サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

勇気凛凛ルリの色 みんなのレビュー

  • 浅田次郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本勇気凛凛ルリの色

2001/08/30 13:02

浅田次郎の奥深い人生

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:助次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「えっ浅田次郎ってこんな人??」と“鉄道屋”とはかなりかけ離れたキャラクターに思わず目が点になる作品です。
 個人的な事件から、考えさせられる過去の事件まで、読めば読むほど奥が深く、また「金玉について」「ハゲについて」など通勤電車で思わずニヤッと笑ってしまう話、「サチコの死について」などは著者も面識のない女性の死について、小説家ならではというか浅田次郎ならではの視点から事件や亡くなった女性の心に迫っています。
 とにかく奥が深くこのシリーズは一度読み始めたらどうにも止まりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

作家「浅田次郎」を構成する主要な成分は情熱だった?

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BH - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「鉄道員(ぽっぽや)」、「壬生義士伝」の著者である浅田次郎のエッセイということで、今更ながら読んでみました。
作家としての浅田次郎を構成する主要な成分である情熱と、その情熱あふれる氏の人生観がどのようにして形成されていったのかを、過去を振り返って語るというのが本書の内容です。(講演も収録)

 破天荒な作家自身の人生の経験がその作品に及ぼす影響は、とてつもなく大きいのですね。そして、浅田次郎という一個の人間としての「人は情熱だけで存外いきてゆける」という確信が、数々の名作を生み出す原動力なのですね。
 
 
以下、おまけ的な独り言...

 それにしても、ラスベガスってそんなに何度も行きたい場所なのでしょうか?「ネバダ州観光局の回し者ではない」とは氏の弁ですが、まったく説得力がありません。
本書の後半を読み進めていくと、まんまとラスベガスに行きたくなってきますw
でも、2万ドルも摩るのは勘弁なのですw
 個人的な確信としては、ラスベガスという場が非常識というより、氏の行動力が(結果オーライ的な意味で)非常識なのだと思いますwww

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本勇気凛凛ルリの色

2001/01/18 23:51

元気が出てくる一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は作家浅田次郎が書いた、面白くて、笑えて、そして哀しい痛快エッセイである。
 複雑な経歴のある作者は、独自の視点から事件などの問題に、意見を述べる。そしてそれは自らの経験を生かした鋭い指摘である。さらに「生命力について」「サチコの死について」という所では、世の中の理不尽さについて語る、作者の気持ちに胸がつまる。かと思えば、笑える所も少なくはなく、作者の意外とかわいい(?)部分が出てきたりする。あとがきで「笑ってないと泣けてくるから、人は笑うのだと思う」と語る作者のエッセイは、優しさに満ちていて、元気が出てくる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

四十肩と恋愛

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人気のエッセイシリーズ第2弾。今回も笑いあり涙ありで楽しませてくれる。この人は話の守備範囲が広く、いろんなところに話が飛ぶので、読んでて飽きることはないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

直木賞

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 笑いあり涙ありの中身の濃いエッセイ。特に直木賞受賞について語ったところはファンなら感動モノ。それ以外では笑える話が多く、読後爽やかな気分にさせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

泣き笑い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:品川夏見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 浅田次郎さんの笑いあり、泣きありのエッセイ集。

 すさまじい経歴を持つ浅田次郎さんのそのすさまじい経験から、時事問題、日常生活など、とうてい一般人(まあまあ、ある程度平凡な人生を送っているとする)には想像もつかないような展開、考え。想像もつかないかもしれないが、笑えてしまったりもする。

 私が言うのもおこがましいかもしれないが、ものすごく勉強にもなる。「ものすごいなー」と読み進めていくうち、徐々に浅田次郎さんの人柄にほれ込むことになる。

 というか、浅田さん面白すぎです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。