サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ヴァイオリン職人 みんなのレビュー

  • ポール・アダム, 青木悦子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本ヴァイオリン職人の探求と推理

2015/03/26 17:59

美しい素材、美しい文章、音楽と人生の味わい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者はイギリス人で、かなり多作な人らしいが日本では知られてなかっただろう。
それが昨年、正編続編と成す2冊のユニークな本で登場した。
ユニークというのはわざわざ翻訳者が原作の題を変えて強調しているように、
ヴァイオリン職人の老人が謎解きに挑むというものだ。
しかも主人公ほか主要人物はイタリア人で、舞台もだいたいイタリアである。

正編に当たるこの本では、
腕の良いヴァイオリン職人のジャンニが、語り手=主人公として登場、
同業の親友が殺され、若い刑事もヴァイオリンの演奏仲間で、
またどうも幻の名器にまつわる事件のようだということで、
その知識もあって、刑事を手伝って謎解きに乗り出す、という話になっている。

ヴァイオリン、しかも製作、さらには偽造やらという面を含むわけで、
クラシック音楽やヴァイオリンの曲や、
ヴァイオリンそのものに興味がある人には堪えられない素材かもしれない。

私のようにとくにヴァイオリンに詳しくない場合でも、
ストラディバリウスなどという名器があって、何やら興味深い、ときにはミステリアスな歴史があることはどこかで聞いている。
そういう背景の奥深さをうまく利用したミステリーである。
一般人が読むにはときに知識がついていかないと思う場面もあるが、
苦になる程でもないし、当然のようにすばらし演奏の描写などもあって楽しめる。
ミステリーとしては、殺人をめぐる真実だけでなく、
消えた歴史的なヴァイオリンの謎をも解き明かそうという二重構造になっているのもいい。

しかし、そうしたユニークな設定はもちろん評価すべきとしても、
またミステリーとしての質も悪くないにしても、
私が一番魅力的と感じたのは文章と登場人物だった。
とても味のある主人公が語る形だから、それらは渾然一体と言ってもいい。
ジャンニだけでなく、友人である若い相棒の刑事のほか、
何人もの愛すべき、あるいは興味深い人物が出てくる。
その辺は、質のいいイギリスの小説にしばしば見られるもので、
イギリスの作家の良さが出ていると言うべきだろうか。

ミステリーというと殺人事件を扱ったものが圧倒的に多いだろうし、この作品も例外ではないが、
そこにありがちな生々しさとか血生臭さはここではあまり感じられない。
それもやはりジャンニの人柄とそれを映した作者の筆の功績で、
殺人のおぞましさの代わりに、人生の滋味のようなものがにじみ出ているのがとてもいい。
文章だけでも楽しめる物語ではないかと思った。

そしてそれも翻訳の良さがあってのことである。
おそらく元の文章もいいのだろうが、この翻訳はいい。
注の付け方にもクラシック音楽へのこだわりが感じられるようで、その点もいいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヴァイオリン職人の探求と推理

2015/03/23 20:35

いいです

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パウロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公のヴァイオリン職人ジョヴァンニが友人、家族、過去と現在の職人や演奏家たちにそそぐ暖かい視線、音楽への愛に心があたたまる。遊びにきた孫たちに、母親(自分の娘)の禁止事項をやぶって泥んこで遊ばせたり、被害者の孫の若いヴァイオリニストをはげましたり。個人的には、ストラディヴァリの暮らしと仕事ぶりについてのくだりが印象的だった(P162)。過去の大職人に対する敬意にあふれ、一人称であることが効いている。もちろん第二作もすぐ読むしかないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ヴァイオリン職人の探求と推理

2017/12/21 18:16

イタリアに行きたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:xyz - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物お覚えるのに最後まで確認しっぱなしですが、その多くの関係者が必ずどこかで絡み合っています。
落ち着いた主人公の穏やかな語り口が快く、引き込まれていきます。
ヴァイオリンに縁のない自分も読後には色々と調べてしまいました。
作者の作品が2冊しかないのがとても残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

聴きたくなります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:xyz - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初はヴァイオリンの名前と人の名前、土地の名前がどんどん出て来て、登場人物を覚えるのが大変ですが、どの人物も個性豊かでどんどん引き込まれていきます。
まるで自分がヴァイオリンを手にしているかのような気持ちになります。
作者は音楽の専門家でないのにこれだけの知識がある事なの脱帽です。
けっして読み易い本ではありませんが、ずっしりと読み応えのある一冊です。
読み終わった後にヴァイオリンを聴きたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今回はパガニーニですよ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ef - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヴァイオリン職人のジャンニを探偵役とするシリーズ第2作目の作品です。
 ご存知のとおり、パガニーニは18世紀から19世紀にかけて活躍した、超絶技巧で名高いイタリアのヴァイオリニストですが、今回のお話は、彼が愛用したとされるグァルネリ・”デル・ジェス”、別名「大砲」の異名を取る銘機のヴァイオリンが、ジャンニのもとに修理のために届けられたことから始まります。

 このヴァイオリンは、いつもはジェノヴァ市の市庁舎に保管されているのですが、パガニーニ国際ヴァイオリンコンクールの優勝者には、副賞の一部として貸し与えられ、演奏することが許されているというものでした。
 今回、コンクールに優勝したのは、まだ若いエフゲニーという演奏家だったのですが、このヴァイオリンを使って練習していたところ、誤ってぶつけてしまったらしく、以来、異音がするので、その夜のコンサートまでに大至急修理して欲しいとの依頼でした。

 ジャンニがうまく修理をしてあげたことから、エフゲニーとも親しくなり、彼を招いて友人同士で弦楽四重奏を楽しむなどの機会も得ることができました。
 ところで、エフゲニーにはいつも母親がべったりと張り付いているんですね。
 すべては母親の言いなりになっていました。
 エフゲニーだってもう子供ではないというのに、母親の決めたことが絶対という生活を強いられていたのです。

 そうこうしているうちに第1の殺人事件が発生します。
 それと前後して、エフゲニーも行方不明になってしまうのです。
 今回のお話は、殺人事件の捜査とエフゲニーの捜索が絡み合う展開となります。

 このシリーズは、普通のミステリのように殺人事件などの謎解きを楽しむというよりは(それももちろんありますが)、むしろ歴史的な謎(今回はパガニーニにまつわる謎です。ロッシーニも登場しますよ)を解き明かしていくところに独特の面白さがあるんですね。
 パガニーニが贈られたというモーセが描かれた黄金の箱と、その中に入っていたと思われる小さなヴァイオリンの行方がその謎になりますし、また、パガニーニが作曲したと思われる幻の曲の行方も絡んできます。
 大変上質なミステリではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

豊かで贅沢な音楽ミステリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヴァイオリン職人のジャンニは60代半ば。ミラノ郊外のクレモナという小さな田舎町に一人住んで、ヴァイオリンの製作と修復を生業にしている。ストラディヴァリにまつわる事件と、その歴史上の謎に迫った前作に続く第二作目。

ある日、電話で修復の依頼が入り、当日に持ち込まれることになった一本のヴァイオリンは、かのパガニーニが愛用したグアルネリの名器、その名も「イル・カノーネ(大砲)」。推定価格二千万ユーロ(?)とかいう世紀の名器だ。
ジャンニの住む片田舎の一軒家に、これが演奏家とその取り巻きと護衛に警察がついて、物々しい6台車列の護送艦隊(?)とともに登場。しかしこのグァルネリの名器を携えた、ロシアの若き天才ヴァイオリニストエフゲニーは、実生活では母の影におびえる実に気の弱い青年だ。その青年の気持ちをほぐし、温かな交友を持つジャンニ。

その後、殺人事件が起こる。同時に天才ヴァイオリニストのエフゲニーは謎の失踪。背景にはパガニーニとその愛人の秘められた物語が絡むらしい。愛人はナポレオンの妹で女公でもあった。彼女が恋人に愛を込めて贈った宝物と、お返しにパガニーニが送ったと思しき未発見の小曲の行方。そこに殺人事件が絡み合いながらストーリーが展開していく。はたしてエフゲニーは犯罪とどうかかわっているのか・・・?

まずは冒頭の名器登場で思わず大笑いして、すっかり話に掴まれてしまった。行間から様々な音楽が、豊かに流れてくるような感覚も相変わらず。
ジャンニは前作で経済学者のマルゲリータと穏やかな関係を育み始めるのだが、この二人の静かな会話もよい。
全体に静かで穏やかな語り口なのだが、ストーリーテリングはよどみなく、一気に読み耽らせてくれる。多少飛躍したように思える筋もあるのだが、この際そんなもんどうでもいいなと思えるくらい、登場人物や背景が魅力的な話だ。

ちなみに新作の状況を調べてみたら、まだ続編は出ていない由。次を首を長くして待とうと思う。
最新作では本シリーズと打って変わって、1910年代のニューオーリンズとその頃のジャズを背景にしたミステリーもあるとかで、こっちも楽しみな一作。
どっちでもいいから早く出ないかな♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。