サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ラヴクラフト全集 みんなのレビュー

  • H・P・ラヴクラフト, 大瀧啓裕, 宇野利泰 (訳), 大西尹明 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本ラヴクラフト全集 1

2002/07/22 04:15

忌まわしきインスマウス

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルー神話の始祖として知られる、20世紀の怪奇小説作家の大
御所H.P.ラヴクラフトの全集。これはその第1巻。ちなみに、第1巻
と第2巻は、当初『ラヴクラフト傑作選』として出されていたもの。
ゆえに粒揃いの作品が収められている。収録作品は以下の通り:

「インスマウスの影」
「壁の中の鼠」
「死体安置所にて」
「闇に囁くもの」

「インスマウスの影」—— 忌まわしき町インスマウスとそのおぞ
ましい住人たちを巡るこの物語は、クトゥルー神話体系の原点のひ
とつ。まぎれもない傑作であり、知っていないと仲間との会話にも
困る重要な作品である。

「闇に囁くもの」—— 洪水の際に発見された謎の生物の死体を巡
る論争から始まるこの物語は、枠組みだけを見ると完全にSFである。
しかしそれがラヴクラフトの手に掛かると、こんな恐怖譚になって
しまうのだ。曖昧に提示される間接的な情報や、登場人物たちの
もどかしい行動。それらは読者を苛立たせながら、いつのまにか読
者を完全に物語の中へと引きずりこむ。

ラヴクラフトに入門したいと思ったら、まずはこの全集に着手する
ことをおすすめしたい。そして、青心社の『クトゥルー』のシリー
ズに手を拡げるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 2

2002/07/22 04:17

クトゥルフの出現

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルー神話の始祖として知られる、20世紀の怪奇小説作家の大
御所H.P.ラヴクラフトの全集の第2巻。収録作品は次の通り:

「クトゥルフの呼び声」
「エーリッヒ・ツァンの音楽」
「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」

「クトゥルフの呼び声」—— この作品は、クトゥルー神話の最大
の原点といってよい大傑作。世界各地で起きた様々な奇怪な出来事
や数々の事実がひとつに結び付き、そして、恐るべきヴィジョンが
読者に提示される。良くできたストーリーであり、クトゥルー神話
大系の世界観が一挙に明らかにされる点で重要でもある。みごとな
作品だ。
「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」—— 本書の大半を占める
長さで、これは事実上長篇である。自分の祖先である謎めいた魔術
師の探求から始まるこの物語は、精緻な構成の、読み応えのある作
品だ。歴史ロマンの雰囲気も色濃く、わたしが最も好きなラヴクラ
フト作品のひとつでもある。

「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」は、しばらく前に『ヘルハ
ザード』というタイトルで映画化された。少々翻案されていたが、
なかなか良くできていたと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 3

2002/07/25 05:22

『アウトサイダー』その他の恐怖

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルー神話の創始者であり、20世紀最後の怪奇小説作家である
H.P.ラヴクラフトの全集の第3巻。この巻から、編者/翻訳者は大瀧
啓裕氏に交替、より網羅的な構成になっている。この巻には、ラヴ
クラフトの創作の各時期を代表する作品を収録したとのこと。収録
作は以下の通りである:

「ダゴン」
「家の中の絵」
「無名都市」
「潜み棲む恐怖」
「アウトサイダー」
「戸口にあらわれたもの」
「闇をさまようもの」
「時間からの影」
「資料: 履歴書」

「アウトサイダー」——シュールなヴィジョンを見せる、不思議で
魅惑的なストーリーである。古めかしい文章もすばらしい。ポオの
影響も濃厚な異様な作品である。わたしは以前にもこの物語に接し
たことがあったらしく、作者もストーリーも忘れていたが、この物
語が見せる異様なヴィジョンだけは記憶していたという代物。なに
しろ夢に見てしまうのだ。まぎれもない傑作である。
「闇をさまようもの」——ロバート・ブロックと「殺し合い(^◇^;)」
をやったことで有名な作品。打ち捨てられた教会の探索、謎の宗教
団体「星の知慧派」、〈輝くトラペゾヘドロン〉など、幻惑的なシ
チュエーションや事物がすばらしく魅惑的。
「時間からの影」——クトゥルー神話大系の根幹をなす存在のひと
つである〈大いなる種族〉を巡る重要な作品。この地球の本当の姿
を概観する暗澹たる物語である。

ラヴクラフトが自らを語った「履歴書」と、大瀧氏による27ページ
に渡る巻末の作品解題もすばらしい。豊富な資料を収めた読み応え
のある内容の巻である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 1

2019/04/26 15:18

話にはよく聞くけど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルフ神話というと、TRPGでご存じの方も多いと思う。
TRPG以外にも色々な作品に出てくるけれども、大本はこのあたり。
神話生物が直接的に出てくるという感じではないけれど、背後でちらちら見え隠れしているのが実に気味悪くてホラーらしい。
この本に収録されている3本目だけはクトゥルフ神話と関係ないのかな?という感じはするけど、どちらにせよぞわっとする話。
ホラーが好きな人は是非。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 4

2017/11/22 21:24

今でもまったく陳腐さはない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。
以前読んだ京極夏彦氏の「虚実妖怪百物語」でラヴクラフト氏のクトゥルフ神話が大きく取り上げられていて興味を持ちました。

私自身は俗に言う「怖がり」ですので映画や読み物でも怪奇とかホラーは苦手なのですがラヴクラフト氏とクトゥルフ神話に関しては好奇心が恐怖心に優ったということでしょうか。

この巻では

「宇宙からの色」
The Colour out of Space

「眠りの壁の彼方」
Beyond the Wall of Sleep

「故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実」
Facts Concerning the Late Arthur Jermyn and His Family

「冷気」
Cool Air

「彼方より」
From Beyond

「ピックマンのモデル」
Pickman's Model

「狂気の山脈にて」
At the Mountains of Madness

の7編の小説と

「怪奇小説の執筆」
Notes on Writing Weird Fiction

というエッセイから構成されています。

どの作品もとても魅力的で滅茶苦茶面白かったです。
特に「狂気の山脈にて」傑作ではないでしょうか。
短編・中編にも関わらずどの作品もびっしりと言葉が詰め込まれているような感じで、読み進めるごとになんとも言えない緊張感・不安感と同時に期待感が募り没頭してしまいました。

ほぼ100年前の作品ですが、陳腐さは微塵も感じられず魅了されます。
ジャンルとしては怪奇小説に分類されているようですが、私はある種のSFのようにも思いました。

こうなるとこの全集は別巻も含めると9巻にもなるのですが、必ずや全巻を揃えて読み通したくて仕方なくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 4

2002/07/25 05:24

南極の恐怖

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルー神話の主にして20世紀最後の怪奇小説作家、H.P.ラヴク
ラフトの全集第4巻。この巻は、科学に比重の置かれた作品を中心
に構成したとのこと。以下の作品が収められている:

「宇宙からの色」
「眠りの壁の彼方」
「故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実」
「冷気」
「彼方より」
「ピックマンのモデル」
「狂気の山脈にて」
「資料: 怪奇小説の執筆について」

「宇宙からの色」——とある農場の庭に落下した隕石が引き起こす
怪異を描いた作品。完全なSFといっても良いほどツボにはまった作
品だ。
「狂気の山脈にて」——この巻の2/3を占める、短めの長篇といっ
て良い大作。南極大陸を訪れたミスカトニック大学調査隊は、その
奥地に巨大な山脈を発見する。さらにその麓の洞窟から、異様な形
態の生物の化石を発掘。そして恐怖が調査隊を襲う……
クトゥルー神話の重要な要素である超種族〈古のもの〉が登場する
重要な作品。「時間からの影」とならんで、地球の真の歴史を物語
る、神話大系の総括的な内容の物語である。緻密に構成されたストー
リー展開から、終盤にかけてのテンションの盛り上がりまで、読者
を物語に引きずり込まずにはおかない、まぎれもない傑作である。
わたしが最も好きなラヴクラフト作品である。ちなみに、これも完
全にSFと云って良い作品だ。

ラヴクラフトが自分の創作の手法を語った「怪奇小説の執筆につい
て」は、ラヴクラフトの創作への姿勢や怪奇小説に関する考えが窺
えて興味深い。豊富なデータを収めた巻末の作品解題も読み応えが
ある。特に「狂気の山脈にて」の執筆メモなど、たいへん興味深い
資料である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 1

2005/07/21 01:11

恐怖の宇宙卍固め

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ラヴクラフトがポーの遺鉢を継ぐ作家というのは正鵠だと思う。恐怖という分野に特化してではあるが、それを発展させて20世紀に引き継いだ。
 恐怖の根源に、単なる幽霊や怪物でも、宗教的な存在でも人間の内面でもなしに、その時代の最先端である科学に基づいた時間と宇宙の長大さを置いたところが、つまり20世紀的であると思うのだ。原子論や、アインシュタインの宇宙論、冥王星の発見までも駆使されて世界観が構築されている。そうやって人智未踏の世界を描く手法は例えばH.G.ウェルズにもあったし、W.H.ホジスンとともにコズミックホラーと呼ばれたりもする。
 本書はその全集の全7巻の初巻で、その手法の駆使された「闇に囁くもの」と、同種の題材で古典的な筆致を用いた「インスマウスの影」の2中編、同じ香りの「壁の中の鼠」と正統派怪談「死体安置所にて」の2短編。
 L.ダンセイニのファンタジーやA.マッケンなどを前人としてなお従来に無い新しいタイプの恐怖を創造しようとしているがために、作品ごとで異なる手法を用いているものと解する。ただ文体は伝統作品に伍して濃密で、それは揺らがない。外的な事象は変わり、人の精神が侵食されていく過程も屈曲を増すが、人類という種の根源にある汚辱の核に真に到達できているのではという惑乱を生み出している。
 2中編を始めいくつかの作品で共通に登場する未知世界を表す言葉の一つであるクトゥルフ(またはクトゥルー、Cthulhu)から取って名付けた神話体系と称するものが、後年の無数のフォロワーによって陸続と生み出され、日本でもホラー界のマツケンこと朝松健や栗本薫など多数、影響力はあからさまに大きかった。
 また2編ではそれぞれ、海から侵食して来るものと、山中で巣食うものの違いがあるが、宇宙全体を覆う災厄であれば逃げようが無い。そこを貫く共通点を読み解くのもよし、続巻に委ねるもよしだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 6

2002/07/27 04:39

「夢の国」の物語

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

20世紀最後の怪奇小説作家H.P.ラヴクラフトの全集の第6巻。この
巻にはランドルフ・カーターを主人公とする諸作と、初期のダンセ
イニ風掌篇を収録されている。収録作は以下の通り:

「白い帆船」
「ウルタールの猫」
「蕃神」
「セレファイス」
「ランドルフ・カーターの陳述」
「名状しがたいもの」
「銀の鍵」
「銀の鍵の門を越えて」
「未知なるカダスに夢を求めて」

前半の幻想的な物語群は、怪奇小説作家としてのラヴクラフトを期
待する向きには少々不満が残るかもしれない。自らのファンタジー
世界を舞台にした小品である。後半の諸作は、ラヴクラフトの分身
ともいわれる、神秘家ランドルフ・カーターを主人公としたシリー
ズだ。内容的には、もやは恐怖風味の冒険小説。楽しめる。例によっ
て、大瀧氏の詳細な作品解題はすばらしい。

さて、この全集は全7巻が予定されていた。本書の解説には、第7巻
と、さらに補巻も出るようなことが書かれている。第6巻が出てか
らすでに13年。これらの巻はどうなっているのだろう。ファンは首
を長くして待っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 5

2002/07/27 04:36

クトゥルー神話の原風景

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルー神話大系の創造主、20世紀最後の怪奇小説作家H.P.ラヴ
クラフトの全集の第5巻。この巻には、後にダーレスによってクトゥ
ルー神話の母胎とされることになる作品を中心に収めたとのこと。
いまだ神話として体系化されていない、いわば原風景の作品の数々
である。ラヴクラフトや他の作家たちの、のちの神話作品の中に頻
繁に見られるモチーフやスタイルが散見されるのが興味深い。収録
作は次の通り:

「神殿」
「ナイアルラトホテップ」
「魔犬」
「魔宴」
「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」
「レッド・フックの恐怖」
「魔女の家の夢」
「ダニッチの怪」
「資料: 『ネクロノミコン』の歴史」

「神殿」——深海で怪異に遭遇するUボート。ついつい、「潜水艦
なら戦え!」などと思ってしまうのだが(^◇^;)、怪異と遭遇すると
へなへなになってしまうのがお約束か。
「魔宴」——「プロトタイプ」と云う言葉が脳裏に浮かぶ作品。ミ
スカトニック大学やネクロノミコンなど、神話大系の重要な要素が
扱われている。
「ダニッチの怪」——本書の1/3を占める長めの作品だ。おぞまし
き結びつきから生まれた怪物の恐怖を描いた作品。ミスカトニック
大学の教授連が大活躍したりなぞして楽しい。結末も比較的すっき
りとしているあたり、ちょっと珍しいかも。冒険SFとしても楽しめ
る。

この巻は、マニアックな関心に応える巻という側面が強く、他では
見られないような作品も収められている。お得な巻であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 4

2018/08/16 13:45

カチコチ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:451 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1~3は読んだことないが、いきなり4。なぜいきなり4なのかといえば、わさびドラ史上最悪にダサいタイトルでありながら、最高の名作「南極カチコチ大冒険」が「狂気の山脈にて」をモチーフにしているという噂であったので。
たしかに、その要素がふんだんにありますね。
そして、他の作品にくらべて「狂気の山脈にて」の完成度は群をぬいていますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 4

2015/08/28 05:10

さまざまな怪奇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オムレツ洞窟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラヴクラフトは二冊目です。
この第四巻も、どのお話もおどろおどろしい雰囲気がありました。
「冷気」はわりと、この巻の中では分かりやすく面白かったです。
他にじわじわとした怖さが迫ってくる「宇宙からの色」が印象に残っています。

しかし「狂気の山脈にて」は長いです。決してつまらないわけではありませんが
集中力がない私は途中からウンザリしてきました。
でも、いつ南極に行ってもいいようにがんばって読みました。
同じような人がいたら、文中に何回「名状しがたい」が出てくるかを期待しながら読むと楽しくなってくるかもしれません。

南極はなかなか怖いところなんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 3

2003/03/18 22:34

かなりバラエティに富んだ収録作品。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:forest - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第4巻に続き、最近読了しました。「時間からの影」がかなり難しかったので
時間がかかってしまいましたが…。
 各作品ごとの感想。

 「ダゴン」
 収録作品の中ではかなり分かりやすかったです。軽いホラーのノリで
 楽しく読めました。  
 旧支配者の神々は時代を選ばず襲ってきます。第2次大戦中、貨物船の
船員が体験する恐怖を描いてます。

 「家の中の絵」
 猟奇殺人ものの原点ではないかという感じの作品です。
 現在のホラー映画の中には影響を受けているものも多いのではないでしょうか。

 「無名都市」
 アラブの現地人に忌み嫌われ、決して近づかないといわれる古代遺跡。
 アラビアの砂漠に位置するその古代遺跡に足を踏みいれた語り手は、
恐ろしい事実を目にします。
 ちょっと抽象的すぎかなという感じです。
  
 「潜み棲む恐怖」
  アドベンチャー的な部分が強いです。この作品も読みやすいです。
 マーテンス一族に起こった恐るべき悲劇。それを調べようと語り手は
その一族の家があるテンペスト山に向かいます。結末も豪快です。
  映画「地底人アンダーテイカー」原作。

 「戸口に現れたもの」
  エドワード・ピックマン・ダービィの友人である語り手。彼はなぜ
エドワードを殺したのか。それは彼の妻の恐るべき家系にまつわる陰謀
 がかかわっていた…。
  サスペンス色が出ている作品です。

 「アウトサイダー」
 これは非常に短いです。あっという間に終わります。
 一度も城から出たことのない語り手は、本を読む毎日を送っていた。
 そしてはじめて外へ出て鏡で自分の姿をみる。それは…。
 読んでみてください。^^;

 「闇をさまようもの」
 うーん。かなり難しくてよく分かりませんでした。
 ラブクラフトが友人の一人であるロバート・ブロックにささげたという
作品だそうです。

 「時間からの影」 
 かなり長いです。「狂気の山脈にて」も長かったですが。^^;
 途中で眠くなりました。(汗)
 ある病院で長い昏睡状態になっていた考古学者の語り手は、臨死体験による
「大いなる種族」の存在を目撃する。そしてできる限りその事実を記録しよう
とするが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラヴクラフト全集 1

2015/03/19 09:20

わからない……

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネットとか他の本でチラホラみかける
クトゥルフ神話
調べてもよくわからないから本を読みました。
そもそも創作だったことに驚き……。

翻訳本だからかもしれないけど
読みにくかった……。
でもその読みにくさが、情景をうまく描けないもどかしさが、
得体のしれない不気味さをよぶ手助けをしてくれました。
現実で何度か「あ、この人インスマウス面だ」と思うようになりました。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。