サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

人のセックスを笑うな みんなのレビュー

  • 山崎ナオコーラ (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本人のセックスを笑うな

2009/10/29 08:40

彼女の名前を笑うな

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代文学の書き手たちのなかにあって、山崎ナオコーラはどのような場所にいるのだろうか。
 山崎ナオコーラはこの『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞(2004年)を受賞しデビューしたのだが、その刺激的な題名と人を小馬鹿にしたようなペンネームであたかも現代文学の最先端にいるかのごとく評価されているのだと思う。
 しかし、そのじつ、山崎ナオコーラはけっして主流にあるのではなく、彼女独自の世界感、あるいは文学感のなかにいるような気がしている。
 それは、すでにこのデビュー作から持ちえた、彼女の感性だといえる。

 美術専門学校に通う十九歳の主人公はその学校の講師である三十九歳の既婚のユリと関係をもっている。「関係をもつ」という奇妙な日本語には、二人のあいだには性行為が存在する、という事実をふくまれているのだが、もっと純粋な恋愛感情が少なくとも主人公にはある。
 きっかけや関係性はともかくとして、あるいは物語の進み具合からすると、あたかも年上の女性のきまぐれにふりまわされているようにも見えるが、主人公の心の揺れ動きはどの時代にあっても若い人たちが経験するだろう、乱暴に扱えば壊れそうな心情を、描いている。
 山崎ナオコーラは物語を書こうとしたのではなく、十九歳の青年の心の風景を言葉にしただけだ。

 そういう点で、山崎ナオコーラは現代文学の多くの書き手たちと一線を画している。
 めざすべき方向がちがうといってもいいし、彼女は物語ではこぼれてしまう心の在り処を実は読者にゆだねているようにみえる。
 作者は物語の後ろに隠れている。そういう照れのような思いが、一見ふざけてみえる「ナオコーラ」というペンネームに託されているのではないだろうか。

 「寂しいから誰かに触りたいなんて、ばかだ」と突き放しつつも、そういう寂しさを人一倍感じるものを作者自身が捨てきれないでいる。
 そういうものに共鳴する。これからも山崎ナオコーラは、私にとって気になる作家であるにちがいない。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でご覧いただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人のセックスを笑うな

2012/08/19 20:20

止った時間のなかで

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桔梗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふいに 一緒にいて心地よい相手を見つけてしまい かけがえのない時間を過ごした

ただ それだけ

ただふたり一緒に過ごすわずかな時間
長い一生の時間の中で そうやって切り取られた 止った時間や名前のない空間があるのも悪くない

本気だとか遊びだとか 不倫だとか浮気だとか
無理に何かの型にあてはめたり 分類をして名前をつけたりする必要はない

オレがこの先 残った想いを大事に抱えて生きていくのと同じように ユリもきっとこの時間を忘れない

淡々と単純に“好き”って想いだけがそこにあった

それでいいのではないだろうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人のセックスを笑うな

2008/05/06 12:24

作家の計略

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人のセックスを笑うな 山崎ナオコーラ 河出文庫

 女性作家ですが文章は男性的です。読み始めのほんの数ページで、これは、女性同士の同性愛の話だとピンときました。文章中多用されている「オレ」という一人称単数は、女性が自分に向かって示している「オレ」であって、主人公の磯貝君は男性ではありません。加えて、磯貝君19歳、ユリさん39歳の設定ですが、文中ではそれほどかけはなれた年齢差が感じられないことから、ふたりの年齢差はもっと近いと判断しながら読みました。つまり、この作品には秘密とか計略とかが仕掛けられていて、表面にはない向こう側に本当の作品があるのです。そしてその作品は文章化されていないのです。表面上の文章だけを読むとふたりが結びつく理由がありません。ところが女性同士に設定しなおすと十分納得できます。文章は短文で、詩のようで、かつ硬い。50ページを過ぎて磯貝君が男性になってしまいました。そしてつまらなくなりました。そのページ周辺の記述を削除すればあとがつながっていきます。より作品の完成度が高まります。
 映像化されたようですがわたしは見ていません。表面上の男女の設定で公開されたのでしょうが、それはこの作品の本物の姿ではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。