サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

青空と逃げる みんなのレビュー

  • 辻村深月 著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本青空と逃げる

2018/05/08 22:08

辻村さんが母親と男の子の話で最後に泣きたいと題材を珍しく設定された。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『かがみの孤城』で本屋大賞を受賞された辻村さんの最新長編です。夫が巻き込まれた事件により日常が崩壊した妻と息子の逃避行。各地で生まれる物語が丁寧な筆致で綴られます。現実世界では、作中の早苗のように子どもを逃がし、休ませたその後をどうすればいいのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青空と逃げる

2019/01/23 15:50

辻村ワールドに引き込まれました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HEAVEN71 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて人のやさしさに何度もウルウルきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青空と逃げる

2018/04/29 13:53

一気に読んでしまいました

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mameko - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村さんの小説はいつもそうですが、今回も引き込まれて一気に読んでしまいました。
先にあらすじをよんでいたので、ちょっと重そうな内容だな、と買ってすぐに読む気にはなれなかったのですが、読み始めたらどう終着するのかが気になって、やめられなくなってしまい、気が付いたら午前2時でした・・・。
普通の人の生活でも大変なことはたくさんあるのに、それ以上に想像もできないような大変さの中、力くんと早苗さんが成長しながら生きていく様子に、感動と力をもらいました。これから、幸せに生きてほしいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青空と逃げる

2018/05/20 06:46

母と子の逃避行

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

あてどなく彷徨い歩く親子の姿には胸が痛みました。逃避行の先に待ち受けている、僅かな安らぎが感動的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青空と逃げる

2018/09/23 02:44

家族の絆、信じる心

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takashi - この投稿者のレビュー一覧を見る

読売連載。ある深夜の電話が家族の絆を引き裂く。母子の逃避行。そんな中でも確実に逞しく育つ息子。夫への疑念と息子への愛、そして自分と強く戦う母。鍵を握っていたのはやはり二人の愛の証、息子だった。辻村さんにハマったなオレ(;^ω^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青空と逃げる

2018/05/27 23:47

よかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村深月の長編小説ですが、一気に読めました。逃避行の生活にも、ある種の救いがあり、ほっとできる読後感でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青空と逃げる

2019/04/02 17:19

母と息子の対話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

母と息子がの対話が印象的。非日常の中で、思うこと、思ったけど言えなかったり言わなかったりすること、思ったことを伝えることなど、向き合っている感じ。面白かった。中盤、父の話が減って謎解きがなくなり、その土地での生活の話が中心になると、その描写も良かったが、少し退屈だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。