サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ユルスナールの靴 みんなのレビュー

  • 須賀敦子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本ユルスナールの靴

2001/06/21 11:57

須賀さん、素敵なごちそうをありがとう。ウンベルト・サバの詩やアントニオ・タブッキの小説のようにこの作家の小説もありがたく味わってみたいと思います。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 須賀さんの書いたエッセイはどれも硬質な輝きを放ち、読む者を上質な人間に押し上げてくれるようだ。だけど、私はこの方の書いたものを読んでいると不思議な感じがしてくることがある。こんないいもの、手軽に読ませてもらっていいのだろうか…と。

 それはちょうどこんな感じにもたとえられる。
 須賀さんの食卓に、一口サイズに作られた海老しんじょだとか、摘みたてのベビーリーフのサラダとか、柔らかな和牛のみそ焼きとか、ルビーのようにつやつやのさくらんぼなどのご馳走が並んでいる。須賀さんが「さあ、ゆっくり味わいましょうか」という段になって、鼻に汗をかいた私が「おなかすいた」と言いながら飛び込んでいくような気分。ぶしつけな私に、須賀さんは「どうぞ召し上がって」と何の翳りもなく微笑むのだ。
 そのようにして、須賀さんは何人もの極上の文学や風景、建物や友人を読み手に差し出してくれたような感じがする。

 須賀さんがユルスナールという作家と自分との出遭いを描いた箇所がある。長くなるが引用してみる。
<だれの周囲にも、たぶん、名は以前から耳にしていても、じっさいには読む機会にめぐりあうことなく、歳月がすぎるといった作家や作品はたくさんあるだろう。そのあいだも、その人の名や作品についての文章を読んだり、それらが話に出たりするたびに、じっさいの作品を読んでみたい衝動はうごめいても、そこに到らないまま時間はすぎる。じぶんと本のあいだが、どうしても埋まらないのだ。
 マルグリット・ユルスナールという作家は、私にとって、まさにそういう人物のひとりだった>

 渋澤龍彦のエッセイで知ったユルスナールの名、代表作『ハドリアヌス帝の回想』−−須賀さんのこのエッセイを読まなければ、おそらく私もこの作家とはニアミスしただけに終わってしまっていたことと思う。

 この本は、「本読み」の羅針盤である須賀敦子さんがユルスナールという類いない作家に、いかに心を添わせて作品を読み込み、血肉にして自分の生活の中と思念の中で関わり合い、作家の影を求めて旅をしたかという記録を1冊にまとめたものである。

 ミステリーのようなタイトルは、ヨーロッパの良家の人びとにとっての靴のエピソードとともに、いつもながらどこか切ない須賀さんの少女時代からの靴に関する記憶をたどりながら、<きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ>という書き出しの言葉を何回も意識させ、ひとりの女性が、ひとりの人間がたどっていく先を照らしだすようである。

 ベルギーという国の地理的位置と心理的位置、雪のように白いリネンの文化的な意味、50年代の留学の様子、亡命者にとっての言語、アテネの神殿テセイオンの存在、ピラネージという銅版画家が描いた世界など、須賀さんの食卓に並べられたものは「好奇心」「知識欲」を存分に満たしてくれる。

 この次須賀さんの別の本を手に取るまで、鼻の頭の汗はふいて息を整えておきたいと思う。ふさわしい読み手になれるよう…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ユルスナールの靴

2019/01/26 12:12

ユルスナール?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メイチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ユルスナールという作家は正直知らなかったけど、この本を読んで興味を持った。自分に合った靴があれば、私たちはどこまでも行けるのかな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ユルスナールの靴

2017/09/16 21:16

精神的にも豊かになれる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

精神的にも金銭的にも裕福な著者のエッセイ、文芸評論である。ユルスナールと自分の旅というか、人生を重ねながら書いている。苦労をして、まわりみちをしたのだろうが、戦後すぐ留学できるなど、裕福でうらやましい生き方だと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。