サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

シェエラザード みんなのレビュー

  • 浅田次郎 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本シェエラザード 下

2016/12/27 20:25

シェエラザード

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色いトリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何も知らされず、知ることを許されず、命を翻弄される戦時下の人々。それは民間人だけの話ではない。軍人も官人もまた同じ。一体どれだけの人が戦局、世界情勢を正しく把握し、判断しえたのか。情報により、人心を誘導してしまう恐ろしさよ。勿論教育もしかり。そんな中、どんな状況におかれようとも毅然と胸を張り、海の男であり続けた乗組員。美しい最期でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シェエラザード(下)

2016/02/13 14:33

悲しい歴史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kami3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代と過去の物語が進むなか、私的希望とは逆に進む話が悲し過ぎます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シェエラザード 上

2003/01/07 23:41

半世紀経ても、尚尽きぬ思い

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菖蒲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

台湾領海に沈む豪華客船、弥勒丸

かつて日本とサンフランシスコを結ぶ、世界一の豪華客船として就航するはずだった
彼女の運命を変えたのは戦争だった

しかし、酷な運命は2千人の命と大量の近海ともに彼女を海に沈めてしまう

約半世紀たった時代に弥勒丸を引き上げようとするものが現れる

そのためには主人公達の力が不可欠だったのだ

物語の始め弥勒丸を引き上げる過程が描かれる思っていたが、違った

ここで大切なのは弥勒丸を引き上げるという事実

それだけが大切だったのだ

その事実に少しがっかりもした

しかしそこに取り巻く様々な人の様々な思い

遣り残したことがあるのだという自責の念がこの作品を動かす原動力となる

浅田氏の作品は、蒼穹の昴、始め数作読んでいるがこの作品はいつもの浅田節が
十分に発揮されていないように思われる

なぜなら、弥勒丸を背景に、現代の主人公とその元恋人の再会を描いているのだが、
どうも作品の重点がばらばらで、まとまらない

さらに、その元恋人を弥勒丸に例える際も、少し強引な気がしてならない

よって重点がばらばらになり、女を船と重ね合わせるのが、ぎこちなくなってしまう

今度会う浅田氏の作品では、いつもの浅田節を取り戻してもらいたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シェエラザード 上

2003/01/16 20:17

好きだからこそ苦言を呈したい

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんだぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は浅田次郎氏の作品が好きである。新刊が出れば必ず目を通している。
 だからこそ、今回も迷わず購入したのだが。
 ………
 どうにも首を傾げてしまった。
 それは
 1.テーマの繰り返し
 2.キャラの重複
 3.構成のマンネリ
 とでも言おうか。
 何も知らずに最初にこの作品を読んだならば、それになりに良い作品だと
感じたに違いない。しかし、実際には他の作品も多く読んでいただけに、
上記のようなことを感じてしまった。
 以前から同じテーマやモチーフが短編長編を問わず何度も繰り返されて
いることに気にはなっていた(義理の父と息子といったテーマなど)。ただ、
同一作家の作品だけにしかたがないのかもしれない、とも思っていた。
 しかしキャラの重なりには無言になってしまった。女主人公はやや異なる
とはいっても、別の作品に出てきた女性とほとんど同じ設定である。
 加えて、過去と現在を交互に描くという構成もさすがに、これだけ
読むと正直「別の構成のものも読みたい」と思ってしまう。
 また話が壮大であるせいか、過去はともかく現在の部分がしっくりと
なじんでいないような気もする。
 浅田氏のファンであるがゆえに、今回の「シェエラザード」については
辛口にならざるをえない。
 読者のわがままなのかもしれないが、もっともっと新しい、もっともっと
いろいろな「浅田作品」を読んでみたい。
 ……これはやはり単なるわがままにすぎないのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。