サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

パーク・ライフ みんなのレビュー

  • 吉田修一 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本パーク・ライフ

2018/03/20 09:55

吉田修一のスタイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説もどこかエッセイっぽい。吉田修一のスタイル

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パーク・ライフ

2005/07/14 10:34

普通・・・。

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

この物語、特に何が起きるわけではない。色々な登場人物が色々なシチュエーションで登場するが、それ以上膨らむわけでは無い。
ハラハラのサスペンスもウットリのラブロマンスも無い。
入浴剤の営業マンが、日比谷公園で一人の女性と出会う。名前も仕事も聞かない。でも会う度に不思議な雰囲気と会話で、短い時間をスタバのコーヒーと共に過ごす。そして、また会いましょうと約束する。
その女性に誘われ、公園で気球を真っ直ぐ飛ばす事に執着している男に
話し掛ける。気球にカメラを搭載し、上空から撮影するのに、真っ直ぐ飛ばないといけないとの事。しかし、何の為に撮影したいのかは、聞いてはいけない。そう・・・聞いてはいけない。
ただ眺めただけでは、刺激の無い日常が眼に写る。そこにいる人々も、何の問題も抱えていそうにない。普通だ。しかしその実、みなそれぞれにストーリィを抱えている。とてもオリジナルな二つと無いストーリィを。普通なんて、実は存在しない。誰にも聞かせることは無いかもしれない。でも、自分にとっては刺激的でとても大事な、物語を、誰もが持っているのだ。そう考えれば、普遍であるように見えるこの世界、刺激的な物語で満ち溢れているわけである。
その象徴が、最後の女性の言葉、「よし。・・・私ね、決めた」に現れている。何を決めたのかは分からない。でも彼女中のストーリィが、一つ大きく動いた、瞬間だったのだろう。
誰しもそんな物語を、胸に秘めている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パーク・ライフ

2006/09/26 18:44

共感できる文章に出会えました

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のら - この投稿者のレビュー一覧を見る

「パークライフ」は新橋勤務の私にとって非常に馴染み深い日比谷公園が舞台。「flowers」も含め、読み終わったときの爽快感はないけど、読んでいて、なんというか、書かれている文章が心に染み入ってきたり、いちいち共感したりする感覚があります。上手くは説明できないけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パーク・ライフ

2019/05/31 11:59

吉田ワールドだね!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常でありそうな話でここで終わりという感じの話2編!『パーク・ライフ』…ちょっとしたきっかけで出会い、徐々に日比谷公園で会う回数を増やしていく。果たしてつきあうのか、それとも…。一方で宇田川夫妻は別れちゃうのか。ここで終わりかい!読み手の想像に委ねられましたね。自分ならハッピーエンドで終わってほしい。『flowers』はザワザワする感じで、まあ、元旦は置いといて、夫婦が熱々から冷えきった感じがなんとも言えないですね。これも結末を委ねられた感じで、ふとしたきっかけで夫婦仲が戻ると信じたいですね。どちらの2編も読後感は個人的に日常的で良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パーク・ライフ

2015/03/26 11:53

絶妙な距離感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

『flower』より表題作のほうが自分の好みに合っていた。なんていうんでしょうな。端からみると付き合ってるのに、当の本人は全然何とも思ってなくてただの友達として遊んでる感じを、当の本人視点で読んでるみたい(分かりづらい)近すぎず遠すぎずされど追い越すことはなく並ぶこともない距離感に惹かれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パーク・ライフ

2016/01/10 17:09

難しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とちうし - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまいち、作者が伝えたいことがよみとれませんでした。難しい作品です。
なんか感想もだしにくいです。
またゆっくりよみなおそうかなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。