サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

窓の灯 みんなのレビュー

  • 青山七恵 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本窓の灯

2009/02/21 23:32

そして人は大人になる

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ひとり日和』で、ゆったりとした、「自己」の再確認/再スタートを描いて芥川賞を射止めた青山七恵さんは、そのデビュー作にもまたすぐれたひとりの女性の姿を描いていた。何気なく手に取った文庫本で、ずいぶんと『ひとり日和』のことや作家・青山七恵さんのことがわかったような気がして、お得な感じなのである。しかもそこに描かれたのもまた、一見平凡な「若い女性」の、「自己」の再確認/再スタートであった。ゆったり感や作品としての完成度でいえば『ひとり日和』に軍配は上がるかも知れないけれど、テーマにあったみずみずしさという意味では、この「窓の灯」もまったくひけをとらない佳作なのであった。

登場人物は、ごくごく限られており、設定も複雑というのではない。それでも、ひとたび行き場がなくなった主人公が、淡々とした日々の内にも地獄を抱え、自/他ともに(これもまた)淡々と傷つけながら再生(?)を遂げていくには、十分な道具立てである。もちろん、これだけの道具で、こんな豊かな小説ができるというのは、青山七恵さんの才筆によるものなのだろう。いずれにせよ、「見ること」を表だった主題として掲げた女性主人公の「清張」は、みごとな日常の綾によって鮮やかに描かれていく。そして、抽象的な要約を施すならば、この小説は、女性主人公が自分のことを「見られるようになる」までの物語である。、「自己」の再確認/再スタートたるゆえんである。ただし、それは凡百の「自分探し」物語とは、なにかが違う。ずいぶん、違う。何が、違うのだろう?

そこに、「窓の灯」の魅力が凝縮されている。おそらく、それは自己顕示や自己肯定の欲望が、作家にも作品(女性主人公)にもない(少ない)ことと関わると思われる。そうではなく、「見ること」を気にしながら、淡々と生きていえるかのような日常を、女性主人公は必死で生き延びているのだ、たぶん。そこに、自己の欲望を育むような余裕はない。余裕はないけれど、作品の印象はいかにもゆったり、のんびりしている。そこがまた本作の妙であり魅力でもあろう。そうした地点で描かれる、「自己」の再確認/再スタートには/だからこそ、そこには力もありリアリティも宿るのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本窓の灯

2018/11/20 00:26

心許ない夜に寄り添う一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学を辞めて「姉さん」の喫茶店で働く「私」の話。男に囲まれる美人な姉さんへの、羨むような妬むような、それでも心が惹かれるような私の目線のリアルな心象風景が良い。自分を持て余して、他人の生活を窓越しに観察する私の頼りない心の在り様と夜の散歩道が何とも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍窓の灯

2018/05/09 18:52

覗き込む日常

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

喫茶店で住み込みで働く女の子の、覗きに没頭していく姿が奇妙な味わいでした。不思議なムードを感じることができる店内と、意外性の溢れるストーリーが良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本窓の灯

2018/01/23 10:43

ここではないどこかで。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaoriction - この投稿者のレビュー一覧を見る

第42回文藝賞受賞作であり、青山七恵 デビュー作。

大学を辞め、「ミカド姉さん」というほとんど素性も知らぬ女性の喫茶店で働きながらお店の上の部屋で生活する私「まりも」。向かいの部屋の窓の中を覗くことが日課のまりも。やがて向かいの窓だけではなく夜の街をへ出て違う たくさんの窓を覗くようになる。

小さな世界の話だけれど、宇宙的というか。
夜の闇、窓の灯、ミカド姉さんと男達、窓の向こうを「生きる」人たち。気怠く、湿った空気間なのに、妙にサラリと吹き抜ける感覚。筆致のせいだろうか。

壁の向こう、窓の向こうの男と女の声に姿。

「なんでもない生活を、私なしでも息をして淡々と暮らしている人々を見てまわった」。

自分とは違う空気、場所、窓の向こう側で生きる人たちを感じ、見ながら、生きていることを 実感する まりも。

ここではないどこかで。
ここではないどこかで生きる人、自分。
アイデンティティの模索、なのかな。

22歳のデビュー作…表現の妙が光る。
やはり『風』より、こういった青山七恵の原点的な作品が私は好きだ。

併録『ムラサキさんのパリ』も好き。流れるテーマは同じように思う。ここではないどこかで。

「つらくなると、パリの街並みのことを考えるの。エッフェル塔とか、エッフェル塔の上から見える凱旋門とかね。あとなんとかの森とか」
「とにかく、自分からすっごおく遠く離れたところにそういうきれいな場所があって、つらくなってる自分とは無関係に今日もきれいなんだ、って考える」
「別にどうもしないけど気はまぎれるわね。ついでにね、自分はパリ生まれのフランス人だって思うの」。

ここではないどこかにも 私の生きてゆく、生きてゆける場所はある。。。
ここではない どこか で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本窓の灯

2010/03/17 13:53

青山七恵デビュー作 『窓の灯』

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハジメマシテの作家さん。「こういう作品は感想を書くのが難しい。」というレビューを目にして、気になって読んでみた。

2005年デビューの著者は1983年生まれ。なんと、年下ではないかっ!!!と、そんなどうでもいいところにまず衝撃を受けた。

読んでみて…先のレビューをされた方の仰ることがわかった。確かに感想を書くのが難しい。


大学を中退して(知り合いの)姉さんが経営する喫茶店に住み込みで働く主人公の女性。彼女の閉鎖的な日常は、日課となった向かいのアパートの窓覗きで広がっていく…


のか? 


うーん、なんというか…よく飲み込めなかった。

平易で淡々とした文章展開。見たままを綴る余計な感情のない文章。難しいことなどひとつもないはずなのに、何を書こうとしているのか、わからない。

「わからない」ということは決して劣っているとか、嫌いであると同義語ではない。単に、わからない、ただそれだけだ。だから嫌いでもないし好きでもない。よって感想を書くのが非常に難しい。

ある作品を読んで「わからない」状態に陥った場合の選択肢は二つだ。ひとつは、他の作品を読んでみる。もうひとつは、他の作品はもう読まないでおく。

今回の場合、非常に迷うところだけれど、たぶんもうわたしはもう読まないだろうなぁ。だって、主人公の女性がどうも好きになれなかったのだもの。最終的に落ち着くところはやはり、「好みの問題」なのである。


『窓の灯』収録作品
・窓の灯(※第四十二回文藝賞受賞作・デビュー作)
・ムラサキさんのパリ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。