サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

探偵は教室にいない みんなのレビュー

  • 川澄浩平
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本探偵は教室にいない

2018/11/27 13:17

ミステリではなく青春小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリとして読むにはぬるいと感じる。日常の謎系なのだろうが、中途半端な印象を受けた。ラストまで読んだところで、謎が解けたというスッキリ感も、読み終わった後の充実感も訪れない。ふわふわ読んで、ふわふわ終わるという感じ。
中学生たちの青春小説としてなら、会話やキャラクターづけはしっかりしているし、そういうのが読みたい人にはいいだろう。
ただし、探偵役が全く外部の幼馴染というのは、やや不自然な設定だと思う。学校生活での仲良しグループ以外に探偵役を据えるためにそうしたのだろうが、ろくに会っていなかった幼馴染にいきなりあれこれ自分の学校の身内ネタを相談する流れに無理がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵は教室にいない

2019/05/25 09:39

鮎川賞受賞作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モフモフモフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前年とはちがって、非常にさわやかな青春ミステリだった。
ただ本格として考えたときに、話によって推理ではなく推測をしているだけのように見えてしまうのは自分だけなのだろうか?そのあたりに不満が残った。
きっと日常の謎が好きな人にはたまらないのだろう、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵は教室にいない

2019/04/14 19:52

淡泊さがぬぐえない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

第28回鮎川哲也賞を受賞した作品。前年度の作品がすばらしかったので、今回も期待して読んだが、満足する読後感は得られなかった。4つの日常の謎からなる連作短編だが、かなり薄味。日常の謎に衝撃を求めるのは違うと思うが、同じ系統の先行作品と比べても新鮮味がない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。