サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

バビロンの秘文字 みんなのレビュー

  • 堂場瞬一 著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本バビロンの秘文字 下

2019/06/04 19:28

バビロンの秘文字 下

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

鷹見がやっとの思いで試練をくぐりぬけて里香に会うことができたら里香がラガーンの文化に恋をしてしまいフラれてしまうという展開でした。会えそうで会えない恋愛物語の昔のパターンのようでした。これだけ長い話だったので最後はハッピーエンドでも良い気がしました。もし映画になるようなことになればハッピーエンドにしてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バビロンの秘文字 上

2019/03/12 09:18

スケールが大きい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったです。民族や国の存在意義を考えさせられる小説となっているところが作者の意図か。
鷹見の行動範囲の大きさとスピードがしっかり描写されていてなんだか「ほんまかいな」なんて思って読んでたところもあり、その点を言えばちょっと出来すぎという感じもした。でもバビロン文書の謎解きもあり流石に面白く構成されていて登場人物の多彩さとも相まって飽きさせなかった。
 ただどうも里香の意固地なほどのラガーン人に対する執着には僕は違和感と異常感を覚えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バビロンの秘文字 上

2019/07/07 19:10

バビロンの秘文字 上

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み応え十分ですね。ストックホルム、イラン、ニューヨーク、コペンハーゲンすごいですね。紀元前4500年前の秘文字の解釈が今後下巻で重要な点になるのでしょう。主人公の恋人も謎の女性です。純粋な言語研究者でしょうか。生きているのでしょうか。謎は深まりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バビロンの秘文字 下

2019/07/11 19:45

バビロンの秘文字 下

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

またまた新たな登場人物の登場です。19歳の数学天才少女は面白いキャラクターでした。まさにヒロインですね。突拍子のない展開なのかな。あまりドキドキしませんでした。現実としてあり得るるのでしょう。やや真実味があるのかが頭の片隅にあり、読み終わりが遅れました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バビロンの秘文字 2 追跡篇

2016/06/05 14:40

続きがあったんだ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

残りページは少なくなっていくし、話は一向に解決に向かっていない。
続きがあって安心しました。
ラガーン建国という歴史的にも世界の政情にも影響があるスケール感のあるストーリーだが、何故建国が必然なのか、読者を納得させられる理由がきちんと用意されているのか?
これからの展開に期待したい。
いつの時代も自国の利益を追求するために動くアメリカ、ロシアの思惑は?
タブレットにはそんなに重要な秘密があるのか?
最後、ちゃんと納得させて下さい。
3冊も読んで良かったと思いたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バビロンの秘文字 1 胎動篇

2016/05/25 21:15

世界を舞台にしたアクション小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

亡国の民ラガーンが復活を目指し「粘土版」を追い掛けるアクション小説。
研究者の里香と恋人のカメラマン鷹見がラガーン達に「粘土版」を追われ鬼気迫る。世界を舞台にしたアクション小説で期待値hが高いが、仕掛けをもう少し念入りに書いて欲しかった。
下巻に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バビロンの秘文字 3 激突篇

2016/07/07 20:02

話は大きいが小説は小さい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

4500年を経てラガーンの再興という壮大なストーリーは凄い。
建国の正当性を証明するタブレットを争って、爆破事件があり、殺人もあり、アメリカやロシアが争うストーリーも凄い。

しかし、残念ながら小説のスケールが小さい。
全3巻を読み通したが、最後は二人のよく分からない別離でエンド。
里香は結局なんだったの?
鷹見は里香のために命を投げうって活躍したけど、そんな強い絆があったとは読み取れませんでした。
中央公論新社創業130年記念作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。