サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

本バスめぐりん。 みんなのレビュー

  • 大崎梢
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本本バスめぐりん。

2018/06/12 10:58

新鮮

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

移動図書館から見た街や人の様子を描いていることに新鮮さを感じました。ただ、自分も図書館職員にあれこれ思われているんだろうか?とも思うことも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本バスめぐりん。

2017/12/14 15:16

優しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

照ちゃんやウメちゃんは優しい。この本はとても良い本だと思う。素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本バスめぐりん。

2017/05/20 17:45

移動図書館の柔らかな日常。利用者だったことがあり、あの特別感が好きでした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

種川市は田舎といいつつも、横浜市の隣にあることがちょっとした
自慢で、東京へも通勤圏といういわゆる近郊の町です。

大崎さんは横浜市在住なので、その土地勘で書かれているので
なんとなく分かります。藤沢や横須賀が出てくることと、
海に接していることから鎌倉近辺となります。文頭の地図を見ると、
京急とJRの入り込んでいる逗子がモデルのように思えます。

照岡がクラス会で再開した榎本に近況を訪ねると、移動図書館、
つまり本バスの運転手をしているとのこと。
うんと遠くのどこかの地方の話と思っていたら、何を言っている、
横浜市にもあるんだとたしなめられます。

驚く照岡に、定年後の仕事で違うことをやると面白いのだと
教えてくれます。その榎本が、家庭の都合で運転手を
続けられなくなり、照岡にお鉢が回ってきて本バスのお話の
幕開けとなります。

本バスでコンビを組むのは、二十代半ばの司書の梅園奈緒子です。
本好きというと、眼鏡をかけた文学少女で、校則通りの制服を
着て中庭のベンチでひとり腰かけて本を読む女の子、
生真面目で色白、口数は少なくミステリアスな魅力がある、
勝手にそんなことを連想しています。

まあ、テンプレではありますね。
ウメちゃんこと梅園さんは、はきはきと物をしゃべり、口を開けて笑う
運動部的な女の子でした。

本バスは意外に力仕事です。
バスを留め、机を並べて簡易カウンターを設営し、予約本の詰まった
コンテナを数個引っ張り出し、バスのサイドウイングを撥ね上げて
本棚を登場させます。
お年寄りや子供のお客さんも多くて、本の出し入れもあります。
何よりもどの本を積むかで出発地点の本館で頻繁に出し入れを
行います。

頭を悩ませて配架を考えるのは司書のウメちゃんの仕事ですが、
それ以外は照岡も一緒にやる、むしろ照岡の体力と身長が
頼られている状況です。二十代の娘と六十過ぎのオヤジの
コンビは、なんとも柔らかい雰囲気です。

大崎さんなので、ちょっとした事件が起きてみんなで解決という
いつもの流れです。物語の世界観がまとまっていて、
心が優しく包まれる一冊です。

横浜に住んでいた頃、わたしも本バスに通っていました。
逆に地方の方が本バスは少ないのではと思います。
地方よりさらに田舎の散居村となるとまた違うのかも
しれませんが。

横浜は各区単位の図書館が一か所と、小中学校併設の
市民図書室しかなく、駐車場も狭いので意外に図書館が
不便なのです。
自転車を使うにも、横浜は坂がそこそこ多いのですね。
しかも人気の図書はすぐに何百人待ちです。

だから本バスは結構便利でした。二週間に一度、近所の
公園での店開きは特別な空間でした。
開放感がいいのかもしれません。
本バスじゃないと味わえない感覚を思い出しながら楽しみました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本バスめぐりん。

2017/08/08 14:20

やさしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

移動図書館の日常物語。優しい感じのエピソードが多いのですが ちゃんと人の身勝手さも描かれています。この作者さんは本が絡んだ物語が素敵。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。