サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

西の善き魔女 みんなのレビュー

  • 荻原規子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

まだまだ、物語は続くと思う。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:魔女の娘たち - この投稿者のレビュー一覧を見る

お転婆な姫君が主人公なんて、よくあるパターンと読み始めたこのシリーズだけど、いい意味で しっかり期待を裏切ってくれました。
悩んで、落ち込んで、結構 苦労人のフィリエルは 愛すべき 主人公です。
世界観が大きく登場人物が丹念に描きこまれている分だけ、女王は、結局誰がなるの?とか ルーンとフィリエルは結婚できるの?とか ルーンの出生の秘密その後は書かないの、なあんて、気になることばかり。
まだまだ今後が楽しみになる そして ファンタジー好きの想像力を書き立てる 外伝第三巻です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本西の善き魔女 5 闇の左手

2001/03/06 16:07

ファンタジー…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Baw - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最終巻。数々の謎と共に、“ファンタジー”という言葉になにか違和感を覚えていた理由が明らかになる。読み終わった時にはちょっと納得したくなかったのだが、始まりがどうであれ、例えこれがファンタジーでもSFでも、この世界はこうして続いていくのだろう、と思って気持ちに決着をつけた。

 西の善き魔女シリーズは、1巻1巻がまったく違う色合いを持っている。それは巻ごとに変わる舞台のせいだけでなく、色々な体験をして主人公(フィリエル)が成長しているからかもしれない。その中で、全ての作品に通じているのは、しぶとい女の力(?!)。女王の国だからなのか…。2巻に出てきた3人組も、いい味を出している。とにかく、楽しくて、読んで損は無いシリーズだった。

 それにしても、このシリーズを男性が読んだらどう思うのか、気になるところではある(あとカバーと挿絵は…私が描きたいくらいだ)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ハズレのないファンタジー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Baw - この投稿者のレビュー一覧を見る

この著者の作品にハズレは無いと信じていたが、読んでみてそれが正しかった事を実感した。正直に言うと、私にとっては装丁やイラストがナンだったため、最初は少し心配だったのだ。

 それにしても、さすがは“ファンタジー"の荻原規子。読み始めるとたちまちこの世界に夢中になってしまった。著者の創り出す世界には、空気や、色彩や、秘密があり、その世界では個性豊かで魅力的な登場人物達が、様々な冒険を繰り広げる。

 まだ物語は始まったばかり。次巻を探しつつ、「自然体で書くと長編になってしまう」という著者の言葉に、思わず喜んでしまうのは私だけではないことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

運命の出会い?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズを読んたのはつい最近なんです。
しかも図書館で(ヤング・アダルトの棚に並んでいた…)。
この外伝だけなくてとりよせてもらいました。
フィリエルとルーンが初めて会うんですね。
ルーンをとある理由で嫌い、フィリエルがとろうとした行動というのは…なかなか開いた口がふさがらないようなモノでしたが、萩原則子の紡ぐ美しい自然の描写と、たどたどしいルーンの様子が痛々しくもほほえましい物語です。本編と違ってこれといったストーリーは無いのですが、私はこの話がすごく好きです。
 私的な話ですが、私にも弟がいるので微妙な腹立たしさというか…なかなか共感できるものがありました。
“フィリエルの髪は太陽みたいに輝く”そう言ったルーンの目を眇める動作が目に浮かぶようです。
 ただ退屈、という人もいるかもしれません。
 駆け引きやストーリーを求める人は外伝2のアデイルの活躍する巻をお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本西の善き魔女 5 闇の左手

2003/07/16 16:24

苦情

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨムヨム - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語は文句なく面白い!! ファンタジーではあるが、結局恋愛小説である。子どもたちが成長し、本当の愛に気がつく。美貌の姫君たち、そして見目麗しい少年騎士。幼なじみ同士の恋。少女漫画そのものの世界ではあるが…。この絵は何なのだ! 怒りさえおぼえてしまう。本読みの小学6年生が私に言った。こんな絵が描いてあったら想像の楽しみが無くなっちゃう、と。本当にその通り。自分の頭の中で登場人物を色々想像するのが本を読む醍醐味というものだろう。こんな安い少女漫画にその楽しみをさえぎられるようではたまらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本西の善き魔女 5 闇の左手

2002/05/21 13:50

登場人物達の成長が嬉しいような寂しいような

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西の善き魔女シリーズの最終刊ですが、一巻のころよりも落ち着いて読めました。
それは物語が最後に近づいているからか、それとも登場人物が成長して無茶な行動をしなくなったからか…。
最初のころは主人公のフィリエルの無茶な行動にはらはらさせられましたが、周りに支えられて成長していくうちに冷静に行動するようになるとこれはこれで寂しい気持ちがしてきました。
荻原先生は登場人物を魅力的に書くのが上手なぁと思っていましが、この作品は先生の他の作品と比べてまた違った持ち味を生かしている気がします。
終わり方は少しSF的・近未来的要素が入っていたので人の好き嫌いが分かれるとは思いますが、きちんと区切りがついたので一巻から読み通していた読者としてはほっとした気持ちです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。