サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

COLD HEART みんなのレビュー

  • 木原音瀬, 麻生ミツ晃
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

電子書籍COLD HEART in TOKYO【イラスト入り】

2016/02/20 22:41

凄かった

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

全巻読みました。

心拍数が半端なく上がる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍COLD THE FINAL【イラスト入り】

2018/09/30 17:56

ラスト作!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラストに、相応しいストーリーでした。
楠田のトラウマが回復していく過程が違和感なく、説得力がありました。
秋沢も、180度変わりきっていないので、話にも自然に入っていけました。
確かに、木原さんの小説のハッピーエンドの条件は、家と犬ですね。
唯一、透と藤島のノベルズ版とイラストが違うので、それが違和感があったかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍COLD THE FINAL【イラスト入り】

2018/08/30 01:19

COLD HERAT

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sum - この投稿者のレビュー一覧を見る

夜があけて、朝がくる。
その文が秋沢×楠田の長い夜が終わったんだなと。
そしてCOLD HERAT
秋沢の心を融かした楠田の傷ついた凍った心は融けたんだなと。感じました。

読み返すには覚悟が必要なシリーズ。
クズ鬼畜大作。特に、楠田編は。
私もジェシカと同じで、あの男はもうやめろ。近づくな、カウンセリングに行けと言います。
ですが、この完結編を読んだあとは、再読しようかなと思う、木原先生マジック。
そして、愛しく感じるクズ。
BLの攻め様って、ほとんどはすごく魅力的なキャラなのに、木原先生のはクズすぎて、受けの広い愛と懐で、人間らしさを作っている。成長していくのを見届けられますが、読む覚悟が必要なんですよね!

透×藤島の喪失中のパティシエ透を藤島が思い出し、思い出す事が透に対しての裏切りと感じている部分が切なく、パティシエ透が本当にいなくなってしまったんだなと心がヒリヒリしました。あの幸せの二人が好きだったので。。。
でも、時間薬だったんですね。
透の『俺より先に死ぬなんて許さない』
その一言が全てかなと思いました。

同人誌も全てリアルタイムで購入していたのですが、このように一冊にまとめて読めるとまた新鮮な感じがしました。
愛って、無様で、痛くて、苦しくて、それが倍になって愛しさに変わっていく過程が読める木原先生作品。
先生、長くこの作品を書き上げてくださり、ありがとうございました。
ですが、ファンとしては寂しく、秋沢の世界的カミングアウト後の世間の反応が気になります。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本COLD THE FINAL

2018/05/16 23:56

永久保存

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原先生の作品はほとんどが気合を入れて読まないとなんですが…
このシリーズは本当にすごい!
かなり重い内容です…
いろいろ小説を読みましたが、心臓バクバクしたのは後にも先にもこの作品だけです。
どの作品も話の中に引き込まれる。
FINALが読めて良かった。一気に読み耽りました。
また始めから読みなおそう。
このシリーズは我家で永久保存しようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍COLD HEART in NEWYORK【イラスト入り】

2016/05/08 14:03

木原さんの傑作の1つです!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

痛い話だという認識はあったものの、その衝撃は、想像以上で、ものすごく余韻を引きずりました。
これを読み終わった後、次に読む本を手にしたものの、この本の内容が頭から離れず、なかなか次の本に移行出来ませんでした。
秋沢は、どうしようもないですが、母親の性格に似てしまったのと、母親に捨てられたトラウマから、楠田にも裏切られたような被害妄想を持ってしまったのは分かります。
ただ、Cold Feverの透の暴力は理解出来ても、秋沢の楠田に対しての仕打ちは、同情の範疇を超えてました。
でも、透が楠田に「あれ(秋沢)のどこがよかったんだ?」と言った時には、お前が言うな!と思わず、突っ込んでしまいました。
確かに、秋沢目線になっても、彼に同情する気持ちは湧いてはきませんでしたが・・・
ジェシカが、楠田のことをルームメイトと言ってたので、ジェシカと楠田が付き合っているというのは嘘なんだろうな、とは思いましたが、どうしても、Cold Sleepでの明るい楠田のイメージが好きな私は、本当にジェシカと付き合ってて、彼女と結婚した方が、幸せなんじゃないのかな~?、なんて思ってしまいまいした。
でも、結局は、楠田も秋沢を忘れられなかったんだろうし、秋沢が少し成長を見せたことで、楠田も少しは救われたのかな。
最後の楠田のセリフが、いつまでも心に残ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本COLD THE FINAL

2018/06/20 21:41

皆幸せに。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

9割が楠ちゃんとアキの物語。好青年楠ちゃんを破壊しまくったアキが最後まで好きにになれず。透目当てで読了。藤島が透の写真集出版を持ちかけた時、即効拒否ったあと、被写体がアキだからではなく、撮影が透だから出したいのだとわかったとたん、手のひら返しでOKを出す透がもう、相変わらずで笑った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍COLD THE FINAL【イラスト入り】

2019/04/06 21:45

疑似体験

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作でかなり気持ち悪い思いをしたので、怖いなって思いつつも読まずにおれなかったので購入。ハッピーエンドでなにより。
しかし、なんというか、ダメンズに引っかかってどえらい目に遭って、もう別れる、ってすったもんだした挙げ句、やっぱり彼には私しかいないの、と戻っちゃった友人を見送る気分になった読後感でした。(そんな経験ないんですが)
さんざん振り回してくれて、それかい!?いや、彼も改心してくれたんだから、まあ、良かった。でもなんだかなー、みたいな。
木原音瀬という作家の凄いとこはこれだなと改めて実感させられました。
こんなリアルに気持ち揺さぶられる小説はなかなか出会えません。良い気分だけではないけど、それもリアル。簡単にハッピーエンドのカタルシスは感じられない。
「美しいこと」の松岡の心配を未だにしてるんですよ、私。
当分、楠田の心配もしちゃうんだろうな。
透に関しては、この一冊でやっと信用出来た。アキもせいぜい頑張って下さい。楠田を大事にしてあげてね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍COLD HEART in TOKYO【イラスト入り】

2016/05/08 11:51

Coldシリーズ楠田編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

Cold Sleepでの楠田は、好青年で、いわゆる普通の良い子って感じのイメージだったので、彼が主役ってのが、最初はピンときませんでした。
でも、普通の子だからこそ、兄、透、秋沢の才能をうらやむ気持ちも、すごく理解出来ました。
そして、秋沢に対しての、ギャグ満載の突っ込みも、私も含め、読者のほとんどが、楠田と同じく、普通の人だからこそ、共感できる部分が多かったと思います。
最初は、秋沢の押せ押せな態度に抗えなかった楠田が、流されていくような展開ですが、結局は、楠田も最初に秋沢の本気の演技を見て、一目ぼれしてしまっていたのでしょうね。
ラストでは、すっかりハマってしまってますし。
秋沢の方は、どうしようもないグズですが、それに余りある可愛らしさがあって(次巻では悪魔と化しますが)、それがこのストーリーを引き立てています。
母に捨てられたトラウマから楠田に、「楠田さんは俺のこと、絶対に絶対に裏切らない?」と聞くところが、とても健気です。
このセリフを覚えておいてから、次巻を読むと、余計に深く心に沁みますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なんとも微妙な

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原先生の書く話は、カップルが最悪な状況で出会う⇒そこからいかに「LOVE]に持っていくかという話ばかりです。
 前段と後段の落差が大きければ大きいほど、ドラマチックでカタルシスが大きくなり、それが熱狂的なファンを生む要因だと思いますが、出版された本の数もそれなりになりましたので、このところ、少々、ネタ切れ感がありました。
 キャラクターの設定はどんどん極端になり(女装癖とか、初老のウケとか)、話の流でドラマを作るというより、極端な設定で強引にカタルシスを持たせようとしているように感じられ、ちょっとノレませんでした。
 今回は、子役上がりの売れない役者と小規模アクセサリーメーカーの副社長という設定で、しかも、役者は「転載だが役にのめりこみすぎて、日常生活に支障をきたすレベルであり、生活力がない」という、どことなく北島マヤを連想させるような男。
 副社長は常識人という設定で、最初、常識人である副社長は役者を毛嫌いします。

 この設定は好みはあるとは思いますが、あまりにも現実離れしていて私はノレませんでした。設定が設定なだけに、ラブに到達するまで時間がかかるかかる(これは木原作品にはありがちですけどね)。話が面白ければ、そのものずばりなシーンはなくてもよいと考えますが、かなり強引にラブシーンが入ってきます。
 で、なしくずしに受け入れるウケ。
 編集部の方針なのかもしれませんが「無理やり入れました」感がアリアリで・・・・・・・。

 「それでいいのか?」と思いましたけど、好きな人は好きなんでしょう。
 「to be continued」とありましたけど、続きは購入しないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いつもの木原作品。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原先生なので、いつ落とされるか、とドキドキしながら読み始めました。
前作が甘めに終わったので、カクゴしていましたが…案の定な仕打ちが
…orz
楠田が可哀想。自己中過ぎ。
そして、お喋り五木にもイラッと。
ジェシカに秋沢の根性を叩き直してもらいたいです。
全体的に起承転結が激しすぎてドラマチックで面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

coldシリーズのスピンオフ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

年下俳優の執着攻め×年上の副社長受けのお話。
攻めが演技は天才的だけど、それ以外は全く常識はずれです。
思い込みも激しいから、受けもナイフをつきつけられて脅されたりと、ハッキリ怖いのだけど、受けが上手にコントロールしているところにちょっと笑ってしまいますw
変な方に走ってしまうと危ない攻めだけど、基本純粋で可愛いところもあるから、受けも内心困ったことになったと思いながらも受け入れています。
木原先生だからこのままでは終らないのかもですね!
続刊読みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。