サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

永遠をさがしに みんなのレビュー

  • 原田マハ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本永遠をさがしに

2016/02/10 13:57

カザルスと出会えた。感謝の一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりのマハさんにや、ら、れ、たー。泣きはらした瞳で会社行くはめになってしまう。でもとても温かくて気持ちのいい涙だから、気分は爽快。芸術に造詣が深いマハさん、今度はクラッシックそしてチェロ。パブロ・カザルス、20世紀最初にして最後の伝説的なチェリスト。もちろん知りませんでした。本を読みながら、初めてその名をし、カザルスと言えば「鳥の唄」、無論、聴きたくなるのは当然の流れ。読書後半は、カザルスをBGMに遠慮無縁に涙を流しながら読み進めた。ドラマチックすぎるし、爽やかすぎる高校生だし、でも最高だ、この本!!
芸術とは無縁の人生だったわたし。こんな風になにかと一体になって、人生を歩むことはないであろう。
しかし、思った。この本だって芸術だ。
読書だって芸術だ。わたしは死ぬまで読み手だけれど、わたしは、降り注がれる言葉言葉を宝物にしている。
おろそかにしない。時間をかけ、続きの物語を育んでいる。
わたしは芸術家、音楽家にはなれなかったが、読書家になれた。
誇り高き気持ちである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠をさがしに

2019/07/21 22:19

あたしたちは、いつだって、ひとつに響き合ってるんだよ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハだが、美術ではなく音楽もの。
ということで、最初はやや入りにくい感じもした。
でも、そこはさすがに原田マハ。
女の子を描くのがうまい。
元気な若い女性を描くのもうまい。
ということで、楽しみつつ作品の世界に入って行けた。
打ちひしがれそうな苦難の連続にも立ち向かえたのは、
美しい芸術の力、そして人と人とのつながりの力。
「あたしたちは、いつだって、ひとつに響き合ってるんだよ。」
この言葉は、最終場面で出てくるけれど、全体を通して、響き合う物語だったんだと、すとんと腑に落ちた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠をさがしに

2016/06/28 09:09

現実感はないけれど・・

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めは興味深く進みましたが、途中から私の中の現実感は薄くなりテレビの番組を見ているような感覚になりました。音楽の表現はとても美しく、聞こえてくるようで、出て来る楽曲を実際に聴いてみたくなりました。
今回は旅のお供に読みましたが、ちょうどよかったです。長さ的にも。内容も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠をさがしに

2017/11/27 09:07

ほんわり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HIRO - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか柔らかく面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠をさがしに

2017/07/30 14:06

やわらかい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

たまたま『蜜蜂と遠雷』の直後に読んだせいもあってか、音楽に関する表現が少し物足りなく感じた。でも逆に、平易ですんなり理解しやすい表現とも言えるので、音楽に詳しくない読者にも受け入れられやすいかもしれない。暖かくて柔らかくて優しい物語。原田マハさんの作品はやはり魅力的だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠をさがしに

2016/03/11 00:14

うまいなあ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の原田マハさん、文章がうまい。変な違和感とかを感じずに、最後まで一気に読んでしまった。代表作ともいえる楽園のカンヴァスとは、まったく違うテイストだが、こちらも良作だと思う。原田さんの別の作品も読んでみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠をさがしに

2018/07/22 14:22

個人的にマハ作品では上位に!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

音楽家を親に持つチェロを弾く高校生娘の話!家族に問題が起きると、すねたりひねたりするものだけど、主人公・和音(わおん)の友人、継母?、周りの人に囲まれて、成長していく姿がとても素晴らしく、数々おこる困難、問題もステキな愛情、愛に恵まれ解決してほっこりとして、素敵な物語でした。涙腺が弱くなった自分は、ウルウルしてしまいました。自分が読んだ、原田マハさんの作品では上位の本に入ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠をさがしに

2018/07/16 10:18

二人の母親の強さと愛情が伝わるお話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

音楽一家に育ち、子どもの頃にふといなくなった母親にショックを受けてチェロをやめて心を開かなくなった少女和音に、父親の海外オーケストラへ赴任、突然紹介された新しい母親との同居生活の話が舞い込みます。猛反発する和音をよそに、新しい母親真弓は型破りな接し方で、和音のココロの殻を少しずつ外していきます。ところが和音の16歳の誕生日を迎えたその日、いなくなった母親、真弓、父親に関する衝撃的な手紙を受け取ります。混乱した和音は再び心を閉ざしかけようとしますが、親友二人の言葉と真弓の心を知り、避けていたチェロと向き合い、いなくなった母親に音を届けようとします。
二人の母親の愛情と父親の不器用な愛情、親友の誠実で真っ直ぐな想いがお話にいっぱいつまっています。家族の誰かが大きな何かに向き合い、羽ばたこうとするとき、こんな風に支えられたらいいなと思うお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。