サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

乗客ナンバー23の消失 みんなのレビュー

  • セバスチャン・フィツェック, 酒寄進一・訳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本乗客ナンバー23の消失

2018/06/26 20:26

豪華客船を舞台としたミステリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

媒体は忘れましたが、何かでオススメ本となっていたのを見て手にした一冊です。
シリーズものではないので、単独で読んで問題ありません。

危険な手段も厭わない捜査官マルティン-ツヴァイクに突然かかってきた謎の電話が、彼を豪華客船「海のスルタン」号に導く。その船は、5年前に彼の妻子が不可解な失踪をとげた因縁の船。さらに、2か月前に姿を船内で姿を消した少女が突然現れ…

最初の「プロローグ」は少し引っかかりを感じましたが、それを過ぎるとスラスラと読めました。ちょっとイヤミスの雰囲気はありますが、船旅も感じながら読書の楽しみを味わえる一冊です。「謝辞」の後に、また展開がありますので、最後まで読むことをおすすめします。(読み終えた後、真の主人公はゲルリンデ-ドプコヴィッツなのではないかと思いました)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍乗客ナンバー23の消失

2018/10/22 16:50

新聞の書評で

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞の書評で知って面白そうだったので読んでみた
ドイツミステリなので硬派な感じかと思ってたら色々破天荒
正直書かれている児童虐待のひどさにちょっと気持ち悪くなった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本乗客ナンバー23の消失

2018/07/14 11:18

豪華客船は謎だらけ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白い作品ではあったのだけど、正直児童虐待は身内の中で解決すべきだと思っているから事件の真相がそれだったと知ってがっかり。ましてやそのことに対して解決のために手を貸そうという闇組織なんて大きなお世話ではないか。しかも悪事的に処理するのだから。まだ平和的常識的心理学的に解決する組織だったらそうは思わないだろうけど。
そしてもう一つは、実は虐待処理の闇組織のほかにもう一つの闇の組織があってそれが最後にわかるというのもこの作品の特長か。豪華客船はなんでもありの無政府地帯でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。