サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

天盆 みんなのレビュー

  • 王城夕紀 著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本天盆

2017/11/13 12:11

天盆に魅せられた少年と家族の繋がりに関する物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とある小さな国において盛んな天盆という駒を使った架空の遊戯に関するお話です。将棋や囲碁に近いものがありますが、定石にとらわれない一つの世界観を持つ天盆に魅せられた多数の人たちが勝負に笑い涙し、成長し挫折を繰返しながら、最終的に一人の少年の対局に固唾を呑んで見守るようになります。小さな盤の勝負に魅了される国の人たちの心のゆがみや葛藤、そして天盆に愛された天賦の才を持つ少年とその家族の絆を手に取るように感じることが出来ます。物語にあっという間に引き込まれた本に出合えたのは久々でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天盆

2019/07/26 00:38

“すべての駒に、意味がある”

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ryohei - この投稿者のレビュー一覧を見る

王城夕紀さんは、人物の心情の機微を描くのが非常に上手いと改めて思う。天盆という架空の盤上遊戯をモチーフにした本作において、その才能豊かな主人公の凡天よりも兄の二秀と十偉の2人が強く印象に残った。二秀は才能があるものの、頂点には届かない、非常に我々に近い人間らしさを持ち合わせて、その中で「勝つとは何か」に苦悩し、自らの向かう道を見つけていく。十偉は兄妹に比べて劣っていることに苛立ち反発を見せるも、家族の意味を知り、衆駒としての役割を自覚する。若く今を生きる若者の成長だけでなく、家族の愛をも描いた作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天盆

2017/11/09 01:36

王城夕紀の読後感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こちらがデビュー作らしいけれど、
文庫化の速度の関係で、
「青の数学」が既読。

こちらも「青の数学」と構成はほぼ同じ。
ただスケール感が全く違う。

デビュー作にして、
1つの完成系。
それが「天盆」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。