サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

優しい煉獄 みんなのレビュー

  • 森岡浩之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本地獄で見る夢

2016/04/07 23:15

サイバーパンク?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Zero - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり、電脳世界だけの話というのは、リアリティが感じられない。リアルワールドに電脳世界の死者達の魂が蘇る的な展開のほうが好み。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本優しい煉獄

2017/04/26 16:49

実にシビア

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

優しさで作られている世界のはずなのに 金の切れ目がなんとやらの実に厳しい世界。森岡作品らしい皮肉の効いた物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本優しい煉獄

2016/02/13 22:23

この世が「あの世」であの世が「この世」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

仮想世界ものではありますが他の作品と違うのは、主人公が生物学的にはもう死んでいるコト。本人もその事は理解していて現実世界を「あの世」と呼ぶ。彼は現実世界で人生を全うしVRNWSという仮想世界の昭和末期を模した下部世界で第二の人生を生きているのだが、地獄の沙汰も金次第と言うことで「この世」もダダで生きていくという事は出来ない。金を払わないとデータ維持が出来ず消されてしまうのだ。生前金持ちではなかった主人公も結局働かねばならず、探偵業を始めるのであるが当初は犯罪が起きない(起こせない)世界で苦戦する。

面白いのは最初は何も出来ない世界がバージョンアップして行き、昨日出来なかった事が今日出来る様になる。例えばモノが冷めるだとか汚れるだとか腐るとか。笑ってしまうのが構築されている世界にリアルを持ち込もうとする程に不便になって行くという矛盾。そして遂に犯罪が可能になる日が来て探偵業が忙しくなってくる。

物語的には探偵モノですがはっきり言ってハードボイルドでもシリアスでもない。内容はかなりユルい話が多いので推理やアクションを期待してもダメ。本作は仮想世界に住む主人公たちが日々世界が変容していく中で如何に過ごしているかを追った話であり、VRNWSという仮想世界そのものを楽しむ作品。そしてインターネットがないとか、スマホがないとか、阪神が優勝するとか、昭和という、つい数十年前の事なのにこんなにも変わってしまったのかというギャップを痛感する不思議な小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本地獄で見る夢

2015/12/29 17:00

オールウェイズ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画の「オールウェイズ」を思わせるような、昭和のテイストをぷんぷん漂わせた探偵小説。
 しかし、主人公は死んだ人間の意識を走らせるだけのAI。
 しかも、死んでなお金に支配される死後の生(?)を余儀なくされているとは。ただ救いなのは、その主人公にまったく悲壮感がないこと。
 なんくるないさ~って感じの脳天気なおっさんが非常にほほえましい。(おっさんには似合わんが)

 死んでも腹は減る。しかもそれが「金払え」のサインだとは悲しいが。この主人公、とびきり美人のライバル探偵に尻を叩かれたり、若造の(女の子だけど)助手に振り回されたり、どうも女難の相が出ている。
 死んでるので、エロチックな場面は出てこないが、ハードボイルドとは全く縁もなく、地味な捜査をするのがまた悲哀があっていい。
 単品ではちょっと物足りないので、ぜひ正編である「優しい煉獄」と併せて読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本優しい煉獄

2015/12/28 00:06

クスっと笑っちゃう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう、肩肘張らずに読める、小咄を集めた本は良いよね。
 すでに死んじゃった人の(人じゃないか、AIか)話だから、現世を「あの世」、電脳世界を「この世」と呼ぶのが面白い。
 喫茶店のマスターが、実は若い女の子だったとは驚きです。その他の脇役たちもなかなか良い味を出してます。

 だらーっとした、緊迫感のない町の雰囲気。古き良き昭和の雰囲気を出すために、わざわざ手間暇かけて、世の中を不便にするってのがまたいい。
 あろうことか犯罪を導入するってのも、「そこまでやる」って感じで楽しめた。そりゃ、金さえあれば、永遠に生きていけるんだもんな。時間だけはあるんだが、刺激のない毎日じゃ退屈もするわなあ。

 何で探偵なんて選んだのかね。松田優作になりたかったのかね。薬師丸ひろ子の「探偵物語」を思い出しましたよ。よかったよあの映画。
 てなわけで、厚めな本だけど、気軽に読んで下さい。クスっと笑えるところが何カ所もあります。それだけでもめっけもんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。