サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

出版社営業・井辻智紀の業務日誌 みんなのレビュー

  • 大崎梢 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本平台がおまちかね

2017/05/11 21:09

本は好きですか? 本屋さんは好きですか? じゃあ、ひとつお読み下さい。だから、読んで下さい。……いいから読めっつーの!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

えー、盲信書評です。めっぽう楽しいです。
出版社の営業員が、ライバル営業と丁々発止と渡り合いながら、
書店員さんたちも巻き込んで日常の謎を解いていく話です。
全五編の短編集で、一話が約五十ページという軽やかな作りです。

日常の謎は、読み順が重要なことが多いのですが、この作品に
関しては読み順の縛りはきつくなさそうです。
でも可能なら守った方がよさそうです。
日常の謎って、謎解きと人物描写の味わいの両方を兼ね添えて
いることが多いですからね。

さて出版営業の井辻君。今日も元気に書店を回っています。
書店に本を卸すのは取次と呼ばれる問屋さんですが、実際には
出版営業があの手この手でテコ入れしているんですね。
大崎梢さんは書店員だったこともあり、書店員目線の成風堂
シリーズも楽しいんですが、この出版営業シリーズは磨きが
かかっています。

井辻君は本が好きすぎて出版社に入ったクチです。
でも普通は編集者だろうと考えているところに、さくっとメスが
入ります。

編集者といえば好きな本作りに参加することばかりに目が
いきます。実際は、それに加え担当作家の他社出版作品を
読み、売れ筋を読み、新人賞
応募の原稿を読みと、始終何かを読んでいるような生活です。

井辻君の口から、本の洪水に押しつぶされないように、
好きな本を好きなように好きなだけ読む、そのための営業だなんて
言わせています。

なんだか妙にリアルだったりします。

さらに井辻君は、本を読んで、浸って、再読して、絵を描いて、
最終的にはジオラマという手作り模型を作り上げるという病的な
こだわりをもっているらしいです。うまいです、この人物造形。

ライバル出版の営業も、実に味のあるメンバーが揃っていて、
コメディー漫画でも読んでいる気がしてきます。

結局、中身は何も書いていない書評になってしまいました。
わははのは。
井辻君(作中では別名ひつじ君)が乗り移って、いいから
読んでくれーと僕に叫ばせるのです、はい。

そう言えば書評のタイトルって、本屋さんのポップみたいな
ものですね。ふと思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本平台がおまちかね

2015/11/29 19:33

また、会いたいな、井辻くんに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくまりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版社の新人営業マン、井辻くんをめぐる、5つのハートルルミステリー短編集。「驚愕のどんでん返しをかますミステリー」というわけではなく、「読み終えても涙止まらない感動作」というわけでもない。
でも、毎日本を開くたびに、「また、井辻くんや、その仲間たちに会えるんだな」と、心躍りながらページを繰っていた。しっかりと丁寧で、しかしあまり懲りすぎない大崎梢氏の人物造形と、無理のない筋運びがそうさせているのだろう。
読み終わると、穏やかで暖かな、小春日和のような読後感。ああ、また、井辻君たちに会いたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本平台がおまちかね

2017/08/08 14:26

井辻くんの奮闘記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

井辻くんの一生懸命さがいいなあ。オススメ本のポップを作り、書店のマドンナの悩みのために一肌脱いだり。誠実な彼が勧めてくれる封神演義なら面白いだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本平台がおまちかね

2019/03/20 17:36

出版社の営業マンのお話です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぴぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の絵をみて、なんで羊なんだろう?と思っていたのですが、読んでその謎が解けました。

中身は、出版社の営業マンのお話です。なんだか杉江由次氏の「炎の営業日誌」を思い出すなあと思って読んでいたら、本書のあとがきをその杉江氏が書いていて驚きました。あとがきによれば、本書は出版社の営業マンのリアルな姿が描かれているそうですので、出版社の営業職に興味がある方は、本書や杉江氏の炎の営業日誌を一読されてはいかがでしょうか。そうした職に興味がなくても面白いと思います。

本書は、一作目がなんといってもよかったですが、一冊を通してみると、このシリーズ2作目の『背表紙は歌う』のほうが面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本平台がおまちかね

2015/08/31 20:38

連作短編集です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

本にどんどん親しみがわいてくる一冊です。「絵本の神様」が特に素敵だなと思いました。また、派生して色々な本を読みたくなりました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。