サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 講談社
  6. 講談社文庫
  7. カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
  8. カラスの親指 by rule of CROW’s thumbのレビュー
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本カラスの親指

2012/03/05 11:25

久々に気持ちよくしてやられた!

25人中、25人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミスリーディングの名作、と言っていいと思う。「最後にひっくり返される」系の、一言で言えば「詐欺師たち」の物語。過去に傷を持つ詐欺師達が、その過去を打ち消すために一発大逆転のデカいペテンをしかけてやろう、という流れ。作品冒頭に、登場人物の一人がこんなセリフを言う。「良い詐欺というのは、騙されている側が最後まで詐欺にあったと気が付かないこと」。その時はなるほど読んでいるのだけど、まさかそれが、他でもない自分に言われている事とは・・・。
うだつの上がらない男やもめの詐欺師が二人。そこに転がり込んできたやはり詐欺師の少女と、その姉と姉の彼氏。おかしな共同生活が始まると、5人の不思議な偶然や関係が分かってくる。そして共通した、「脅威」が有ることも。そこで5人はその脅威を打ち倒して平穏を取り戻そうと、アルバトロスと名づけられた詐欺作戦を開始する。一旦はまんまとうまくいったかのように思えた、その作戦だったのだが。
作品そこここに、様々な布石や符牒が仕込まれている。それがドミノのようにパタパタとひっくり返って・・・というよりも最後の最後に一気に起爆してすべてをひっくり返してしまう。以前読んだ歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を思うということ」ではやはり最後に全てがひっくり返って「ポッカーーン・・・」とさせられたけど、この作品は「ドカーーーン!」て感じ。そして胸に来る。
「カラスの親指」、そのタイトルがだんだん解き明かされても行くのだけど、だんだん解き明かされる度に、その意味が深くなるのも面白い。主人公の5人が一つの作戦を実行しながら、実はお互い騙し騙されの間柄。一体誰が誰を、そして何の為に騙しているのか。しかし最後の最後に騙されるのはその5人の中の誰か、じゃない。読み終えた、アナタです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カラスの親指

2017/03/05 22:10

詐欺師バンザイ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み易くて面白かったです。ヤミ金に人生を潰された不幸な過去をもつ5人が集まり、逆転劇を仕掛けるという話。みんな幸せになればいいのにと思いつつ読み進み、特に終盤のアルバトロス作戦で、敵に罠を仕掛け敵地に乗り込む場面は、緊張感がありました。このなんだかふざけたタイトルにこんな意味があったとは。完全に騙されたとともに、なんだか心温まるいいお話でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カラスの親指

2016/02/25 11:51

詐欺のようで幸せなマジック

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

す、すごい。こんな本初めて出合った。騙され続けて最終ページまで。びっくりした。そして悪くない。詐欺で人が死んだり動物が傷ついたりはよくないけれど、マジックでそれが「フリ」だってことがわかれば、自然と笑顔になる。テツさんがタケさんに話した指の話は目から鱗。そんなこと考えたことも思ったこともなかった。実際やってみて、納得。日常にある些細なこと、気にも留めないことを気づかされると、まるで自分がアルバトロスのような気分になるけれど、でもそれも一瞬で次にはその知識を知らないだれかに教えたくなる。そんなステキな物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カラスの親指

2016/02/06 17:26

恐るべし、道尾秀介

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おがちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話は、最後まで読んでみないとわからない。と言うのも、話の中の至るところに小さなパーツが散りばめられていて最後の章でそれらが組み合わさるのである。そこには予想できる人はおそらく誰もいないであろう結末が待っている。
その大ドンデン返しの記述を発見するまでの間、読者は騙されてしまう。
しかし、これがなんとも言えない爽快感をもたらしてくれる。
今の自分に納得できていない人、今の生活から逃げ出したいと思っている人には是非読んでもらいたい。 読み終わった後にはきっと明日からまた頑張ろうと思えるに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カラスの親指

2015/09/30 23:18

ひっくり返された

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくさす - この投稿者のレビュー一覧を見る

500ページ以上で長いのかと思えば、さすがの読みやすさ。内容は始めは借金の話など重い話だと感じたが文章力でサクサク読み進む。
だんだんと奇妙な同居生活が始まりひとつのことに向かい始めた時の興奮は楽しい。
残り数十ページの最後の最後までここからどうするのだろうと思っていたが、そこから急に見事なひっくり返しと鮮やかな伏線が後から騙されたと気づく。
これほど上手く騙していてそれでいて大胆な伏線は騙されても逆に清々しい。カラスの親指とはそういうことか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カラスの親指

2019/06/10 12:58

騙される快感が味わえる1冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タラ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あとから登場人物のセリフを見るとなるほど!となるが、読んでるときには全然気づかず最後まで騙され続けた。

ストーリーも軽快で、一気に読めた!
この著者の物語を他にも読んでみたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。