サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

藁の楯 みんなのレビュー

  • 木内一裕 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍藁の楯

2019/03/19 18:51

深いテーマ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akb49484800 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化もされていて、一度見たことのある作品を小説で読んだ。藁の楯は、殺人という重い罪を犯した人間と、その殺人鬼を守る人間。そして、復讐やお金の為にその殺人鬼を殺そうとする人々を描いた深いテーマの作品だった。映画では描かれていない部分もあり、とても良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本藁の楯

2015/08/21 12:19

人間のクズを守るか、十億円もらうか。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある富豪が、孫を暴行して殺した犯人を殺したら十億円やると発表し、日本中から様々な動機を持つ者が、九州から東京へ移送中の犯人とその護送チームに襲いかかる、というぶっ飛びながらも現実味がある設定の小説。日本中が敵、いつどこから襲われるか分からない、護送チームのメンバーすらも信用できない、しかも守る対象は“人間のクズ”という、最後まで飽きさせない展開で一気に読み終わってしまった。ただ、登場人物全員にそれぞれのドラマがあり、そのあたりに思いをはせると人間の本質を考えさせてくれる深い内容でもあった。大沢たかお主演で映画化されており、これも見るといいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本藁の楯

2013/01/17 21:11

映像化ということで!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒコーキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化ということで公開前に読んでみました。

前半から中盤までは襲いかかってきた敵と闘うアクションがメインの印象でしたが、最後の方は何のために闘うのか、本当に人間の屑を守る意味があるのか、など暗くて重い印象がありました。

確かにアクションの場面が多くて映像化向きですね。
難しい、堅苦しい文章ではないので読みやすいと思います。

映画も気になりますね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本藁の楯

2019/08/17 06:36

最後がモヤモヤ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺人を犯した許せない極悪人を福岡から東京まで警護するSP。その極悪人を殺した者には10億の賞金が支払われるという設定。当初5人のSPが極悪人の盾となり、4人、3人と減っていき、果たして東京までたどり着けるのか。10億に目が眩む人たち、極悪人でも警護せざるを得ないSPたちの心理が読んでいて面白かったです。ただ、タクシーの運転手可哀想でしたし、最期があっけなく、結末もハッピーエンドは無理でも、もう少しスッキリしてほしかったなーと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本藁の楯

2016/03/11 23:30

守る価値

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おさる - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の方がビーバップハイスクールの漫画を描いておられたことを知り、
大変驚きました。
ビーバップとは異なる作品です。

SPとして要人を守ってきた主人公が
犯罪者を護衛することになります。
設定はやや強引かと思いながらも、
その斬新な設定がうまく機能していきます。
自分自身が守るべきものは何か?

映画化もされています!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本藁の楯

2013/06/23 23:05

映画の方が面白いかも。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語のスピード感は良かった。
重みのあるテーマだったので、文章表現や描写にもう少し重厚感があると良かった。
結末ももうちょっと考えさせられるような終わり方にして欲しかった。
でも、一気に読めるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。