サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

廃仏毀釈の実態とそれが発生した要因がよくわかる

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は寺院の副住職でありジャーナリストである。明治維新により神社と寺院を分離する政策「廃仏毀釈」についての著作である。明治政府は、神社と寺院を分離することを目的として、寺院を破壊しようと意図したわけではない。しかしながら、寺院の破壊は全国至る所で行われた。その暴挙と破壊に至った背景が詳述されており、想像を絶する暴挙では以下のような事例が紹介されている。京都四条大橋は寺院から供出された金属で建設された。解体された寺院の木材は、学校建設の資材に使われた。奈良興福寺の五重塔は、現在の金額で10万円程度で売却された。興福寺境内の鹿は、すき焼きとして食された。貴重な文化財である仏像が薪として燃やされた。哲学者の梅原猛は、廃仏毀釈がなければ、国宝の数は現在の3倍にはなっていたであろうと指摘している。
なぜ、こうした暴挙が起きたか、著者は以下の四つの要因を挙げている。権力者への忖度。富国策のための寺院利用。熱しやすく冷めやすい日本人の民族性。僧侶の堕落。この、要因の詳細は、本書を読んでのお楽しみとするが、忖度や日本人の民族性など現在に通じる内容であり、廃仏毀釈に留まらず、様々なことを考えさせてくれる意味ある一冊であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

廃仏毀釈についての入門書に最適

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:B767-300 - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新前後に実施された廃仏毀釈について、全国一律に進められたものではなく各地域ごとに大きなばらつきがあることを現地調査を元にわかりやすく解説されている。
入門書としてはおすすめの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

明治維新の時に行われた闇(?)の歴史!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「廃仏毀釈」って習ったことある?

子どもの頃、神社とお寺の区別がわからなかった。
いわんや、150年も前に神仏分離が行われ、
その時の為政者や市民の中から、神仏分離の方針を拡大解釈して、
仏教に関連する施設や慣習を悉く毀した歴史があったとは・・・・

 その要因は、
  1.権力者の忖度、
  2.富国策のための寺院利用、
  3.熱しやすく冷めやすい日本人の民族性、
  4.僧侶の堕落

地域差もあるので、自分の地域はどうだったのかなど興味は尽きない。
目からウロコの歴史が、見つかる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

久しぶりに本地垂迹説について勉強できました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本地垂迹説というのは、平安時代に起こった思想で日本の神は仏菩薩が化身としてこの世に現れた姿(権現)だとする説で、天照大神は大日如来が本地となり、瓊瓊杵尊は釈迦如来、八幡神は阿弥陀如来などとして、神社の神殿で偶像が祀られていった。つまり神よりも上に仏があるという考え方なのだが、廃仏毀釈が行われた明治初期にい仏と神の関係が逆転してしまったというのが本書に書かれれていることだ。今でもあたりまえの光景としてお寺の中に鳥居がある、私たちは不思議に思うのだが江戸時代の人がみたら不思議でもなんでもなかったのだろう、その当時は寺も神社も信仰の対象として差がなかったのかも知れない。作者が言っているように盛んに廃仏毀釈が行われたことには仏教界の傲慢への鬱憤が庶民の間にあったということもあったのだろう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

明治維新の負の側面を照らし出した本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新の負の側面を照らし出した本である。昨年は明治維新150年などといわれていたが大した盛り上がりもなかった。冷静に歴史を論じることができる状況になってきたのではないか。堕落した寺院が打ち壊されたというのは首肯できるが、それにしても打ち壊させて再建されなかった多くの寺院や海外流出した寺宝を考えると明らかに日本の歴史にとって大きなマイナスだった。また、寺院が寺領を取り上げられたことが葬式仏教化を推し進める要因の一つになったのではないか。廃仏毀釈をきちんと実証した本で、ぜひ広く読まれるべき本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宗教心は?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新の時に行われた廃仏毀釈について、多くの事例を紹介しながら寺院が破壊されていった事情をまとめている。
 廃仏毀釈の要因を4つ挙げている。 寺院の破壊に至るような激しい民衆行動は江戸時代の僧侶の問題も含め仏教支配の抑圧からの解放感により一気に表出したことも背景にあるようだ。必要とされる寺は明治時代の中頃以降に再建され、適当な数の寺院が現在に至っている。維新の雄、薩摩藩の状況は複雑な地域事情があったのかと改めて知る。同様の文脈から、著者は現代の状況を第二の廃仏毀釈の危機にあると警鐘を鳴らす。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意外と身近

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

聞いたことあるけど実はあまり実態を知らない、廃仏毀釈についてのドキュメントのようなもの。鹿児島の事例は衝撃的でした。九州の中でも知らないことがたくさんあります。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

伝統文化を破壊する者に報いあり

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あきれたというか、非常に憤りを感じた。どうして日本はこうも簡単に祖先が培ってきた文化を簡単に破壊するのか。明治政府は、国家を安定させるためには、仏教などどうなってもよいということか。多少各地の国民が行き過ぎた部分はあったにしてもやりすぎ。それをきちんと取り締まれない、且つ政府の方針を徹底出来ない明治政府に維新と称する資格はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。