サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

亜愛一郎シリーズ みんなのレビュー

  • 泡坂妻夫 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本亜愛一郎の狼狽

2001/01/24 02:23

探偵、亜愛一郎のキャラがち!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 探偵、亜愛一郎のキャラがち!

 整った顔立ちにすらりとした長身の二枚目。職業は雲や虫の撮影を得意とするカメラマン。代表作は『雲の瀑』。でもよーく観察すると…運動神経ゼロでどこか抜けてる臆病者。「亜」が苗字で「愛一郎」が名前という奇妙さに加え、自己紹介で「亜硫酸の亜です」とのたまう。彼の行くところなぜか怪事件が勃発、慌てふためきあたふたするも、ひとたび白目をむくや否や、知力体力ぐぐんとアップ、めくるめく推理で事件を解決してしまう。いまいち頼りなくてこんなので生活していけるのかあ…?と要らぬ心配もしてしまうけど、彼には何やら隠された秘密があるらしい。
 前半はコメディータッチだが白目をむいた後の推理はなかなかユニークで、人のちょっとした仕草や考え方から犯人を割り出してしまう。そうなると前半のどたばた劇の伏線が生きてくる…という寸法。
 短編シリーズもので、ツボを突いてる。小粒でぴりりに完璧中毒。読みきりなのに細かいところでつながっているから、脇役や小道具に妙にマニアックになってみたり。読んで行くうちに完璧に作者の術中にはまってしまった。
 『11枚のとらんぷ』『乱れからくり』などの名作を数々と生み出す作者泡坂妻夫のデビュー作「DL2号機事件」が冒頭を飾っている。

ちなみに亜愛一郎の風体、作者のイメージではアラン・ドロンだそう…


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本亜愛一郎の狼狽

2013/05/20 22:14

亜愛一郎の狼狽

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホームズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『曲がった部屋』『掌上の黄金仮面』『ボロボの神』『黒い霧』など面白い短編が多かったとは思いますが何故か泡坂妻夫とはあわないのか微妙に読みにくい気がしてしまった。亜愛一郎のキャラクターは面白くって良かったですが(笑)巻き込まれて事件を解決するスタイルってのは好きですね(笑)自己紹介も「亜硫酸」って(笑)「希硫酸」だったり(笑)もっとシリーズ読めば慣れてくるんでしょうね(笑)他のも読んでみよう(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本亜愛一郎の狼狽

2001/06/23 19:32

亜愛一郎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 亜愛一郎が登場する短編集の三部作第一弾。
 ユニークな謎が特徴の一つ。伏線の巧みさもさすが。いろんなタイプの作品が入っているが、個人的には「掘り出された童話」の暗号トリックが好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本亜愛一郎の狼狽

2003/06/09 16:19

編集部コメント

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

青年カメラマン亜愛一郎は、長身で端麗な顔立ちにもかかわらず、運動神経はまるでナシ、グズでドジなブラウン神父型のキャラクター。ところがいったん事件に遭遇すると、独特の論理を展開して並外れた推理力を発揮する! マジシャンで紋章絵師、そして直木賞と日本推理作家協会賞の受賞者泡坂妻夫の、デビュー作を含む全八話を収録した傑作短編集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。