サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

諸葛孔明 みんなのレビュー

  • 陳舜臣 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本諸葛孔明 上巻

2008/10/20 22:01

偉人の条件

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

諸葛孔明 陳舜臣(ちんしゅんしん) 上・下巻 中公文庫

 この作家さんの紹介記事を初めて見たのは、高校生の頃だった。「高2コース」だったか「高2時代」だったか、そんな名称の雑誌のコーナーで読んだことがあります。もう30年以上も前のことです。
 諸葛孔明という人は何をした人だろう。三国志で登場する優秀な戦略の策士という記憶があります。西暦100年ぐらいの出来事です。今まで何冊か読んだ中国の本を含めて、中国の本には、戦記が多いと感じます。中国の国土では常に戦闘が繰り返されていたということが、本のうえでの理解です。現実には違うと思います。田舎はのんびりしていたことでしょう。
 諸葛孔明氏は、大英雄の補佐役になることを目指して、その役割を果たすことに徹していきます。人の話をよく聞く。本を読む。そして、自分の目で現場を見て考える。賢い人です。
 中国の戦(いくさ)の定義が興味深い。戦は怨み(うらみ)をはらすためにするのです。自尊心(プライド)の高さを感じます。これは、日本の昔も同様だったようで、「外国人が見た古き良き昔の日本」内藤誠編著講談社インターナショナルでは、日本人は復讐心が強いと記されていました。いっぽう諸葛孔明は民衆の平穏な生活を得るために戦います。
 命について考えました。もう2000年も前に生きていた人たちの物語ですが、そのなかでもひとりひとりの寿命に長い短いがあります。歴史においては、人の寿命は瞬間でしかない。その瞬間のやりとりが後世へとつながっていきます。
 諸葛孔明にも19歳の頃があった。いままでわたしは彼について、老人のイメージしかありませんでした。三顧の礼(さんこ)では、皇帝劉備元徳が20歳の諸葛孔明を3回訪ねてお願いごとをするのですが、わたしは3回会ったのだと思っていました。1回目は留守、2回目は劉備元徳が訪問するのですが、諸葛孔明が病気であったのであえて会わなかったは知りませんでした。わたしは2回断られて、3回目に承諾を得られたと勘違いしていました。軍事力+知力、国を治めていくために必要なものです。知力を得るためには、大権力者の年配の人でも年齢の若い者に頭を下げる姿が新鮮でした。

 下巻を読み終えましたので感想を続けてみます。
 曹操という人はどの物語でも悪役、敵役(かたきやく)のようなポジション(位置)で不思議です。劉備元徳や諸葛孔明が正義の味方とも思えず、両者ともに同類の似た者同士だったと思うのです。相手を陥れるためには事実でもないことを捏造(ねつぞう)して、相手の落ち度として言いがかりをつけていく。満州事変の発端とか、徳川家が豊臣家にいいがかりをつけた出来事とか、権力争いは醜いものです。そして勝った者が正義なのです。
 どんな英雄でも最後には死にます。死はだれにでもいつか必ず訪れます。三国志とはいうけれど、同じ民族なのですから、国がみっつというよりも地域がみっつという感じがしました。中国史ですが、中国に行ったことがある人、住んでいたことがある人でないと、なかなか文章の内容を把握することができません。日本人には、なじめない部分があります。
 174ページに記述がある言葉「法治国家」はGoodです。人が治めるのではなく、法が治める。諸葛孔明が目指したことです。372ページにある「いい仕事をするためには休養が必要」という趣旨も好きになれる表現です。
 諸葛孔明が目指したのは、戦争がない、平和な国づくりです。民衆が穏やかに生活できる国づくりです。しかし、2000年経ってもその願いはかなっていません。人間が地球上に存在する限りかなわない理想のような気がします。
 下巻391ページになってようやく、魏志倭人伝の卑弥呼が登場してきます。邪馬台国は奈良にあったのか、九州だったのか、興味が湧きました。
 読み終えて見て、制動(ブレーキ)をかけることができる人が偉人だと感じました。悪い方向へ動き出した巨大な力をもつ集団を止めることができる人が、本物のリーダーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本諸葛孔明 下巻

2016/08/02 00:50

秘本三国志よりも人間的な諸葛亮

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

万能の天才という描かれ方でない諸葛亮が良い。
悩みながら理想を求め最大限の努力をする。
だが、結果として・・・。

完結の下巻。重苦しい終盤だが、物語と別れる名残惜しさを
覚える結末が良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本諸葛孔明 上巻

2016/08/05 21:20

陳さん独特の推察による諸葛孔明像

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

陳さんは妄想ではなく、正史の短い記述から、比較的説得力の
ある論拠を示しつつ大胆な仮説を立てるのが得意な人。

その持ち味がよく生きてるのが本書。諸葛亮が何故地方に
いたのに、天下情勢に詳しかったのか。その理由を本書の
物語がなるほどと思わせるような書き方で読者を感心させている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。