サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ヴェルーヴェン警部 みんなのレビュー

  • ピエール・ルメートル, 橘明美・訳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー108件

みんなの評価4.1

評価内訳

108 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍その女アレックス

2015/02/14 12:16

とにかく読んでみて。

20人中、15人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

アレックスに会いたい。

読後そう思いました。私はミステリは読みません。タイトルに魅了されました。内容は言えません。ひとかけらも。本格的なミステリ好きな方には意見が分かれるところだとは思いますが、1人の女として、私はこの物語が好きです。読後も心のどこかで引っかかって仕方ありません。
アレックスに会いたいです。アレックスに会ってどうしたいかも言えません。でも読まれた方にはわかると思います。ぜひ一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悲しみのイレーヌ

2015/11/15 01:16

この邦題はいかがなものか?

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

Travail Soigne  Pierre Lemaitre

「その女アレックス」が大ヒットした作者のデビュー作です。

第4作目にあたる「その女アレックス」が売れ過ぎたので、

編集者か出版社が無理してこの邦題をつけた気がします。

残念ながらフランス語はわからないので、

原題の意味もわからないのですが、

アレックスを先に読んでいるとまだ許されるかもしれませんが、

この邦題はこの本を読む楽しみを幾ばくか損なっていると思います。

私自身はこの作品も方がアレックスよりも面白いと思いました。

登場人物も描き方も細やかで個性が際立っていますし、

物語のテンポというか流れが気持ちよいほどでした。

ミステリーのしての仕掛けもこちらの方が好みです。

おせっかいでしょうが、ルメートルを読みはじめるなら

本作からフランスでの出版順に読まれることをお勧めします。

色々不満ぽいこと書きましたが、

それでもこれも本作が素晴らしく面白い作品だったからこそ感じたものです。

ミステリー好きな方ならなおさらお勧めします、

いいですよ、これ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本その女アレックス

2015/02/01 11:34

面白い

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たつちち - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後、必ず誰かに勧めると思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本その女アレックス

2015/01/25 11:04

大賞、間違いない!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨンデリーヌ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーのジャンルで、
「手法の、こんなの展開しかたがあったのか」
「モチーフの、こんな活かし方があったのか」

と、胸に迫るだけでなく、
驚きに満ちた読後を提供してくれた、忘れがたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悲しみのイレーヌ

2016/01/17 00:13

良さを説明するのが難しい作品です。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作はカミーユ警部シリーズ1作目(先に日本に上陸した「その女アレックス」は2作目)です。「アレックス」同様に、カミーユ・ルイ・アルマンの刑事トリオが事件捜査の中でそれぞれ個性を発揮していて、二転三転する事件の展開についていくのがすごく楽しいです。

事件が終盤に近付くと、悲惨すぎる結末がなんとなく想像できる(実は伏線は中盤にちゃんと仕掛けてある)から、そこから先は本当にページをめくるのが辛くなります。「アレックス」は終盤に大技を仕掛けて読者を驚かせる作品ですが、「イレーヌ」は残酷すぎる結末へとじわじわ読者を追い込んでいく作品という印象です。

ネタバレになるから、いかに綺麗に伏線が張られているのかは説明できないのがもどかしい…w しかし伏線の張り方・際立ったキャラクター・日本の小説にはないおしゃれな表現のどれをとっても、恐ろしく良くできた海外小説だと思うのでぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本傷だらけのカミーユ

2016/10/15 11:44

壮大な伏線回収

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

部下に裏切られ、妻を殺されたカミーユ警部事件簿最終巻です。

今作では強盗犯を目撃した恋人が命をしつこく狙われます。「その女アレックス」に比べると展開にキレがないですが、それでもどんでん返しと細かなカミーユの心理描写は健在でした。事件当日を含めてわずか3日間しか描かれませんが、警察の動き・常に裏をかいた犯人の行動・カミーユの焦りと苛立ちが入れ代わり立ち代わり描写され、息つく暇がありません。そして何より主人公と女性の絡め方が巧くて、伏線回収もかなり大規模。今年読んだミステリ小説の中では一番良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍その女アレックス

2015/12/27 05:02

読みだしたら止まらない!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーは3部に分かれていて、アレックスの誘拐・監禁を扱った第1部(アレックスの様子と誘拐事件を捜査する刑事ヴェルーヴェン)、独自脱出後のアレックスの行動と誘拐事件から一転「正体不明の女(=アレックス)」を追うことになったヴェルーヴェン警部を描写する第2部、そしてその裏にある事実や一連のアレックスの行動の動機を解明していく第3部という構成ですが、第3部の3分の一くらいまで読者(少なくとも私)は?????でいっぱいのまま。一度読み出したら、いっぱいの???が解き明かされないままにはしておけないストーリー展開。ミステリー・サスペンスファンには堪らない話なのではないかと思います。いろんな賞を受賞しているだけはあります。

そして日本語訳も完成度が高いですね。ウン十年前の新潮文庫辺りのフランス文学とか哲学とかの翻訳本なんて読みづらくてどうしようもなかったという印象が残ってますが、『その女アレックス』は日本語作品としてもレベルが高いと思います。ダジャレ的なものは説明的になってしまっているので、ちょっと残念な感じですが、ほんの2・3か所のことですので、「何が何でも原文を」と思ってしまうことはありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本その女アレックス

2015/08/23 00:37

すごい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

店頭の「今、売れています」
読んだら、その理由が、よく分かった。

第1章で、話の展開が大体予想がつくと思っていたら
第2章で、凄い展開に
第3章は、さらに衝撃
凄い話だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍その女アレックス

2015/01/13 01:19

みなさんのレビューどおりおすすめです

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほとんど小説を読まない自分ですが、こんなにおもしろいと感じた小説は初めてでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍傷だらけのカミーユ

2017/01/25 05:04

なぜカミーユばっかりこんな目に!?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもよかったけど、感想を書いたらネタバレになりそうで難しい。強いていえば、なぜカミーユばかりこんな辛い目に合わなければいけないのか、と腹立たしくなってしまった。作者はかなりサディスティックだとおもった。相変わらずよくできている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本傷だらけのカミーユ

2016/11/19 20:24

カミーユシリーズ第3作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近人気のピエール・ルメトール作のカミーユシリーズ第3作
前作で結果としての友の裏切りにより裏切りにより最愛の妻を無くしたカミーユ。やっと立ち直った彼の前に現れたアンヌ。しかしそのアンヌががで強盗事件に巻き込まれ、又しても大きな怪我を負ってしまう。
犯人を捕らえようと奮闘するカミーユ。しかしそれは巧妙に仕組まれた罠だった。
結局カミーユとアンヌはどうなったのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本傷だらけのカミーユ

2016/11/14 01:17

凄い本を手にしてしまった...

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞理 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『その女アレックス』は,読後すぐに,また1ページ目から読み返した。
『悲しみのイレーヌ』は,「途中」で1ページ目から読み返したくなった。
そして本作を読了後には,3部作を初めから順に読み返したくなった。
それぞれが,人生初と言ってよい,強烈な読書体験。
3冊とも未読の方には,まず『アレックス』か『イレーヌ』を先に手にすることを薦めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍悲しみのイレーヌ

2016/06/26 12:59

悲しい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けいたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みきった後、すぐには意味がわからずに放心状態になりました。そして、こんな結末あり??と悲しみに暮れました。人によっては嫌悪感を示す結末でしょうが、このあと、この方の作品は全て読みました。
確かに、アレックスよりこちらを先に読んだ方が良さそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悲しみのイレーヌ

2016/02/13 21:06

最高傑作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルメートルの最高傑作と思います。サイコキラ-小説としても、ゾクゾクするような、ヒリヒリするような感覚が背中を走ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍悲しみのイレーヌ

2015/12/30 06:18

衝撃的

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

わかっていたけど、衝撃的で信じられなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

108 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。