サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

中国4.0 暴発する中華帝国 みんなのレビュー

  • エドワード・ルトワック, 奥山真司・訳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/04/08 11:21

中国論ではなく戦略論の本です

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒酢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトルは「中国4・0」ですが、現在の中国を事例にして、ルトワック氏の「逆説的論理」という戦略論をわかりやすく説明した本です。

本全体の頁数は約200ページで、最近の新書としては比較的に薄い本ですが、内容は非常に濃いです。

中国の戦略が、大成功した中国1・0から、中国2・0に移って失敗し、その修正としての中国3・0もダメで、よって、今後の中国4・0という戦略は、こうあるべきという流れで進んでいきます。私は著者の戦略論の全てに賛成する訳ではないですが、非常に説得力があります。読んで損はないし、それどころか、戦略というものを考える上では、彼の「逆説的論理」は知っておくべきことだと思います。

「逆説的論理」から派生するキーワードが沢山でてきますが、私がとても興味深かったものを以下に挙げます。

「大国は二国間関係をもてない」
「大国は小国に勝てない」
大国だろうが小国だろうが二国間関係はもてるでしょうし、大国なら小国に勝てるでしょうと思いますが、そうはならないのが「逆説的論理」です。なるほど、という説明があります。

「海洋パワー」と「シーパワー」
地政学でおなじみの「シーパワー」ですが、それとは異なる「海洋パワー」というものがあり、この違いがわからないと戦略的に負けてしまうということが、わかりやすく説明されています。

「共産党体制を維持するための反腐敗運動が逆に共産党を崩壊させる」
現在行われている習近平の反腐敗運動は、汚職が蔓延している共産党体制を改革し、維持するためのものです。しかしそれが逆に・・・という話です。ソ連の崩壊を例に説明がされており、説得力があります。

その他、「逆説的論理」ではないですが、現在の日本と韓国の関係の説明で、第二次大戦後のドイツとオランダの関係の話が興味深かったです(単純に私が知らなかったということですが)。

中国の戦略だけでなく、戦略論という一般的な思考法を知りたいという方にもお奨めです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/08/16 03:56

素晴らしい

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はそう大部な新書ではない。数時間ほどで読み終われる長さである。しかしその内容は凝縮されており、ルトワックの戦略論のエッセンスが詰まっている。
南シナ海・東シナ海と強引な海洋進出を進める中国の今後を考える上で必読の書であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/08/12 15:06

親中派こそ読むべき

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZATO - この投稿者のレビュー一覧を見る

おそらく親中派は手に取らないと思われますが、中国に親身あるいは中国を我が祖国と思うような人ほど読むべき書籍だと思います。孫子は確かに優れた戦略家であるけども、現代の中国首脳陣は自身を戦略上手と思っているようだが、中国程戦略下手な国は無いと、筆者は指摘しています。わが国も他山の石として、今目の前にある危機としての対中国政策を真剣に考える必要があります。尖閣諸島は無人島の小島ではありますが、その帰趨が今後に大きな影響を及ぼすものであり、譲っても良いといった話をする人は、政治、外交、戦略といったものを欠片も理解してないと告白してるに等しいと知るべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中国4.0 暴発する中華帝国

2016/04/23 11:43

習近平は崇禎亭?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:zapparea - この投稿者のレビュー一覧を見る

ということは李自成は誰?と紫禁城の栄光(講談社&文藝春秋)
をめくりつつ、本書を読み進めると、いきなり祇園精舎の鐘~ですか、
これは訳者である奥山氏のセンスでしょうか?すばらしい!
(イギリス人にシェークスピアを引用するような?)
日本の過去をひもときながら
大国であるがゆえの戦術の大成功と同時に戦略の大失敗、
シーパワーと海洋パワーの違い、
韓国人が誰に怒っているのか、
尖閣における対処法などなど、とてもよみやすいです。
ところでアメリカ人って、やっぱり世界の中心はアメリカって思っているのですね。
(本文でのルトワック氏のエピソードはヤレヤレですね)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。