サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

警視庁情報官 みんなのレビュー

  • 濱嘉之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

ハニートラップと警視庁情報官の闘い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:としりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハニートラップ(蜜の罠)といえば、諜報活動として中国の得意技である。
 かつて、上海総領事館に勤務する電信官が、中国当局から女性問題をネタに機密情報の提供を強要され、遺書を残して自殺するという事件があった。2006年3月31日付け読売新聞が、大きな紙面を割いて詳しく報じた。
 もともと、中国へ入国する外国人への盗撮盗聴はお手のもの、という国柄である。
 そして、ターゲットにされるのは、国会議員や政府要人から民間企業のビジネスマンにも及ぶ。
 中国当局は、日本の国会議員など要人一人一人の経歴から、趣味趣向、好みの女性のタイプまで把握しているとされる。
 おまけに、工作員たる女性は、容姿端麗なのはもちろん、男心をくすぐる仕種や振る舞い、男を虜にする性技にも長けている。

 さて、著者は警視庁公安部など公安畑を長く務めた。その経験を基に書かれているわけで、フィクションとされているものの、細部の描写など妙にリアリティがある。
 序盤を過ぎたあたりから俄然面白くなり、そのまま一気に最後まで読み切れる。
 中盤過ぎにはハニートラップも一段落かと思わせるが、その後さらに大ヤマが待っていて、最後までハニートラップなのだ。また、パターンが異なるハニートラップを一冊のストーリーに収めているところも面白い。その手口と事例はかなり真実を反映したものに違いない。
 本書は、警視庁情報官シリーズの2作目である。前作にはシビアな書評も寄せられているが、本書は間違いなく前作以上の面白さである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これで終わりか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アカゴン - この投稿者のレビュー一覧を見る

警視庁情報室・黒田室長の活躍を描く小説の第4弾。

第2弾を読んだ後、しばらくこのシリーズのことを忘れていましたが、
「honto」でたまたま発見して、第3弾と第4弾を同時に購入しました。

同時購入した「第3弾」を一気に読破したその流れで読みました。
第4弾も非常に面白く、わずか二日間で読破してしまいました。

このシリーズはこれで終わってしまうのか?

特に、黒田は「女運が良いのか悪いのか?」について、
次作で決着をつけてもらいたいと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おもしろい

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

セール価格で安いので買いましたが、なかなか楽しめました。電子書籍は手軽で便利で良いです。また、何か購入してみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一気に読破

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アカゴン - この投稿者のレビュー一覧を見る

警視庁情報室・黒田室長の活躍を描く小説の第3弾。

第2弾を読んだ後、しばらくこのシリーズのことを忘れていましたが、
「honto」でたまたま発見して、第3弾と第4弾を同時に購入しました。

第1弾、第2弾よりも面白くなっていると思います。
通勤電車2往復で読破してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いつもの通り(期待通り)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブレーブス坊や - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒田警視正がいつもの通りの大活躍。
恋愛寸劇とグルメな場面も健在。
著者の作品では、この「警視庁情報官」シリーズが一番のお気に入りです。
今回は少し間が空きましたが、このくらいの間隔の方が、新鮮で良いような気がします。
青山望シリーズは、発行間隔が短いので、マンネリ感が少し出てきた感じがしますが、
警視庁情報官シリーズは、安定感があります。
次回にも期待しますが、いつの日か訪れるであろう最終回のイメージが付きにくい作品ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

薄っぺらい主人公

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Aさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

実在の事件をベースに話を組み立てているので、ある程度は読めます。
ただ、この作家さんの処女作のせいか、説明書きが多すぎる感がある。

それよりも、気になったのが、主人公の厚みのなさ。人生に挫折したことのない主人公が、出世を繰り返しながら、情報マンとして活躍して、巨悪を叩く。しかし、主人公に魅力がない。

主人公に厚みを与えるために、過去に挫折などの陰の部分を作り、その陰のために、特徴的な性格が出来上がりました。王道のパターンならば、子供のころに父親が殉職してとか、学生時代に恋人が死んでしまってとか、恩師がなぞの失踪をしてとか、ちょっとしたアクセントをつけるんだけど、それがない。

ただ、優秀な人間が、興味を持った情報を武器に仕事をして、誰からも信頼させるような魅力を最初からもっていて、苦労もせずに、恋人も手に入れて、終了までいく。

最後は、ちょっと、やりすぎたから、離島へ飛ばされるけど、そこでも、人生を楽しんで、ちゃんちゃん。

ぜんぜん、面白みがない。

よく編集部は、OKを出したな。
プロットの段階で少しは考えるだろ?

と思ってしまう作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

机の情報

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:打亜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本筋を外れるた文章は体験・体感したものではないようです。
知識だけで書かれている感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。