サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

メガネと放蕩娘 みんなのレビュー

  • 山内マリコ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍メガネと放蕩娘

2017/12/11 16:14

地方都市の憂い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

商店街活性化問題について、読めば読むほど「これ地元?」と思う方々多いのでは。それぐらい時代から取り残され、沈みゆく商店街の数々。そんな商店街を復活させようと行政と地元住民がタッグを組み、家族や近所を巻き込みながら、模索しながら健気に企画立案する姿勢に感動。助成金の仕組み、再開発事業計画という言葉の真意も随時わかり、日本の地方のあり方改めて思い直すべきではないかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

超現実路線の野心作。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

山内マリコさんにヒット作が出ましたよ。
読んでいる途中で、なんでこれが直木賞の、しかも候補作にすら
入らなかったのかと目を血走らせながら読んでいました。

中盤から終盤にかけてが直木賞的にはいけないのだと思われます。
わたしも読んだ直後は、なんともいえないイヤーな感じがしましたし。

しかし一日たち、二日過ぎると嫌な部分が苦みに変わります。
すると頭が冷静になって、これが最も現実的な展開だということに
気づくのです。小説的には盛り上がりにかけるのですが、
現実社会の問題点を鋭くえぐっていて、
大人の解決策のせいでかえって傷口に塩が塗られてしまうのです。
誰も気づきもしないまま。
そこには、受け入れるしかないという、やるせなさしか残っていません。

前半の軽快な面白さにつられていただけに、
後半はずずんと重みがかかってきました。
書評を書き始めるのに、いつもより時間が必要でした。
観察力がものすごく鋭いのに、真正面から切り込まずに面白おかしく
読ませるので、コントラストが効いています。

時間をかけながら広まっていく作品のような気がします。
表面的には分かりにくいですが、内面にしっかり流れるものがあるので、
作品の個性は強いです。

地方のシャッター商店街のお話です。
むかしは華やかだった商栄会商店街。
主人公は商店街にあるウチダ書店の娘の貴子です。
実家の本屋が好きだったのですが、父親の猛プッシュにより
市役所勤めをしています。所属は広報課。

ある日、市役所中心市街地活性課の星野から、
大学講師のゼミの研究への協力を押しつけられました。
講師はまゆみ先生といい、まちづくりを学ぶ学生とともに
活動できるネタを探しに来たのでした。

地方創生をきっかけにして、地方の個性を取り上げるTV番組が
増えていますが、この小説は三歩くらい先をいっていました。
これぞ真実、まさに現実。うなってしまいました。

大事なことは、これは地方のさびれたシャッター商店街の哀愁話に
とどまらないってことです。
古きよきニッポンにしがみついた結果がどうなるか。
盛り返そうとしても、既得権益と若気のいたりのぶつかり合いで
皆がまとまらなければ何が起こるか。
いつの間にか行政が手を回していて、きれいごとで片付けてしまう
強制リセットの現実。

これまで日本中のあちこちで、何回も見てきたことではないですか?
都会だって、こういうローカルエリアがあちこちあるはずです。
バブルの時の地上げを思い出して下さい。

さびれたままではいけない。
新しければいいというものでもない。
では答えは?

○×みたいな答えなんかあるはずがありません。
とても考えさせられる作品でした。
文体が軽やかだからこそ、頭の中はぐるぐる回り、
これこそ小説だと強く思った次第です。
でも星は四つ。矛盾するみたいですが、未完成感がありますので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正反対の姉妹

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

寂れた商店街を再生しようと奮闘する人たちのドタバタ劇。
公務員の姉と正反対の妹が10年の家でから突然帰って来ます。しかも臨月で。
シャッター街再生に立ちはだかる問題が続出。こういった問題、実際にあるんでしょうねぇ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。