サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

昨夜のカレー、明日のパン みんなのレビュー

  • 木皿泉
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/01/24 20:12

ほっこりした気分

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ponchan - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編になっていたので別々の物語かなと思っていたら、時期は前後してるけどすべて話がつながっていました。
私はギフ(義父)とテツコの関係がとても好きで、こんな人たちが周りにいたら楽しいだろうなと思いました。
何故タイトルが「昨日のカレー、明日のパン」なのか分からずに読んでいましたが、最後の方になったやっとその意味が分かりました。
読み終わった後にほっこりとした気分になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/01/21 10:01

ほっこり落ち着く空気感が魅力

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みすず - この投稿者のレビュー一覧を見る

古い一軒家で暮らす、20代のテツコと、テツコの亡くなった夫の父であるギフ。その二人を中心に周囲の人々も含めて日常が描かれる連作短篇集です。その日常は、基本的には穏やかでありながらも、人それぞれの悩みや変化があり、時にはしなやかに、時には力強く立ち向かう様子が伝わってきます。丁寧に日々を暮らす中で、
何かに躓いたり、気づいたりしながら、明日に向かう登場人物の生きざまに触れ、心があたたまっていくのを感じることができました。読後感のよい、ほっこりと優しい気持ちになれる本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2019/06/22 23:49

人生というものはそういうものだ、与えられた状況の中で楽しむしかないのだ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

木皿泉という名前は、和泉 務と妻鹿 年季子という夫妻二人からなるペンネームで、主な書き手は妻の年季子氏ということだ。夫の務氏の脳出血の後遺症に妻 年季子氏のうつ病が重なり、この作品は書きだしてから9年の年月がかかってしまっている。病をわずらったお二人には申し訳ない言い方なのだが、そのことがこの作品の何とも言えない柔らかい、ほっこりとした雰囲気に仕立て上げなているのではないかと思えてくる。人生は急ぐ必要はない、人生というものはそういうものだ、与えられた状況の中で楽しむしかないのだということを教えてくれている気がする

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/10/24 19:32

ドラマ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白猫のニュウさん。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを途中から観てすごくハマり、文章だとどんな感じなのかと本書を購入、読みました。ドラマとは結構違う部分がありましたが作品にあるほんわかと優しい空気は同じでした。もう一度ドラマを最初から観たいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/06/27 09:50

生きる事

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナウシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

生きる事は食べる事。毎日の事で、ついおざなりになってしまいますが、大切な人の喜ぶ顔を楽しみ、今日もご飯をつくります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/04/20 16:51

洒脱な良品!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅう - この投稿者のレビュー一覧を見る

いいですねー。テツコ、ギフ、岩井さん、そして一樹。それぞれの登場人物の視点にたっての過去と現在をいききしつつ展開されるオムニバス形式のエピソード。お話しの絡み合い方は軽妙なものからジンとさせるものまで、いや~本当、みんな善い人なんですよね。お互いを大切におもう優しさにあふれ、ほのぼのとした気持ちにさせられます。最後「昨夜のカレー、明日のパン」このタイトル、やられました。やっぱ洒落ていますね。実に素敵な気分に浸らせてくれる佳作でした。ありがとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/03/15 22:42

良い。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルルミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

心、落ち着く良い感じ。
初めて読む、作者でしたが、
お気に入りです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/03/11 12:07

一気読み♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nao - この投稿者のレビュー一覧を見る

レビューなどを見てどうしても読みたくて買って帰ってすぐ読み終えました。悲しいけどホッコリする。何度でも読み返したくなる素敵な一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/03/09 09:22

疲れていませんか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるざえもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

同題のNHKのドラマを見てから購入したのですが、やはり本は映像を上回りますね~
とてもほっこりして、疲れているときに最適ですよ~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/02/28 13:00

手元に大切にしまっておいて何度も再読したい1冊。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さと - この投稿者のレビュー一覧を見る

初、木皿泉さんの本でした。

1章節ごと大切に読みたくなる素敵な作品。

読後感は、心が温まりながら、その余韻にずっと浸りたくなる印象を受けました。

何気ない日常の些細な毎日であっても、
1日1日を大切に生きていくには、今どうしたら良いのかを考えさせられるとともに、
本書を読み進めていきました。

登場人物たちの会話上でのやり取り、物語全体の雰囲気や空気感も素敵でした。

手元に大切にしまっておいて何度も再読したい1冊。

本書の最後にある、重松清さんの解説もおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2017/09/08 22:52

言葉が良かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポッター - この投稿者のレビュー一覧を見る

時系列に小説が進むのでなく、それぞれが独立した物語となっているが、人々同士は繋がっており、最後に題名に結びつくというものでした。何気ないう会話の中に共感したり、グサッとくるようなセリフがあり、心の落ち着く本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2017/05/14 17:52

悲しみとの向き合い方について

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハヤト - この投稿者のレビュー一覧を見る

何かの不可抗力で大事な人と離ればなれになった時、悲しみや怒り、困惑は消えても、空虚さが残ります。この本を読んで、生活することで新しい出来事に出会って少し傷が癒されるということ、新たな悲しみに向かい合う力が生まれるということ、そんなことを思い出しました。私はギフの年代に近づきつつあります。誰と生きていくにせよその相手の悲しみにそっと寄り添えるように年を重ねたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2016/03/02 13:22

ほのぼの感動

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトルから気になって読んでみた。7年前に死んでしまった夫。遺された嫁・テツコと義父は今も一緒に暮らし、周囲の人物と関わりながら夫・息子の死を受け入れていく感動物語。個人的にはギフがカワイイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2019/06/04 19:33

いろんな視点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろんな視点で繋がれた短編集。ゆるい生活でふわっとしていて、オチもあり。ほっこりとする感じの作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昨夜のカレー、明日のパン

2018/07/18 17:15

ちょこっと変わった日常生活!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

旦那を亡くした嫁と義父が一緒に生活して、淡々と日常生活していくお話!テツコさんもいいキャラですが、ギフのすっとぼけたキャラがいい味だして、ほっこりしますね!ギフのキャラが周りのキャラも引き立ててる感じがします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。