サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

シャイロックの子供たち みんなのレビュー

  • 池井戸 潤
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本シャイロックの子供たち

2016/04/30 01:05

シャイロックの子供たち

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:[s] - この投稿者のレビュー一覧を見る

“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上らない成績
元銀行員の池井戸氏だからこそ描ける一冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シャイロックの子供たち

2018/12/03 23:53

シャイロックの子供たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度普通の書籍で読みました。なんだかやりきれない、でも銀行員としてやってはいけないことがある。支店長、副支店長は自分たちの出世と保身、一銀行員はおかれた所で必死に頑張る、人間の業の深さ、弱さをみせられたような感じがします。
池井戸先生には長原支店でのその後の続編をお願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2013/11/16 06:51

ザ・銀行員

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀行を取り巻く環境で仕事をする人にいつ起こってもおかしくない事象を私たちに教えてくれる・・そんな印象です。銀行員でなくとも普段業務上でも何かと考えさせられる内容も盛りだくさんです。銀行員って大変だな・・・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2014/04/12 23:32

サラリーマンへの応援歌

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「シャイロックの子供たち」は東京第一銀行長原支店の行員たち各自を主人公にした短編集の体裁なのだけど、実は一つの現金紛失事件を皮切りに不正、犯罪がそれぞれの視点から断片的に描き出されてて、その小さなパズルを集めていくと意外なところに辿り着く感じのミステリー。一編ごとに展開される人生ドラマ、家族との絆、あるいは崩壊した家庭と組織の論理に翻弄される普通の人たちの義憤、やるせなさ等がとても細やかに描写され、サラリーマンのための応援歌のよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2016/07/17 14:20

短編集の集合が長編になっている

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸の作品ってどれも似たような勧善懲悪なので、「単純な」悪がのさばっている部分というのはフラストレーションがたまるんですよね。
しかしこの作品は短編集の集合体になっているため、そういったことに陥ることなく読める点で、池井戸作品の中では読んでいて気分が悪くないです。またそういった短編集だったはずなのに、結果的に長編になっているという点でも魅力的だと思います。
※単純な悪ではなく、悪にも正義というものがあればそれほどフラストレーションってたまらないと思うんですよ。正義対悪ではなく、正義対正義(見方を変えれば悪対悪)という構造でこそ深く作品の中に入り込んでいろいろ考えると思うんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2016/05/07 13:24

さすが!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者お得意の連作短編集。
銀行が舞台の群像劇スタイルの連作推理小説です。

痛快性や爽快さこそなく、やや暗めだが、満足度は高い。
こういう作品こそ池井戸作品らしいのではと思います。
でも本書は茶の間の映像作品としてはちょっと地味で物足りない。
ドラマでしか氏の作品に接していないファンには、本書のような作品をぜひ読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2018/05/05 22:26

途中でやめられないパターン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ベニスの商人」の登場人物の名前を冠していることからも想像できるように銀行が舞台の小説です。
  銀行員はつらいよ、みたいな連作短篇かな、と思って読んでいくと、ずっと話はつながっていて、しかも犯罪のからんだ謎解きになっていくという、途中でやめられないパターンでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2017/03/14 22:49

面白いけど、結末が中途半端

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テンポの良いストーリー展開に加え、作者の強力な表現力でグイグイ読ませる。大手銀行の中規模支店という舞台で起こるさまざまな事件。短い章が連鎖して一つの作品に仕上がっている。全ての章で主人公が異なるので「子供たち」というタイトルなのだろう。
しかし、最も知りたい結末は読者の想像に任せるところが大きく、中途半端感は否めなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シャイロックの子供たち

2016/04/20 06:57

エンターテイメント!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

各章で、登場人物がそれぞれ自分の立場で話を進めていくが、その中の出来事がほぼつながってくる。銀行という組織の中で、いろいろな背景や考えを持つ人が関わり合い、奮闘する話。サーっと読める、エンターテイメント。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2015/09/05 13:20

また違ったお話でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀行員の希望や魅力よりも、それぞれの悲哀の方が多くを占めた、連作短編集でした。これもスカッとする話かな、と思って読み始めたので、最初はかなり落差を感じましたが、視点の違いが興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャイロックの子供たち

2014/03/23 17:38

ブラックな銀行業界

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀行の人事部にいる友人が、「殺人以外は何でもある」と言っていたのを思い出しました。特に、最近増加しているのは「心の病」で、危機的状況だと話していたのが印象に残っています。思うに、カネを動かし利益を得るという、モノづくりと異なり自分の成果物が具体的に見えない仕事ですから、生きがいを見つけにくい業種なのかもしれません。立身出世だけを追い求めるヒトが横行するのも不思議ではありません。

 内容は、10話の短編作品を現金紛失・男子行員失踪事件で緩く繋いでみましたという構成です。似た構成に東野氏の「新参者」がありますが、出来栄えは月とすっぽん(もちろん月は「新参者」)です。最後の第10話では、どんでん返しを狙ったのでしょうが、その狙いは外れています。西木をワルとするには伏線が全くないため、唐突感は否めません。中途半端なサプライズでした。
 とにかく登場人物は脛に傷持つ人ばかり。どの話も悲劇的で、救いがありません。特にラストの尻切れトンボ感はいただけません。本書は銀行実務に精通している池井戸氏ならではの小説で、各話は佳作と思いますが、全体では稚拙な繋ぎと奇をてらったラストによって駄作となっているのは残念です。

 池井戸氏の短編小説は、銀行窓口事務や融資業務という旧来からある業務に偏っています。おそらく、自身の経験が支店業務に限られているのでしょう。私は3冊目の短編集でしたが、どの本も似たり寄ったりの話ばかりで、はっきり言って食傷気味です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。