サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

方舟は冬の国へ みんなのレビュー

  • 西澤保彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本方舟は冬の国へ

2018/02/10 08:31

あったかいストーリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご存知『7回死んだ男』など一風変わったミステリーが得意の西澤さんの作品。今回は全く見ず知らずの男女が、高額の報酬と引き換えに24時間監視されている別荘で、これも知らない子どもと一緒に、1か月間普通の家族のように過ごすというストーリー。ところが過ごしていくうちに。。。これを読むとやっぱり子どもの存在って家族には大きいんや、と改めて思い知らされます。タイトルの裏に隠されている意味も含め、希望が持てる終わり方でよかったです!なんだか全体的にあったかい話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本方舟は冬の国へ

2016/08/24 21:03

心配していた最後が明るい兆しで良かった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ai - この投稿者のレビュー一覧を見る

しかし、現実にはストーリーの最後のようにするには無理があるだろうなぁと思うがそこまで考えてはいけないのだろう^^;
話自体の成り行きはそうだろうなぁというままな部分もあるが、謎の隣の男などの部分は謎解きといえる切ないラブストーリーのような感じ。
お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本方舟は冬の国へ

2018/09/18 09:03

SF?ファンタジー?ミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで私が読んだことのある西澤保彦氏の作品とは趣の違った一冊でした。
ミステリなのかSFなのかファンタジーなのか、
色々な要素を持った作品でその辺りは読み手が自由に解釈すれば良いのでしょうね。

最後まで読んでも?のままな事が多々ありますが、
中でも「冬の国」と言うのが何を表しているのかわかりませんでした。
なんとはなしにハッピーエンドらしいのではと思えるので
それでもまぁ良いかとも読み終えた今は思っています。


捕らえどころのないと言うかテーマが分かり辛い作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。