとなんだろう…とか。
お医者様はどうして剣が使えるんだろう…とか。
他にもいろいろ、もう、続きはいつ出るんだ〜と、床をゴロゴロしたいくらい。

あまりにも「序章」なので、★は四つにさせていただきましたが、ほんとにとても面白いです。物語の展開の妙や破綻のない筆致、登場人物も魅力的です。そして作品上重要な位置を占めるであろう戦闘シーンの描写も見事です。傭兵隊長さんが自分の傭兵隊になかなか合流できないため、この巻ではあくまでまだ個人レベルの戦闘ですが、これが傭兵隊の戦いぶりになったらどうなるのだろうと、かなり期待してしまいます。

面白いから読んでみなよ〜とひとに薦めて、そのひとが「はやく続き〜」とゴロゴロするのを見てうひひと悦に入る。いまなら、もれなくそういう愉しみも付いてくること請け合いッス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本よき群れより放たれ

2016/10/13 22:34

ダルウィンの巻

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回注目の隊員はダルウィン!陽気で料理が上手くてシャリースの
幼馴染。もっと早くに取り上げてくれても良かったのに、と思う。
その彼が死体となって発見される!?苦悩するシャリースが痛々しい。
そしてマドゥ・アリはそんなシャリースを心配げに見つめ・・。なんていう場面はなかったんですけどね!マドゥ・アリも好きなキャラなので
行間を読んでしまうのでした。
1巻でちゃんと解決しました。さすがです。
好きなシリーズなので、また何年かかろうと次の新刊を待ちます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本よき群れより放たれ

2016/09/26 17:20

ものすっごく久しぶりっ!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:仔猫のあくび - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ってました!というか、期待せずでも希望は持ちつつ、半ば諦めモードでいました~
だって4年ぶりの新刊ですよ?!
遅筆だとは知ってますが、さすがにヒドイ・・・

今回は、隊長シャリースの幼馴染であり相棒ともいえるダルウィンが、突然の失踪?!
ダルウィン不在のまま、アード=ケナード隊は依頼主の意向に沿って動き出す。
最初は楽観視していたシャリースをはじめとする仲間たちだったが、時間が経つに
つれ不穏な兆候の情報ばかりが舞い込みます。
はたして、この不可解な事件の真相は・・・
帯に『さらば傭兵たち!』なんて文字が躍っていて、ビックリです!
もしや、バンダル解散か??なんて心配しましたが、詳しくは作者あとがきを読めば
解ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。