サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

キャプテンサンダーボルト みんなのレビュー

  • 阿部和重, 伊坂幸太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本キャプテンサンダーボルト 下

2017/12/12 10:20

ボーナストラックが見事

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほとんど伊坂幸太郎氏の作品と思って読み終わったが、解説を読んで、阿部和重氏との共著ならでは話が、非常に興味深かった。

またボーナストラックが秀逸。
事件の後日譚を書いているが、主人公の相葉と井ノ原に焦点をあてるのではなく、バッティングセンターで練習していた少年を主軸にしているのがにくい。

爽やかな読後感を与えてくれるボーナストラックだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キャプテンサンダーボルト 下

2017/12/03 10:19

最高〜

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人の合作いい。最高。初めはこの部分は伊坂さんが書いてここからは阿部さんが書いたのかなあと思いながら読んでいたが、途中からそんなことはどうでもよくなり、話しに入り込んでしまった。自分が相棒になった感覚で読んだ。こんな感覚は初めてでした。解決の仕方というか終わり方は阿部さんぽいかなと私は思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キャプテンサンダーボルト 下

2018/03/19 16:53

物語の筋

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

有り得ない様な物語の設定で、読み物としては面白かったけど、なんだかなぁ・・・。
あまりにも想像も出来ないようなあらすじで、現実感が無く「物語だわな」という感想になってしまった。面白いんだけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キャプテンサンダーボルト 上

2018/03/19 16:44

共著となっているが

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校時代のメンバーによるドラマ。阿部和重と伊坂幸太郎の共著。阿部氏の作品を読んだことが無いので、伊坂氏中心に読み進めた。多少違和感のでたところもあったが、合作としてではなく新たな作家の作品として理解する。
次から次と、息つく間もなくぐいぐい引き込まれた。
相葉と井ノ原のコンビ、いいです。下巻を読みたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キャプテンサンダーボルト 上

2017/12/13 20:07

現在進行中

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nobu - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもとうり最初は全体像、読み進めていくと読みが早くなってきます。伊坂さんの前回のはいまひとつでしたがこれは先が楽しみになっていく感じ。下巻をどのタイミングで読むか、とりあえず読み進み確定です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キャプテンサンダーボルト 上

2017/12/12 10:12

お得意の逃亡劇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎氏お得意の(阿部和重氏は読んだことがないので分からないが)、逃亡劇。
当然、殺し屋も出て来る。

蔵王の御釜に隠された「村上病」の謎に迫る、旧友2人。
コピー機を悪用した情報収集のアイデアに、「なるほど」と感心した(現実は、そんなにうまくいかないだろうが)。

共著とか気にせず、どんどん読み進められる。
上巻で張り巡らされているだろう伏線が、下巻でどのように回収されるのか楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。