サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

邂逅(かいこう)の森 みんなのレビュー

  • 熊谷達也 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本邂逅の森

2009/03/20 08:49

マタギの世界を知る人は少ないし、知ろうとする人も少ないかもしれないが、読んで損はない一冊

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 傑作という言葉は安易に使うべきではない。しかし、本書にはためらうことがない。それも、10年に1冊あるかないかの傑作といっていいと思う。

 本書は主に、大正期の東北の伝統的狩猟者であるマタギを主役に展開する小説である。この設定は、読者層を限定してしまいそうであるが、そこに描かれる世界は興味深く、また人間の根源的欲望を扱っているので、多くの人の胸を打つものがあると思われる。

 マタギとは聞いていても、その狩猟の仕方や生きた方を知らない人には、興味津々となりそうだ。マタギを紹介するのが主題ではないが、おおよそ、その暮らしぶりや彼らの掟をつかむことができる。外部者が容易に立ち入ることができない世界であることが分かる。

 筆致は重厚で、物語は厚みがある。かといって読みづらくはなく、この作家の高い技量がうかがえる。これまで読んだことのないジャンルの小説であるが、最後まで興味を引きつけられずにはおれなかった。

 当時の暮らしの楽でないことを思うと現代人の暮らしの快適さが際立つ。大正期から現代を照射してしまう力が本作品にはある。
 旅マタギから、訳あって炭坑夫となり、やがてまたマタギの生活に戻る。狩猟の場面では、体験したわけでも映像を見たわけでもないのに、狩りに参加するものたちの息づかいが聞こえてくるようだ。カモシカ猟、クマ猟の厳しさと醍醐味を教えられた。

 また、男女の恋物語も配置されているが、いろいろな複線があり、運命にあらがえずに別れ、再会するところは、読者に訴えかけてくるものがある。決して、読者に涙を強制するものではないが、自然と登場人物の心境に寄り添うことになる。

 性的描写に関しては、小説に溶け込んでいるので、決して浮いたシーンではない。ただ、女性読者には、個人的には推薦するのを躊躇するくだりはある。しかし、こうした描写も人の生活を活写するのに欠かせないだろう。

 最初は分厚いと感じた本書も、終盤にくるにつれて、劇的な展開を見せ始める。息をのむような波乱の連続である。人と人との強固なつながりと惜別。人と野生動物の激しい闘い。
 読んでいる側でも、精神力と体力を消耗するかのようだ。この筆力は並大抵のものではない。これまで読んでいなかったのが迂闊に思えるほどの出来映えだ。これは小説の域を超えて、芸術作品ととらえてもおかしくはない。

 山本周五郎賞と直木賞を受賞しているが、それにふさわしい力作と感じた。ひとつの小説ながら、幾編もの小説を読んだくらいの収穫があった。絶賛したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本邂逅の森

2010/02/06 13:30

太く生きる。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

邂逅(かいこう)の森 熊谷達也 文春文庫

 邂逅とは巡り合いです。記述内容が、日本国内の出来事とは思えません。「森」が「国」になっています。時代は明治時代、場所は東北の秋田県、主人公は松橋富治25歳、彼の職業はマタギ(かもしかや熊を捕る猟師)です。彼は森に生まれ、森で育ち、女性と出会い、こどもをもうけ死んでいきます。そこに熊を仕留(しと)める猟(りょう)がからんできます。
 作者の経験による自伝とか、作者の祖先とか、東北地方のある人物とかが、創作のネタになっているのでしょう。前半、作者は書きたいように書き連(つら)ね続けます。読者のことは考えていないでしょう。それがいい。
 主人公が愛した最初の女性が「文枝ふみえさん18歳」です。彼女との関係はこじれて、主人公の富治は銀山の労働者として働くことになります。わたしはこの本を読んでいた頃、ちょうど東北への旅行を計画していました。買ってきたガイドブックの地図に秋田県尾花沢市「銀山温泉」がありました。舞台はおそらくそこでしょう。地図には、書中に登場する「肘折(ひじおり)温泉」の地名もあります。「銀山温泉」は、NHKドラマ「おしん」の舞台になったという記事もみつけました。
 長さや重さが昔の単位なので、実感が湧きません。間(けん)とか匁(もんめ)とかです。明治時代の山で暮らす人々は、山に神がいると信じ、自然を恐れていた。
 主人公にとって二人目の女性「イクさん」の存在は大きい。老いてからの富治夫婦の姿にはしみじみとしました。「愛情」が存在していなければ、小説は成立しません。
 人生に幾度か登場するのが「約束」です。206ページにある慎之介と富治が交わした約束の結果は悲しい。約束はしないほうがいい。守れなかったときには、「死」が迎えに来ることもある。
 473ページにある再会シーンには胸を打たれました。富治の純粋さが作品を支えています。ラストシーンは読み手によって解釈とか判断が分かれるでしょう。わたしは、彼があの世へ導かれたと判断しました。別の人は、富治は無事に妻の待つ村へ帰郷したと判断するでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍邂逅(かいこう)の森

2015/03/04 20:57

驚き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニコラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとなく読み始めたのにどんんどん引き込まれていきます。まず自分では経験しない世界、時代的にもけっこう若い人達にはわかりにくい世界ではないでしょうか。師弟関係とかはその世界にいないと理解しがたい部分がありますし、技術が必要な仕事は想像できないとやり方がわかりません。話の中で男性中心の展開が続きますが、女性達が輝きます。現在でも同じようなことが起こりそうな気もしますし、日本の自然を大きなテーマにしながら展開していく流れが魅力に感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍邂逅(かいこう)の森

2015/02/20 00:53

マタギの文化

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:geckoman - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて存在したマタギの生活や伝承を垣間見ることが出来た。
文化的歴史的にも貴重な小説であると思う。
自然と対峙することにより、人間の在り方を問われる。
今では疎かにされている生きる上での様々な教訓が散りばめられている。
自分を見つめ直すいい機会になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。