サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

テロ みんなのレビュー

  • フェルディナント・フォン・シーラッハ, 酒寄進一
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本テロ

2018/05/22 16:41

あなたならどう判決を下す?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

飛行機がハイジャックされ、サッカーの国際試合が行われる会場に墜落させるとテロ組織から通信が入る。ハイジャック機を追尾していた空軍機が飛行機を撃墜する。
 撃墜した空軍少佐は有罪か、無罪か。
 裁判員裁判の参加者として、読者は少佐を裁かなくてはならない。
 乗客一人一人の人生、そして国を人を守る為の軍人の使命。どれも重く、犠牲にしてよかった存在はない。
 細部を読み込み、あなたは迷いながらも、良心の声に従わなくてはならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本テロ

2017/03/01 18:03

いのち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

シーラッハさんの待ちに待った新作です。
命について考えさせられる作品でした。
最近、テロが多いので実際に起こっても不思議ではない?とも思ってしまいました。
一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本テロ

2017/02/28 21:30

なんて単刀直入な表紙。 そしてこれは戯曲ではない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぱらっとめくったら、「えっ、戯曲?」という構成に一瞬絶句。
まぁ、そういうこともあるのかなぁ、と深く考えずに読み出した。
しかし・・・戯曲の形をとってはいるが、まるで思考実験というか、もしくはプラトンの著作の「ソクラテスとの問答集」みたいな、そんな内容。

2013年7月26日、ドイツ上空で普通旅客機がハイジャックされた。 テロリストの目的は大きな試合が行われているサッカースタジアムにその旅客機を墜落させ、7万人もの観客を殺害するというもの。 しかし指令を受けて緊急発進した空軍少佐は最終的な命令を待たずに独断で旅客機を撃墜。 乗員・乗客164名はそれにより死亡したが、スタジアムの観客たち7万人は助かった。
果たして、空軍少佐は英雄なのか、犯罪者なのか。
結論は一般人が審議に参加する参審裁判所に委ねられる。 検察官の論告、弁護士の最終弁論ののちに、判決が下される・・・という話。

これが何故<思考実験>なのかといえば、有罪と無罪、結果が二種類それぞれのヴァージョンが書かれているから。
つまりどちらの判決を支持するか、読んだ「自分」の決断がそこで試される。
裁判員制度が導入された日本としても実は他人事ではなくて、「自分だったらどうするか」のリアルさ加減は実験以上の重さがある。
で、自分はどうなのかといえば・・・迷いますよねぇ。
できたら両方救えるのがベストだけど、ハリウッド映画のようにご都合主義的に物事は解決しないわけで。
人一人の命は地球よりも重い、という考えもある一方で、大きなものを生かすためには小さい犠牲はいたしかたないという意見もあるわけで、そしてこのテロの時代においては後者の意見に世界は大きく傾きつつあって。
いちばんいいのはテロリズムを物事の解決法にしないこと(実際には解決にはなっていないのだが)。 だがそこへ至る道のりはあまりに遠すぎる。
武器を持つ前に対話、というのは簡単だけれど、価値観のまったく違う相手にその場に出てきてもらうことがまず難しい・・・。
だから私たちは考え続けないといけない、という話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本テロ

2016/10/16 13:09

転轍機係のジレンマ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

刑事弁護士でもあるシーラッハ氏の裁判劇。有名な、真剣にではなくともたいていの人が頭に浮かべたことはある命題がテーマだが、現代は可能性として低くはないことが恐ろしい。なぜ避難は行われなかったのだろうか(ストーリーのためだろうけれど)。テロではなくともドイツのパイロットによる故意の墜落事故も記憶に新しい。上演方式はどうだったのだろうか。観客のなんらかの意思表示によって結末が変わるのだろうか。どちらも「正」ではないと思う。ドイツでの緊急避難の考え方(娘を避けた父親の車が他人を轢き殺しても罰せられない)が驚き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本テロ

2016/07/23 12:17

裁判戯曲

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:obibi - この投稿者のレビュー一覧を見る

裁判の戯曲である。
シーラッハの日本出版物はすべて読んでいるが、最初のルポのイメージからどんどん小説を描こうとしているようだ。
最初の印象からどんどん無駄な文章が増えてきてしまっているのが残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。