サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

煙の殺意 みんなのレビュー

  • 泡坂妻夫
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本煙の殺意

2004/09/09 12:16

名品「椛山訪雪図」を、ぜひ一度ご賞味あれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

落語の名人が語る噺の旨味と、トリッキーな仕掛けの妙が味わえるミステリー短編集です。

抑制の利いた文章のたたずまい。
さり気ない話の伏線が、後でとんでもない絵柄となって現れる騙し絵の構図。
上質のミステリーを読み、味わい、楽しむひとときを満喫しましたよ。

収録された八つの短編のなかでも、直木賞候補作となった「椛山訪雪図」、花見の季節の公園を舞台にした「紳士の園」、殺人事件の現場でデパート火災を中継したテレビを見ながら事の真相に至る刑事の話「煙の殺意」の三編の出来映えが素晴らしく、これは!と唸らされました。

とりわけ、「椛山訪雪図」の話の風情が素晴らしい。読むのは今回が三度目くらいになるのかな。しみじみ、このミステリーは良いなあと魅了されました。
今まで読んだ国内ミステリー短編のなかでも、私の中では三本の指に入る名品。未読の方には、ぜひ一度ご賞味くださいとお薦めいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本煙の殺意

2002/04/19 19:10

キレの良い短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸時代の画家の描いた絵に隠された謎を解き明かす名作「椛山訪雪図」、行儀の良い人ばかりの集まる公園の秘密「紳士の園」、完全に見えた殺人計画が思わぬところからバレてしまう「歯と胴」など、毛色の変わった謎を推理によって思いもよらない解決をみせる、といった短編のお手本のようながら、それでいて著者にしかまず書けないようなミステリ8編が収められた短編集。
中には、都合が良すぎる、推理が飛躍しすぎというところもあるのですが、語り口が絶妙で、読んでいる最中には全然気になりません。
発表が1976〜80年にかけてと、一昔前の短編ばかりなのですが、今読んでもとても新鮮、キレの良さがすばらしい。読んで損のない短編集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本煙の殺意

2002/03/24 02:03

ハズレなし!奇蹟の短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:InvisibleGreen - この投稿者のレビュー一覧を見る

 収録作品どれをとってもハズレのない、自信を持ってお勧めできる短編集です。なかでも『紳士の園』は私にとってはベストテン級の名作です。これ一編だけでも定価分の価値は十分あるのではないでしょうか。ミステリファンは即購入してまず読んでみて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本煙の殺意

2001/11/23 10:37

さすがは大魔術師!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Lady - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まさに大魔術師、泡坂妻夫さんの珠玉の短編集です。ちょっとおしゃれな第一話で、いきなりホームズばりの観察力のおもしろさを見せてくれたと思えば、第二話では、いにしえの人の手による、あっと驚く大奇術を見せてくれ、第三話では、コミカルはタッチでにこやかに恐ろしい物語をさらりと描き、第四話では、どろどろとした予感をたたえたサスペンスを味わわせてくれて…なんともバラエティーに富んだ、マジックショーです。そして表題作の「煙の殺意」。名作です! 読まなければ損!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本煙の殺意

2019/04/19 07:32

ミステリーなのかなぁ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トッツアン - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでもワクワクしない。読むのを止めようかと思いつつ、次の作品は面白いかもしれないと思いなおし、読み続けたけれど最後までワクワクしなかった。こういう内容をミステリーというのかなぁ。多くの皆さんのレビューがミステリーとなっているのでミステリーなのだろうけど。読後感も味気なくて。「ガンジーの妖術」が面白かったので期待したのだけれど期待外れに終わった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。