サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

真相 みんなのレビュー

  • 横山秀夫
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本真相

2017/09/27 07:48

知らなければよかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まんだかず - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察小説とは違うサスペンスともいえる短編集。

息子を殺した犯人が捕まった。
しかし犯人が口にした言葉は意外なものだった。
「真相」

あの18ホールには秘密がある。
すべてをかけてその村の村長選挙に立候補したが。
「18ホール」

リストラされで試薬のバイトで眠れなくなった男が
徘徊し早朝に見たものは。「不眠」

学生時代、空手部の合宿で一人が死んだ。
10年以上経ち、その母親から集まって真相を話してほしい
、と連絡が。「花輪の海」

服役を終えた夫とその妻は過去の犯した罪を暴かれ行き場所を失う。
そこへ養子縁組と家の提供話が舞い込む。
「他人の家」

どれもオチが気になる物語ばかり。
そのなかでも「18ホール」は印象的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真相

2013/11/29 00:05

真相を知る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka - この投稿者のレビュー一覧を見る

事件の真相に隠された秘密。
人間の表の顔と裏の顔。
知れば知るほど怖くなります・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真相

2006/11/05 21:22

非警察小説の短編集だが、横山秀夫の本領が発揮されているとはいえない

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 横山秀夫の短編集である。『動機』、『第三の時効』などとは異なって、警察小説の短編集ではない。いつもいつも警察小説では読者の飽きが来ることを見透かしたように、変化を持たせたのであろうか。
 真相というキーワードで選択された5編が収められている。とはいっても、必ずしもタイトルの『真相』が直ちにモチーフになっているかどうかは読んでみても明瞭になっているわけではない。警察小説で読者に固定ファンを築き上げてきた横山ではあるが、それに比較すると警察小説ほどリアル感は出てこない。
 リアル感がないというのは、それだけ現実感がないということである。それはそれで横山の新しい境地が開拓されたものだと考える。冒頭に掲載されている『真相』はそれなりに現実感があって、主人公が真相にもてあそばれる情景を描いている。2編目の『18番ホール』は村長選挙に出馬した県職員が主人公だが、以前発生した問題が選挙を前にして顕になりそうになったところから、カタストロフィへと向かう。
 『不眠』はサラリーマン人生から逸れてしまった主人公が遭遇する種々の難事を描くが、次の『花輪の海』といい、この辺りから現実感が遠のいていく。最後の『他人の家』は過去の犯罪歴が主人公の人生の行く手を阻むが、ストーリーの展開は飽きさせることがない。意外性が読者を楽しませてくれる。
 小説なので、主人公の背景や職業なども多様で結構なのだが、横山の本領が発揮されているとは言い難い。以前の評判になった小説を読んでいる者にとっては余計に焦燥感がある。いずれも意外性はエンターテイメントの源泉であるし、『真相』、『18番ホール』、『他人の家』は西洋の伝統的な探偵小説を読んでいるようで、楽しませてくれることは間違いない。読む価値は十分あると思うのだが、横山秀夫独特の切れ味が感じられなかったのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真相

2006/11/29 10:47

横山作品の「迫力」、そのもの。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

横山作品はどれもそうだけど、「迫力」がものすごい。言うまでも無くそれはハリウッド的なドカーンボカーンな迫力では無く、ぐぐぐと読み手に迫り来る感じ。圧力、と言ってもいいかもしれない。とにかくその力が、ハンパでは無いのだ。派手なアクションがあるわけでもカーチェイスや逃走劇があるわけでもないのだけど、まるで万力のようにじりじりと読み手の心を締め上げ、圧していく。
本作品は短編集である。しかしだからと言って長編と比してその迫力が劣るかと言えば、それは全く杞憂であり、いや全く逆であるとさえ言えるかもしれない。ヘビー級ボクサーのような重たいパンチが、ライト級なみのスピードとテンポでこちらの胸・・・いや心臓を打ってくる。読後のこの息切れ動悸と倦怠感はどうだ。さすがさすがである。
どの作品にも、もちろん事件が発生する。だがどの主要登場人物を取っても、悪意、が存在しない。「愛する物を守りたい」ただその一存からの、未必の故意。そんな物語である。そして事件の「真相」は奥の奥、表面からは見えないところに隠されている。
そう読者の予想だにつかない死角から、トンでも無いパンチが飛んでくるのだ。それが横山作品の醍醐味であり、迫力である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真相

2017/10/28 18:41

表と裏の5編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

一見すると平凡な事件に隠されている、秘密に驚かされました。それぞれの立場から真相を追い求めていくところが良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真相

2010/10/17 15:22

知らないほうがしあわせ? 物事の「真相」。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

横山秀夫といえば警察小説――そんなイメージがある。組織内抗争だとか派閥争いだとかいったテーマは苦手なので、警察小説にはあまり惹かれない。加えて、横山秀夫の作風は「娯楽」として本を読んでいるわたしには重厚すぎて楽しめない。

しかし…ブロトモさんが楽しそうにご紹介されていると、苦手だとわかっていても手に取りたくなってしまう。ブログとは楽しくもあり実に恐ろしいものでもある(しみじみ)。

本書には5編の短編が収められている。そのどれもに――表題作の『真相』のタイトル通り――ある事件の奥に隠された「真相」が描かれている。

この「真相」が実に後味が悪い。「後味が悪い」とは決して貶(けな)しているのではなく、単なる事実である。

世の中には、知らなくて済むならば知らないでいたほうがよいこともある。「真相」を知ってしまったがために、今度はその「真相」から目をそむけたくなる。

そして本書の主人公たちは、知らなくてもよい「真相」を知ってしまったが故に、余計な哀しみややるせなさ、あるいは恐怖を怯え背負うことになる。

この後味の悪さがとてもいい(=読み物として楽しい、との意味)。しかし裏表紙にあるように「人間の心理・心情」が描かれているので、各編の内容が妙に生々しく気が滅入りそうにもなったのだけれど。

こういう横山作品ならば、もっと読んでみたいっ!!!と思う。



『真相』収録作品
・真相
・18番ホール
・不眠
・花輪の海
・他人の家

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真相

2015/08/07 08:11

警察小説ではない作品が読んでみたい貴方へ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

横山氏といえば警察小説。それは間違いない。
でも、どうしても、ちょっと違うジャンルも読んでみたい貴方への1冊。

個人的感想
う~ん・・・。やはり警察小説のほうが数倍いいね・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。