サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

だれがコマドリを殺したのか? みんなのレビュー

  • イーデン・フィルポッツ, 武藤崇恵
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本だれがコマドリを殺したのか?

2016/01/28 15:39

非現実的な犯罪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

予想外の結末ではなかったものの、まさかほんとうにあのような結末とは...率直な感想として、この手のトリックは犯罪小説によくあるパターンとはいえ、本作においてはいささか無理があるように感じた。作者もトリックの要となる犯人の性格や技能について伏線をはり、いろいろと工夫してはいるが、やはり非現実的な犯罪手法といわざるをえない。
 おもしろいと思ったのは、この物語のナレーションでは、始めから個々の人物の内面が詳細に叙述されている点である。ミステリーでは、ここまであらゆる登場人物の内面に焦点を当てることは普通しないだろう。なぜならこれを貫徹すれば、これらの人びとの中にいるであろう犯人の心理も暴露せざるをえないからだ。この小説でもその点を心配したが、そこは上手い具合にぼかしていたと思う。だから、何を考えてるかが叙述されなくなった人物が怪しいという観点で読み進めば犯人当ても比較的容易か...だが、本書の面白味は誰が犯人かというよりも、犯人がどうやってその犯行を行ったかにある。そしてその方法は、上にも書いたようにちょっとありえないものであった。
 犯人とその犯行の陰湿さには暗澹たる気持ちにさせられるものの、善人・悪人それぞれが受けるべき報いを受ける勧善懲悪・ハッピーエンドの物語には、ほっとした気分を味わえる。本書について、それだけは請け合おう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本だれがコマドリを殺したのか?

2015/08/31 09:53

祝・復刊!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yomiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学校の図書室で借りたエラリー・クイーン(だと思う)の推理小説の章タイトルに「だれがロビンを殺したか」「ぼくだ、とスズメが言いました」とあったのが印象的で、ずっと心の底に覚えていた。幼い私はマザーグースが何たるかも知らなかったが、歌の通りに事件が起こる所謂童謡殺人に魅せられた原点だ。今回は完全にタイトル買い。間抜けな私はニコル・ハートが捜査を始めるまでトリックに気付かなかった。原語ならロビン、レンと渾名で呼び合うのは自然なんだろうけど、日本語訳のコマドリはともかくミソサザイは変てこに感じた。恋は盲目だとつくづく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本だれがコマドリを殺したのか?

2015/12/02 02:12

タイトル買いしたけど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tlkn05 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半の主人公の医者とコマドリの出会いなどは魅力的で期待して読んだのだけど、後半は拍子抜け。ミステリとしてはどう??という感じ。どうしても無理がある。演技力という問題じゃないような。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。