サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

無欲の聖女 みんなのレビュー

  • 中村 颯希, CUTEG
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍無欲の聖女 4

2019/04/03 08:37

いわゆる勘違い系の傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ことつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白ーい!
暴言封印の魔術コード、「カー様」、「ネー様」・・・とにかく設定が秀逸。
原作『~は金にときめく』からの変更・加筆により、説得力も増しているし。
構成の巧みさはちょっとした推理小説レベル。
流れるように勘違いが加速していく展開に、電車内で読んでいて、笑いを堪えるのに苦労しました。
次の「エランド」編?にも期待です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無欲の聖女 2

2018/05/29 15:00

絶好調

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻目でも衰え知らずの勘違いストーリー。

あれ?作者天才なんじゃねえ、
と思うくらいなんかうまく回る。

かといって、無理やりな演出やらこじ付けがあるわけでもない。

でも話は壮大になる。

うまいな、と。それだけ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無欲の聖女 2

2017/03/18 09:07

当たりだった!ラノベにはまって読んだ中ではベスト5にはいる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:根性無し - この投稿者のレビュー一覧を見る

レオに入れ替わったレーナの相手に対する思いやり等心情の変化がこれからの成長を期待させる、最後にレーナがハッピーエンドになるのはアルベルト皇子それともブルーノ?アルベルト皇子らしい伏線が貼ってありますがブルーノもありかなと^^これからの展開が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無欲の聖女 4

2018/12/27 01:42

ワンピーク

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一部完、というイメージ。

前回、強い引きで終わった水の精とのところから開幕。

そして怒涛の展開。

さらなるハッピーエンドを目指して次の展開がくるのかな。

付録ももはや鉄板の勘違い劇で満足の完成度。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無欲の聖女 3

2018/08/11 17:21

進展

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻まではほぼ、
学園内での出来事にとどまっていたけれど、
3巻は主に外での出来事。

周囲のストーリーも主に勘違いで構成されているのはご愛嬌。
水の精霊を追って、えらいことになるまで。

今回は引きが強め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無欲の聖女 1

2018/02/24 21:52

ネット系

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

序盤のやりとりがネットの掲示板寄りのノリで
あんまり面白くなくて不安だったけれど杞憂だった。

そこさえ抜ければ
そこからはめくるめく勘違いファンタジーの開幕。

御貴族様の花園で「守銭奴」一本で切り抜ける孤児(中身)
勘違いの数々がけっこうな説得力を持って展開していくので、
読んでいて置いて行かれない。

また孤児院サイドは入れ替わりはすぐバレるけれど、
そこからちょっとスッとする展開が用意されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。