サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ヘンな論文 みんなのレビュー

  • 著者:サンキュータツオ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

研究は誰にでも開かれている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どらごん - この投稿者のレビュー一覧を見る

論文は知的好奇心によってできている。何に役に立つのかわからない論文について、著者のサンキュータツオ氏がつっこんでいく。タツオ氏自身が学者であるため、ヘンな論文を笑うのではなく、面白さと凄さを一般人にきちんと伝えていこうとの熱い想いを節々から感じ取れる。また、今回は大学の教授などのいわゆる研究者の論文だけではなく、学生の卒論や在野研究者の論文が多く紹介されている。これは研究という知的営みが決して一部の人間に限られているわけではなく、環境によらず誰でも参加できる活動であることを示したいのであろう。誰も知らないことを明らかにすることがいかに面白いことか、子供から大人まで読んでほしい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2016/01/31 12:06

論文も,読む人しだいでこんなに面白くなるんだなあ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学者芸人サンキュータツオさんによる,研究に対する愛があふれた本.カップルの座る距離,世間話の研究,浮気する人たちの心情調査,コーヒーカップを叩くスプーンの音などなど,入口は笑ってしまうが,実験,フィールドワーク,質的研究など,さまざまな研究を網羅している.これをネタ本にして,学生や同僚とプチサイエンスカフェなことしてみますよ.タツオさん,続編期待してます.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2015/10/18 09:43

こんなエネルギーが本当は大事なんだろうな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つかも - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうでもいいようなことに傾ける情熱。当人以外は何ら価値や重要性を見いだせないことに愚直に取り組む姿勢こそ「学問」の神髄ではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2018/11/09 17:05

異分野の研究をのぞき見するのも面白い。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雲絶間姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段は知らない、異分野の研究、しかも、まっとうな感じではなくイグノーベル賞系の研究論文をレビューされています。
普段の専門とは違う研究分野が垣間見られて面白かったです。
私の持っている、生命科学系の「ヘンな論文」をサンキュータツオ様に紹介したくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2018/01/25 20:11

奇天烈な論文集

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

珍論文コレクターのサンキュータツオ氏が大学図書館で見つけた、奇天烈な論文を紹介した本です。
 取り上げた論文は、「世間話の研究」「浮気男の頭の中」「女子高生と男子の目」「しりとりはどこまで続く」「湯たんぽ異聞」等の13本。これらが、れっきとした学術論文であることが楽しいです。
 加えて、単に論文を掲載するのではなく、概要を噛み砕いて紹介していますので、難解な論文を読まずに、内容を知ることができます。役に立つかは置いておいて、色々と勉強になり、研究者の情熱も十分伝わります。私は、ラストの湯たんぽ論文に最も感銘を受けました。

 ところで、多くの卒業論文は大学図書館に所蔵されているとのこと。私の拙い論文(「都市計画と行政法」との関係を分析した論文でしたが、「可」評価でギリギリ卒業できたレベルです。内容はほとんど覚えていません)も所蔵されていると思うと、恥ずかしくてたまりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もっとヘンな論文

2017/12/31 21:40

汲めども尽きぬ「ヘンな論文」ワールド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『ヘンな論文』で学術論文の味わい深さを垣間見せてくれましたが、本作でもパワーダウンすることなく、独特の世界観を展開してくれます。

一本目「プロ野球選手と結婚する方法」から、とても卒業論文とは思えないレベルで研究という人間の営みの「業」の深さを味わわせてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2017/08/17 18:46

無駄を許容する豊かさ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

知的好奇心だけを情熱の原動力として研究をおこなうことよりも、この本に収録されている論文の著者たちの偉いところは、己を厳しく律しているところである。あとがきにあるような、サブカル位なら引用や盗用も大丈夫だろうという緩い態度や、自分以外に専門家がいないなら、データの改竄もバレないだろうというトンデモの偽研究者と明らかに異なる。こうした研究者にエールを送りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もっとヘンな論文

2017/08/04 23:34

研究を世に問うていく力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回のメインである海事研究の著者インタビューにあるように、研究者の役目に自己の研究を世に問うていくことも必要なのだと教えられた。オタクであることが肯定されるようになった現在、もう一歩進んで、ユーチューバーのように、自分の研究成果を気軽に発表することも積極的になされねばならないと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もっとヘンな論文

2017/07/08 17:03

ヘンでためになる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二弾ゆえのパワーダウンが少々あるが、やはり研究者の目の付け所の素晴らしさは変わらない。
『「坊ちゃん」と瀬戸内航路』の章はなかなかここまでの考察は難しいと思われるし、船に対する論者の偏愛が伝わってくる。
都市伝説好きには、『「追いかけてくるもの」研究』や『前世の記憶をもつ子ども』がオススメ。地味に真面目に追及されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2017/06/16 14:01

学究の道のりは長い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

論文を書くのに、下準備は大切だ。既存の研究を探したり、独自のデータを採集して分析する。
その苦労と結晶が、何の役に立つの?と言われたら、答えようもない世界。でも面白くってたまらない。
湯たんぽの伊藤紀之先生の話は悲しい。先攻研究を大切にしてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2016/02/07 11:31

勉強って面白い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

滅多に目にすることのない研究論文が、これほどの
エンターテインメントだったとは。
どんなことでも興味さえあれば、研究・論考の対象
になることが面白く紹介されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2017/12/30 15:32

最高にムダな知的興奮

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル通りに、変なテーマやタイトルの論文を取り上げている。ただし、中身が「ヘン」というわけではなく、学術的な内容であると推察される。ヘンな論文を単に揶揄するものになっていないのは、筆者が「面白い(interesting)」と思って、論文と向き合い、何が面白いかを軽妙は筆致で叙述しているからではないか。真面目に面白がっているので、論文の筆者とも交流が続いている場合があるというのも納得である。
筆者自身も修士論文をものしている文学修士であるため、取り上げた論文の見方はなるほどと頷けるところが随所にあって、「最高にムダな知的興奮!」という帯のキャッチコピーはなかなか上手いことを言っていると思えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2016/11/08 19:22

本当に変な論文

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miopoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

真面目に書いた論文なんだけど、一般的には論文といえない論文。
なんでも興味を持てば論文が書ける!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘンな論文

2018/08/12 20:26

クッソ面白いです。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

サンキュータツオさんのツッコミが冴え渡っている電車で読めない系の本です。
表紙の猫に釣られて読みましたが、エロ関連が特に面白いです。
仮にも女なのに「浮気によって妻への愛が深まる」論に納得してしまいました(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。